アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > その他 > バイトに遅刻しそう!そんな時はどうすればいい?

バイトに遅刻しそう!そんな時はどうすればいい?

バイト

2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトを続けていると、ダメだとわかっていても一度や二度犯してしまいがちな遅刻。アルバイトがある日を勘違いしていたり、寝坊したり、もしくは電車が遅れる、渋滞に巻き込まれるなどの不可抗力なものまで、遅刻の原因はさまざまです。また、遅刻はなくても遅刻をしそうになった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

では、確実に遅刻するとき、遅刻しそうなとき、あなたはアルバイト先に対してどのような対応をしていますか。ここではそんな時の対応方法をご紹介します。

メールやSNSはNG!必ず電話連絡を

確実に遅刻する、または遅刻しそうな時、アルバイト先にどのような手段でその旨を伝えていますか。近年では、メールやSNSなどで連絡する人も増えているようですが、これはもちろんNG。たとえアルバイトといえど、仕事上での時間厳守は当たり前。どのような理由があろうとも遅れる側に非があります。それをメールやSNSで伝えるのは、相手に対して大変失礼です。

また、メールやSNSの場合、伝えるべき人が見ることができる環境にいるとは限らないため、不確実な伝達方法です。遅刻しそうな場合は、必ずアルバイト先に1本電話を入れ、直接自分の上司に口頭で伝えましょう。

シチュエーション別、遅刻する理由の伝え方

遅刻する場合、シチュエーションによって遅刻する理由の伝え方があります。

電車が遅れている場合には「○○な理由で電車が遅れており、○○分ほど到着が遅れます」。渋滞の場合も同様に「今○○付近を車で走行していますが、渋滞に巻き込まれています。迂回してそちらに向かいますので○○分ほど遅れます」。

どのシチュエーションにおいても、遅刻連絡時に必ず伝えるべきことは、遅刻の理由とどのくらい遅れるのか。本来あなたが入るべきシフトに穴が開くことで、誰かがアルバイト時間を延長したり、代わりに別の人がアルバイトに入るなど、さまざまな人に迷惑をかけてしまいます。遅れることがわかった時点で、必ずアルバイト先に連絡を入れましょう。

これなら許してもらえる!? 遅刻の上手な言い訳

遅刻する場合、本来ならばその理由を正直に話すべきではあります。

しかしウソも方便という言葉もある通り、時には怒られたくないあまりについつい…ということもあるでしょう。その場合、上手に言い訳を伝えなければなりません。そこで大事なのは不可抗力だということを強調することです。また不可抗力ではあるけれども、なんとかしてアルバイト先に少しでも早くたどり着く努力をしていることを伝えましょう。ただし、できることならばやはり遅刻しないことが一番ということは忘れずに。

仕事場に到着した時の対応

遅刻には自己責任におけるものと、不可抗力のものがあります。

自己責任のものについては、普段から注意しておけば事前に回避することができます。不可抗力なものについても、時間ギリギリに出勤するのではなく、何かあることを想定して早めに行動しておけば回避できる可能性があります。

やはりどんな理由であれ、仕事における遅刻は厳禁。多くの人に迷惑をかけることになります。どうしても遅刻してしまった際には、職場に到着してまず一番に直属の上司、またチームで仕事をしている場合にはその仲間に謝罪することです。そのときには、謝罪、遅刻の理由、二度と遅刻しないように今後どうするかを伝えましょう。その後は仕事の状況を確認し、すぐに仕事場へ。遅れを取り戻し、「遅刻して申し訳ない」という気持ちが伝わるよう、しっかりと仕事に取り組む姿勢が大事です。

最後に

自分が少し遅刻したくらいなら大丈夫・・・、なんて、そんなことはありません。アルバイトといえど、あなたも大切な戦力の一人。どうしても遅刻してしまう場合、自分がアルバイト先に迷惑をかけているという自覚をしっかりもち、誠心誠意対応することが大切です。