本屋 書店のアルバイト・バイト求人特集

本との出会いをシゴトに

本を扱うバイト3つのタイプ

1大型書店系

メリット
売り場面積が広く、蔵書数も多い。
専門書からマニアックな本まで幅広い本を取り扱う。
デメリット
店舗数が少なく、展開しているエリアが大都市などに限られる。

2レンタル系

メリット
本やCDやDVD、ゲームなど幅広く取り扱うので飽きない。店舗も全国にあり。
デメリット
店舗によっては本の取り扱いが少ない店もある。

3リサイクルショップ系

メリット
古本の買取りと販売を行うので本に詳しくなれる。CD、ゲーム、洋服など幅広いジャンルを扱う。
デメリット
CD・DVDの取り扱いが多く、本の量が限られる店もある。

本を扱うバイトで感じたメリット

興味を活かして
仕事ができるって楽しい!

江田幸雄さん(40歳・男性) 三省堂書店 神保町本店

TVアニメ・マンガ、「本好き」という自分の興味を活かして仕事ができるということは、とても楽しく良いことだと思います。ネットが普及していますがまだまだ需要あり!目的買いも良いですが、書店に来て「探す」という楽しさをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。

アニメやマンガが好きなので同じ
趣味のスタッフと話せるのが楽しい

S・Tさん(19歳・男性) リサイクル系勤務

いわゆる「ゆるオタ」で、周りにアニメ・マンガの話題を話せる人がいなかったのですが、今のバイト先で話せる人が見つかって嬉しかったです。

新しい本にも出会えるし、
何よりやりがいが実感できます。

K・Rさん(23歳・男性) 大型書店系勤務

今まで自分が読んでなかったジャンルの本を先輩がお薦めしてくれたり、本やコミックを貸してくれたりするので、読む本のジャンルがすごく広がりました。一番嬉しかったのは自分が書いたPOPでその本の売れ行きがよくなったこと。立ち仕事で疲れるなあと思う時もありますが、そんな時は疲れが吹き飛びます。

家事の手が空く昼間に働けるので
助かってます。

H・Aさん(42歳・女性)リサイクルショップ系勤務

普段は育児と家事に忙しいですが、そんな合間を縫ってバイトでお小遣い稼ぎができるので嬉しいです。おかげで本も好きになりました。

あなたの本を扱うバイトを検索

本を扱うバイトが初めてで、不安な方へ

本に詳しくないといけない?
本に詳しい必要はありません。もちろん、本が好きな人の方がより楽しく働けるかと思いますが
働くうちに徐々に本の知識が増えていくので不安にならなくても大丈夫です。
チームワークが苦手です
本屋のバイトで特別チームワークを重視していることはありません。
ただし、どのバイトでもある程度は人と一緒に働くので、
最低限のマナーやコミュニケーションをとることは必要です。
週に1日でも大丈夫?
大丈夫なお店もあります。
平均では週2日、3日以上の店舗が多いようで、なかには週1日の店舗もありますので、
希望に合うかどうかチェックしてみてください。

本を扱うバイトのお仕事内容

レジ
基本的には他のアルバイトと同じように本屋でもレジ業務があります。「本」という媒介を通じて実際に人と触れ合える良い機会です。本の話題でお客さんと会話が弾んだ、なんてケースもあるようです。
本の査定、買い取り
これはリサイクル系の書店に発生する仕事で、古本を買い取ってもらおうとやってきたお客さんの本を査定し、買取り金額を伝えて、お金を支払う業務です。査定といってもマニュアルがあるので不安にならなくても大丈夫です。
品出し・返本
本屋もずっと同じ本を並べているワケではないので、書店の本棚も出し入れが必要となります。新しい本を棚に出したり、売れ残った週刊誌を返本したり、また売り切れた本を再入荷させて陳列する業務など、こまめなメンテナンスが必要です。
本棚の整理・陳列・接客
あなたは本棚を整理している書店の従業員に本の場所を聞いたことはありませんか?
広い書店ではそれぞれのコーナーごとに分かれて膨大な本が陳列されているので、それらの本を探して回答するのも仕事になります。

あなたの本を扱うバイトを検索

ぱんくず ぱんくず