マイナビバイトでアルバイト > アルバイトお役立ち情報 > アルバイト完全ガイド > (3)履歴書を作成する

(3)履歴書を作成する

面接と並んで重要な履歴書。記入する項目がたくさんあるけど、
ゆっくりと丁寧に書いて作成しよう!

絶対使える!お役立ちツール
  • マイナビ推奨履歴書ダウンロード
  • 入学・卒業年月日早見表

どう書くの?記入事例
  • 自己アピール事例
  • 応募動機事例


履歴書image

これはNG!

  • 履歴書を書くには
    鉛筆や色ペンはダメ

  • 事実と異なることは
    絶対に書かない!

  • 二重線や修正テープなどによる修正箇所があるものはダメ

  • 一度書いたものを
    コピーして使いまわすのはダメ


履歴書の項目別書き方注意点

履歴書(表)
1.日付
面接時に直接提出する場合は面接日を、郵送する場合は投函日を記入。年月を記入する箇所はその他、生年月日欄や卒業年月記入欄など。年表記に西暦と元号とが混在しないように注意!どちらかに統一して書こう。元号で書く場合、たとえば「平成」を「H」と略さずに書こう。
2.ふりがな
「ふりがな」とある場合はひらがなで、「フリガナ」とある場合はカタカナで記入。
3.印鑑
かすれ、にじみ、曲がり、一部が欠けるなどないように丁寧に押そう。

4.写真
正面、無帽で3ヶ月以内に撮影した証明写真を添付しよう。もちろんプリクラやスナップ写真はNG。裏面に自分の名前を書いておくと、提出後に万が一はがれてしまった場合にも、応募先担当者に迷惑をかけることがない。
5.電話番号
市外局番から記入すること。
6.携帯電話
応募先企業からの連絡を携帯メールで受けたい場合、あらかじめドメイン指定の解除をしておこう。
7.上記以外連絡先・緊急連絡先
自宅以外の希望連絡先や、緊急時に会社・お店からコンタクトが取れる連絡先を記入しておこう。

8.学歴・職歴
  • 1行目中央に「学歴」と記入し、小学校卒業から順に記入。
  • 小・中学校は卒業年月のみ。高校入学以降は入学・卒業年月の両方を記入しよう。
    その際、「同校卒業」や「〃」の記号を使わずに正式名を書こう。また、「高等学校」を「高校」と略すのはNG。
  • 大学、短大、専門学校、高校は学部、学科、専攻名まで詳しく書こう。
  • 現在在学している場合は記入例のように在学中である旨を記入しよう。
  • 職歴は、学歴とは1行空けて区別して記入。開始・退職年月ともに記入。
    もちろんアルバイトも職歴に含められる。特に職歴がない場合は「なし」と記入。
履歴書(裏)
9.免許・資格
職種によっては免許や資格を持っていることが有利になる場合があるので、重要なアピールポイントとなる。たとえ仕事に直接関係ない資格でも必ず記入しよう。取得のために前向きに努力をした姿勢を評価してくれるかもしれない。記入順は取得年月が古いものから。
10.自己アピール
応募動機とあわせてとても重視されるポイントだ。これまでに経験してきたアルバイトや、仕事に生かすことのできる技能や資格、応募する仕事に対する思いなどを記入する。
11.応募動機
自分の経験や長所を振り返って考えてみよう。なぜこの仕事をやってみたいのか、なぜその会社やお店で働きたいのか、採用されたらどんな仕事をしたいのかを記入しよう。「時給が高いから」「社員割引があるから」のように待遇に偏った内容や他の会社やお店にも当てはまることや、「貴社の業務に興味がある」のような具体性に欠ける動機はNG。
12.そのほか希望記入欄
募集職種や勤務地が複数ある仕事に応募する場合は、自分の希望を記入。そのほか、学校の都合などで勤務できない曜日や時間帯がある場合や、連絡を携帯電話で受けたい場合などは、その旨記入しておこう。
13.上保護者欄
18歳未満の場合は保護者の同意が必要。必ず記入してもらおう。


履歴書お役立ちツール

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報