アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 採用 > 面接したその場で採用あれこれ メリットや断り方って?

面接したその場で採用あれこれ メリットや断り方って?

バイト

2017/06/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用面接の合否は「後日改めて連絡します」という形式が一般的です。しかし中には面接したその場で即採用が決まるケースもあります。この、その場採用のメリット・デメリットはなんでしょうか?また、もしその場採用を辞退したい場合はどのように断るのがいいのでしょうか? 経験者、および採用担当者の経験談を集めてみました。

~メリット~

■シフトに入れる日が早くなる

「面接時に採用を言い渡されて、『もしこのあと時間あるようだったら今日から働いていく?』と言われたことがある。一刻もはやくその職場で働きたいと思ってたので嬉しかった。バイトの内容は研修的なもので、教わっただけで時間がほとんど終わってしまった」(27歳男性/ファミレス)

バイト先に制服などの用意があれば、採用後即シフトに入れる可能性もあります。もしそのあと予定があるのなら無理にシフトに入る必要はありませんので、断っても問題ありません。

■他のバイトの面接が控えている場合

「複数のバイトに応募していて、先にそこのバイト先から即日採用をもらった。応募していた他のバイト先には『別の職場で働くことになりましたので……』と面接辞退の連絡をする必要があったけど、それ以上面接を受けなくてよくなったのはラッキーだった」(20歳女性/居酒屋)

複数のバイトに応募して、面接などの選考が同時進行している場合、先にバイトが決まってしまえばそれ以上面接を受ける必要がなくなります。

~デメリット~

■他の面接の結果を待ちたい

「その場採用をもらったバイト先が、第2候補の職場で、一番働きたいと思っているバイト先からは面接の合否連絡待ちだった。どうしようか困ってしまった」(24歳女性/定食屋)

複数のバイト面接を同時進行していて、その中で希望順位がありさらにその中で下位のバイト先から即日採用をもらった場合、どう返事していいか迷ってしまいますよね。こうしたときの断り方などについては後ほどご紹介しましょう。

■面接していて「なんか違うな」と思った

「募集要項を確認して応募したけど、面接で、こちらが思っていたよりシフトに入れないとわかって、『なんか違うな』と思ってしまった。迷いが生じてしまった段階で即日採用されても……」(30歳男性/軽作業)

面接時に店長などの担当者と話していくうちに、こちらのイメージと先方の要求との間にズレがあると判明することってよくあります。この場合の断り方も後述したいと思います。 

~即日採用の断り方~

■返事を保留したい

まずは、「第一希望のバイト先の合否連絡待ちで、第二希望のバイト先から即日採用をもらった場合」についてです。

「『別に働きたいところがあってそちらの合否連絡待ちなので、返事は保留させて頂いていいですか?』と正直に理由を伝えた。店長は『ではそちらの結果がわかったら連絡してください』と言ってくれた」(24歳女性/定食屋)

正直に理由を話してこのようにうまくいけばいいのですが、相手によっては気分を害する可能性は十分ありえます。もしかしたら「じゃあやっぱりうちでは働いてもらわなくていいです」と言われてしまうこともあるかも。

2つ以上のバイト先を受けていて「できればこっちで働きたい!」というのはその人個人の都合です。採用側には採用側の都合がありますので、こちらが返事の保留をお願いして採用を取り消されるリスクも考慮しましょう。

■理由があるなら正直に

次に「面接中に、勤務形態や職場の雰囲気がイメージと違うことがわかってきた」場合の断り方についてです。

「理由を正直に言って断った。『採用頂き大変ありがたいのですが、思っていたよりシフトに入れないようなので、せっかくなのですが辞退させて頂きます』と。引き止められたけれども、『申し訳ありませんが…』と固辞した」(30歳男性/軽作業)

 違和感がありながらなんとなく働き始めてしまうとのちのちの負担が大きくなります。せっかくもらった採用を辞退するのは勇気のいることですが、できるならきちんと辞退したいところですね。

 また、辞退したい理由が「店長の態度が嫌だった」など、正直に伝えると相手の気分を害する可能性があるときは、トラブルを回避するために「職場の雰囲気がイメージと違っていた」など、別の言い回しで伝えるようにしましょう。

■あとで断りの連絡をする

その場採用を言い渡されても、そこで断るのって気まずさも手伝ってなかなか難しいですよね。そこで、その場では一旦「ありがとうございます」といって採用を受け入れて、のちに断りの連絡を入れる方法があります。

「その場採用をもらって1時間後、そのバイト先に連絡を入れて『申し訳ないのですが採用辞退させて頂きます』と連絡した。理由を聞かれたので『予定の調整が難しくなったので』と言って納得してもらえた」(21歳女性/コールセンター)

採用側は、あなたという新しいスタッフを採用したことで応募を締め切って、別の応募者の面接をそれ以上行わないなどの可能性があります。そこであなたが「やっぱり辞めます」となったら、バイト先としては困ってしまいますよね。ですので、「その場採用を断るのならその場で」が望ましいのですが、それが難しい場合はなるべく早めに連絡するようにしましょう。

バイトに応募しておいて採用をもらったら断るのですから、違法ではないにせよマナーとしてあまり好ましくないのは事実です。断るのであればこちらもなるべく礼儀を尽くすように心がけましょう。

~引き止められないおすすめの断り方は?~

■某店長の話によると…

採用を辞退しても、先方が引き止めにかかることがあります。しかしそうした引き止めを回避したい場合はどのように返事するのがいいのでしょうか? 採用担当者の話をご紹介します。

「どうしても働いてほしい人材に辞退されると『こちらで何か改善できることがあればしますので言ってください』と引き止めることはあります。シフトのイメージが違うと思ったのであれば極力相談に乗りますし。引き止められないのは『雰囲気がイメージと違って』というのですね。それと、あとで断りの連絡が改めてあって『別のバイト先で働くことになって』というもの。こう言われたらこちらはそれ以上どうすることもできませんので」(31歳女性/アパレル・店長)

メリットもありデメリットもあるその場採用。もしその場採用をもらって断りたかったとき、これらの話がいくらかでもご参考になれば幸いです。

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!