アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > その他 > SNS好きにはメリットだらけ!?SNS好きが役に立ったバイトのエピソード

SNS好きにはメリットだらけ!?SNS好きが役に立ったバイトのエピソード

バイト

2017/04/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター、Facebook、インスタグラムなどのいわゆるSNSを利用している人は多いのではないでしょうか。SNSといえば主にプライベートで楽しむものというイメージがありますが、バイト先の意外な場面で役に立つこともあるようです。今回は、SNS好きな人たちのそんなエピソードをご紹介したいと思います。

売り上げに貢献

「お店で新作のスイーツが出るので、食べた感想を画像つきでツイートしたら思わぬ反響が。友達や、友達の友達が来てくれて、さらにその人たちがツイートしてくれて…という具合で、私発信で結構お客さんを集めることができたみたい」(18歳女性/飲食)

SNSが浸透している昨今では、口コミの力が非常に大きくなってきているようです。SNS好きスタッフは、お店にとっても頼もしい存在なのかもしれません。

頭を悩ます店長に

「SNSで話題のショップやアイテムをチェックするのが趣味で、気になったものは足を運んで実際に見てみる。それを知っている店長から、ショップの方向性やトレンドのアドバイスを求められることがあります」(24歳女性/アパレル)

旬な話題に敏感なのがSNSの特徴のひとつ。世の中のトレンドにアンテナを張らなくてはいけないアパレル系のショップなどで、SNS好きスタッフは貴重なアドバイザーです。

やりがいにつながる

「『暇なときにつぶいてよ』という感じで、お店からスタッフ共用のツイッターのアカウントを任されている。つぶやくときは自分の署名入りで。元からツイッターをやらない人はほとんどつぶやかないけど、SNS好きな人は頻繁につぶやく。常連さんをはじめ、『ツイッター見たよ』といって来店するお客さんが結構いて、自分のことを個人的に気に入って来てくれる人もいたりで、そういうのはうれしい」(21歳女性/飲食)

お店アカウントのSNS、巷でもちらほら見かけます。何か投稿するときは自分がお店の代表として発信するので責任もありますが、反響があった時には嬉しくなりますよね。

キャリアアップの可能性も?

「小さな会社の事務のバイトをしていて、自分がかなりヘビーなSNSユーザだったのは社内でも評判だった。あるとき会社の方針で『これからSNSを使った広報に力を入れていく』ということになり、その責任者を任されることになった。試行錯誤の連続だったけど必死にやっていたら、しばらくしてなんと広報担当として正社員で採用されることに」(27歳男性/イベント会社)

これはかなり珍しいケースかもしれませんが、SNS好きが発展してこんなふうにキャリアアップできる可能性もあるようです。

合コン幹事といえば私!?

「他のショップの店員さんのSNSを見つけて軽くコメントしたりするうちに相互フォローになることが多く、知り合いがたくさんいる。だから職場では『合コンの幹事といえば私』という感じで、頼りにされている」(26歳女性/アパレル)

合コンに限らず、イベントを発信してくれるスタッフがいると、それだけで職場の人たち同士が親しくなれますよね。バイト先では円満な人間関係もないがしろにできない要素です。

経験者は語る

「役に立ったバイト、というか、SNS好きはどのバイトでも役に立つと思う。というのは、今までいろんなバイトをやってきたけど、どこのバイト先にもSNS好きな人は必ず何人かいるので、新しく入った職場でも『ツイッターやってる?』と話が盛り上がりやすく、早くとけこむことができる。職場の人と親しくなった方が楽しく働けますし」(25歳男性/コールセンター)

多くの職場を見てきた人から聞くと、なるほどと思わされる説得力があります。初対面の人たちと仲良くなるには時間がかかりますが、SNSを利用すればその壁をうまく乗り越えられるでしょう。

最後に

SNSはプライベートを充実させるためだけのツールではなく、使い方によってバイトを充実させることもできるようです。SNS好きな人は積極的に利用していくといいかもしれませんね!

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!

(藤井弘美+プレスラボ)