アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 採用 > 採用担当者に聞いてみた!履歴書写真の良い例・悪い例

採用担当者に聞いてみた!履歴書写真の良い例・悪い例

バイト

2017/05/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイトの採用で合否を決める一番の要素はやはり面接ですが、履歴書の写真も意外と重要です。仮にあなたが採用担当者だったとして、AさんとBさんのどちらかを採用するか最終的に迷っているとします。そのとき、手元のメモや履歴書を見ながら比較検討するわけですが、「どんな人だっけな」と思いながら履歴書の写真を見る……なんてこともあるかも。

では履歴書写真の良い・悪いはどこで決まるのでしょうか? 現場で採用を担当している人たちに話を聞いてみました。

~悪い例~

■暗い印象

「暗そうな印象の写り方はマイナスポイント。前髪が長くて目元がよくわからなかったりとか。地顔が暗い感じの人っていますが、それでも面接で普通に話せていれば『あのとき笑っていたな』と思い出せる。けれど写真の前髪が長かったりだと、『本当の性格は暗いんだな』などと面接時の印象を修正する方向に考えてしまう」(28歳女性/カフェ)

前髪を整える、口角を少し上げる、などの些細な工夫で印象は大違い。写真が苦手な人は、他人から指摘をもらうのもいいかも。

■睨むような目つき

「履歴書なんかの証明写真って、緊張で表情がこわばってしまうのはよくわかります。僕がそうなので。だからバイト応募してきた人の証明写真を見るときは、ある程度『緊張しているんだな』というのを考慮して見ています。でも、睨んでいるような目つきだけはあまりよろしくありません。こちらも人間なので、そのような目つきでこちらを見られると本能的にちょっと避けてしまいたくなります」(36歳男性/ファミレス)

緊張で表情が硬くなってしまうのはある程度仕方ないと理解を示す採用担当者もいるようです。ですが相手に不快感を与えてしまうような表情はNG。写真を撮る前に鏡の前で軽く表情を作る練習をしておくといいかもしれませんね。

■思いっきり笑顔

「思いっきり笑って満面の笑顔を見せている写真とか。笑顔の方が相手に好印象を与えるというのはたしかなんだけど、『それを証明写真でやっちゃう?』と思ってしまうので。極端な話、それだけで常識がない人のように思える」(31歳女性/アパレル)

履歴書写真に「写メで撮影したものOK」としているような募集案件もありますが、特に記載がない場合はフォーマルな証明写真が要求されます。基本からあまり逸脱しすぎないようにしましょう。

■最低限本人だとわかるように

「最近証明写真もかなり発達してきているみたいで、色を飛ばしたり目を大きくしたりっていう機能を備えた証明写真もあるようです。写真うつりがいいに越したことはないので、そういうのを積極的に活用するのはまったく問題ないと思いますが、あまりに本人とかけ離れすぎていると証明写真としての意味があまりなくなってしまうのでどうかと……。写真を見て『こんな人面接したっけ?』と思った経験が今までで2回あります」(41歳男性/配送)

あくまで本人と確認できることが証明写真の最低条件です。面接でせっかく好印象を残せても、写真で「誰だっけ?」となってしまうと採用を見送られる可能性も。

■不健康そうな写り

「うちは接客業なので、明るそうな人材がのぞましい。なので、不健康そうなうつりはあまりよろしくないかも。寝不足ぎみな時や、すごく疲れが溜まっている時はそれが写真に出てしまうので要注意」(31歳女性/アパレル)

 接客業なら、特にこのようなポイントが重要視されるようです。写真を撮る日の前日はぐっすり寝ておきたいですね。

~良い例~

■清潔感重視

「うちは飲食なので、清潔感を重視します。髪は重たくなく軽い感じで、男性ならヒゲありよりもナシの方が、女性ならメイクは濃すぎない程度が、清潔感を持たせられると思います」(36歳男性/ファミレス)

こちらは飲食業なので清潔感が大事になってくるようです。業種によっても気をつける点は違うようなので、このことは覚えておいて損はないかも。

■笑顔っぽい真顔

「口角が若干、ほとんどわからないくらいでも上がっていると『笑顔っぽい真顔』になるのでいいと思う。でもやりすぎると笑顔になってしまうし、俗に言う『アヒル口』っぽくなるとまた証明写真じゃなくなってしまうので注意した方がいいかも」(31歳女性/アパレル)

口角の微妙な上げ加減によって「笑顔っぽい真顔」を作ることができるようです。

■写真屋で撮った証明写真

「無人の証明写真撮影機を使って撮ったものと、写真屋できちんと撮った証明写真はやっぱり違いますね。写真屋のものはやっぱりクオリティが高い。証明写真撮影機で撮った人とはどうしても差がついてしまいますね。とはいえ写真屋の証明写真を使う人って少ないですけど」(28歳女性/カフェ)

他と差をつけるのであれば、写真屋できちんと撮った証明写真はかなりクオリティが高くていいようです。

まとめ

良い例・悪い例を通してみてみると、どのような証明写真が採用担当者に求められているのかがなんとなく見えてくるような気がします。次回証明写真を撮ることがあったら、ぜひこれらのことを考慮に入れながら撮ってみてくださいね。 

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!