アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 採用 > 倍率の高いアルバイトの面接で合格できた理由は?

倍率の高いアルバイトの面接で合格できた理由は?

バイト

2017/03/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえば全国にチェーン展開しているカフェなど、特に人気の高いアルバイトってありますよね。人気があるということはそれだけ難関ということでもあります。

求人の倍率が高いアルバイトに合格するには、面接が勝負。「どうしても働きたい!」という気持ちがあるのに、「難関だからなあ…」と諦めてしまうのはもったいないことです。では、どのようなことに気をつければ難関バイトの採用を勝ち取ることができるのでしょうか。今回は、参考になりそうな経験者の声をご紹介したいと思います。

採用側が求めている人材を考える

「お店の雰囲気を考慮して、それに見合った人材になれるように心がけた。実際にそこで働くスタッフさんたちの感じなどを観察すると、全員に共通するものが見えてきてすごく参考になる。スタッフさん共通の要素を備えつつ、自分の個性をプラスできればいいのではないかと思います」(31歳女性/カフェ)

「働きたい!」と思う職場をリサーチすると、大きなヒントをつかむことができます。接客系の職場なら、お客さんとして訪れて観察してみるといいでしょう。お客さんとしての来店経験は、面接のときの話題にもできます。

自分なりのエピソードを

「高校のとき、陸上で全国大会に出たことがあるので、面接ではその実績やスポーツを通して経て得たものについて話した。面接を担当してくれた店長は『並大抵でできることじゃない』と感心してくれて、結果採用。スポーツに打ち込んだ経験があってよかったなあ、と思いました(笑)」(26歳男性/カフェ)

スポーツに限らず趣味や学業など、自分なりに努力してきたことと“そこから何を得たか”を話すことができれば、それがあなたなりのエピソードとなり、面接官にあなたという人物が伝わりやすくなります。

とにかく第一印象!

「面接のコツとして『第一印象が大事!』と聞いていたので、とにかくそこをうまくいかせられるよう心がけた。姿勢をよくして、笑顔で、挨拶をハッキリ、というふうに。面接前は自室で何度か練習をした。面接の一番の山場を“初対面の第一印象”と自分の中で設定していたので、そこをうまく乗り越えられたあとはリラックスして面接に臨むことができた」(21歳女性/レストランバー)

ある研究の結果によると、「第一印象が面接の合否を大きく左右する」というのは有名な話。良い第一印象を与えるために、リハーサルや身だしなみをきちんと整えることは効果的です。

他の志望者との差別化を

「面接でほぼ確実に訊ねられるであろう“志望動機”や“自己PR”などを、他の面接者がどのように答えるかを推測・想定し、自分の回答をそれと差別化できるように考えて用意していった。たとえば志望動機で、他の志望者の多くが『企画を必死に成功させる喜びを仕事で感じたい』みたいなことを答えると予想。そこで自分は『企画・制作中毒で、準備の苦労と達成の喜びを今後の人生でずっと感じていたいので』と答えた」(20歳男性/企画・制作スタッフ)

他の面接者との差別化を図るということは、自分なりの個性をアピールするということ。うまくやらないと失敗してしまうリスクもありますが、ハマれば強烈な効果があります。

雑談にチャンス!?

「話がちょっとした雑談にそれたときがチャンスだと思う。そこで楽しく和やかに話せることができたので、『印象がだいぶよくなった』という手ごたえがあった」(25歳女性/事務)

普段から話し上手な人は、雑談になったチャンスを大いに活用していきましょう。逆に雑談が苦手な人でも、会話の中で笑顔やリアクションがきちんとできていれば好印象を与えられます。

完全武装で

「自分が思う最強のコーディネートで出かけ、面接直前に美容室でヘアスタイルを整えた。外見にビシッと気を使うことで自分に自信が持てて、堂々と面接に臨むことができたように思う」(29歳男性/レストラン)

見た目や清潔感は、面接で相手に好印象を与える上で非常に大事な要素です。また、堂々としている人は見ていて安心感があります。見た目を気づかうことは、いくつものメリットがあるのです。

最後に

難関を突破して採用を勝ち取った人たちは漫然と面接に臨むのではなく、誰もがその人なりの工夫や気遣いを行っているようでした。これらのエピソードを参考に、あなたもぜひあなたなりの工夫をして、難関バイトの合格を勝ち取ってください!

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!

(藤井弘美+プレスラボ)