アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > ちょっと気になる、日払い・週払いバイトの実情とは?

ちょっと気になる、日払い・週払いバイトの実情とは?

バイト

2017/06/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月給料日まであと一週間あるのにお金が全然足りない……なんて経験、したことある人もいるのではないでしょうか? そんな人たちのうれしい味方なのが日払い・週払いのバイト。今回は日払い・週払いのバイトの実情についてご紹介したいと思います。

■どんな仕事がある?

「今までやったことがある日払い・週払いのバイトは建設現場の資材搬入、派遣のトラック運転手、引越しスタッフ、ピッキング、イベント設営、交通整備くらいかな。日払い・週払いはガテン系に多いイメージ」(36歳男性/現場作業員)

日払いバイトにはガテン系のほか、主にイベントスタッフやピッキングなどの軽作業といったものが主流です。しかし飲食店や事務系のバイトでも「日払い・週払い可」としているところもあるようです。

■どんな雰囲気?

「別に普通のバイトと変わらないと思います。ガテン系のバイトにはそれ系の人たちが集まりますけど、全然そうじゃない人だっているし。そういう意味で、『そのバイトにはそれっぽい人たちが集まりやすい』ってだけです」(36歳男性/現場作業員)

「短期で働きに来ている人が多いバイト先だと、あまり誰かと仲良くするという雰囲気ではないですね。私は特に日払いバイト先で誰かと親しくしたいと思っていなかったので、ちょうどよかったです」(23歳女性/軽作業)

短期間勤務の人が多い職場は、長期間働くことが前提のレギュラーバイトと比べるとだいぶ雰囲気が違うようです。「仕事はビジネスライク」がお好みな人におすすめかも。

■自分と似た友達ができやすい?

「バイトの職種にもよると思うけど、自分に似た友達を見つけやすいかも。私は、どうしてもほしいものが出てきたときに何度かやったことがあるけど、年齢も近くて同じような動機で働きに来ている子と知り合いになれた」(26歳女性/イベント)

類は友を呼ぶの法則は日払い・週払いバイトの勤務先にも適用されるようです。

■受け渡し場所は?

「働く現場がその日によって違う日払いバイトの場合、勤務終了後に現場で現金で手渡ししてくれるところと、『事務所で渡します』というところがある。事務所で渡す場合だと、仕事終わりに給料もらうためだけに事務所にいちいち向かわなきゃいけないのがちょっと手間。だから日払いバイト入るときは『現場で現金手渡し』かどうかを前もって確認するようにしている」(26歳女性/イベント)

こうしたケースも事務所が現場や自宅から近ければそこまで手間ではなさそうですが、そうでなければ大変です。ここもバイトに入る前に事前に確認しておきたいポイントですね。

■最後に

長期レギュラーバイトとは少し勝手が違うようですが、日払い・週払いバイトは実態を十分理解して活用すれば強い味方になってくれます。「今すぐにでも現金がほしい…!」と思っている人は、日払い・週払いのバイトを始めてみるといいかもしれません。

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!