アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > 動物好きには天国!?ペットショップのバイトってどう?

動物好きには天国!?ペットショップのバイトってどう?

バイト

2017/06/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットショップは動物を扱う職場です。仕事中は常に動物を見たり触れたりするので、動物好きな人にとっては天国のようにも思います。今回は実際にペットショップでバイトをしている人に、仕事の楽しい部分と大変な部分について聞いてみました。

~楽しいところ~

■間近で子犬・子猫が見られる

「やっぱり動物たちを間近で見ながら働けるのは幸せです。もちろん仕事なので大変な部分はありますが、本当に動物好きな人には心の底からおすすめです。特に犬や猫は子犬・子猫が多いので、ものすごくかわいいです!」(23歳女性)

このメリットはやはりペットショップバイトならでは。バイト中はほとんどの時間、モフモフした存在が視界に入っているわけですから、それで癒されるな、というほうが難しいですよね。

■ペットの門出を見送る

「飼い主さんに引き取られていくとき、毎回胸が熱くなる。もう会えない切ない気持ちと『幸せになってね!』という親心が同時にやってきます(笑)。優しそうな飼い主さんたちに引き取られるのを見送るときが『この仕事をやっていてよかったな』と一番強く思う瞬間かも」(26歳男性)

ペットは新しい飼い主に引き取られて、おそらくそれから一生涯をその飼い主と過ごすことになります。それを見送る側としては、ペットの幸せを願わずにはいられません。

■犬の散歩も業務のうち

「自宅でも犬を飼っているので、『犬の散歩をしてお金がもらえる』というのはとても新鮮。普段はお店の中で仕事をしているから、散歩はいい気分転換にもなる」(22歳女性)

犬の散歩、それ自体が主となっているバイトもありますが、ペットショップバイトにおける犬の散歩は気分転換的な意味合いを持つようです。

~大変なところ~

■トイレの管理

「常に20匹近くの動物を扱っていると、トイレのチェックだけでも一苦労。放置しておくと動物の体にフンがついてしまううえ、衛生面でも好ましくない。お客さんの多い土日祝日は他の業務も重なったり接客も多くなったりするので、トイレチェックが甘くなってしまいがち」(18歳女性)

トイレをきちんとお世話したいと思うのは、動物たちのことを考えているからこそですね。生き物を扱っている以上、忙しくても疎かにできないからこその苦労と言えます。

■売れ残っている子を励ます気持ち

「やはり子犬・子猫のほうが人気は高いので、少し成長して売れ残ってしまうとさらに売れにくくなってしまう。そういった子たちを見ていると、『この子はどうしてこんなにかわいいのに……』と切ない気持ちになってしまいます」(23歳女性)

動物が好きな人であればあるほど、買い手がなかなか見つからない様子を見守らなければいけないのはつらそうですね。

■接客でトラブルになることも

「たまにガラスケースを強く叩くなどして、中の動物にストレスを与えてしまうような振る舞いをするお客さんがいる。そういうときはなるべく不快感を与えないように注意するのですが、トラブルに発展してしまう場合もある。ペットショップも接客業である以上、接客トラブルがあるのは当然なのですが……」(26歳男性)

お客さんはマナーのいい人ばかりではありません。この男性のいうように、ほかの接客業と同様の苦労はつきもののようです。

■最後に

ペットの世話をするということは大変でもありますが、そのぶんやりがいや充実感がありますし、ペットと触れ合うことで幸せな気分になれるというのは実際にあるようです。動物好きと自負している人にはペットショップのバイトがおすすめかもしれません。 

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!