アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > 経験者が語る!「デモンストレーター」バイトのお仕事とは?

経験者が語る!「デモンストレーター」バイトのお仕事とは?

バイト

2017/09/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーやショッピングモールなど、人が多く集まる場所で新商品やサービスの紹介、あるいは試食を勧めるデモンストレーターのお仕事。人前に出てお客さんの足を止め、販売・成約に取り付ける接客スキルが求められるため、社会人経験が豊富な人でないと難しそうにも思えます。しかし、実は学生にも人気があるデモンストレーターのバイト。ではその実態はどのようなものなのでしょうか? ベテラン経験者の声を交えてご紹介したいと思います。

■デモンストレーターってどういう仕事?

「スーパーなどで見かける試食・試飲販売のスタッフです。指定された商品をお客さまに勧めて試飲・試食して頂き、販売につなげます。また募集案件によってはイベント・キャンペーンのPRスタッフが含まれる場合も。こちらはビデオ・オン・デマンドなどのサービスや、フィットネスグッズなどの製品のPR・勧誘・販売を行います。どちらも取り扱うモノが違うだけで、主な目的は同じです」(31歳男性/デモンストレーター歴5年)

仕事の内容は?

 「試飲・試食販売はスーパーなどに派遣されて、打ち合わせのあと売り場スペースを確保してセッティング、試食台のレイアウトなどもすべて自分一人で行います。開始時間が来たら、あとは試食を勧めて販売につなげていきます。

イベント・キャンペーンのPRスタッフは、数人でチームを組んで行うことが多く、簡単なユニフォームが用意されていることも。打ち合わせのあとは、指定の製品・サービスをひたすらPR。試食販売スタッフのほうが食材や爪ようじ、紙のお皿、ウェットティッシュの用意や、調理など、細かい準備作業などやることが多い印象です」(22歳女性/デモンストレーター歴2年)

試飲・試食は「試食台」を用いて販売促進を行うため、それに伴ってやることが増えるようです。

■デモンストレーターは給料が高い!?

「時給だと1200~1500円になることも珍しくなく、まれに2000円近くに設定されることもあります。自分がメインで所属している派遣会社の給料は、マネキンが固定制で優秀な人は時給アップの可能性も。イベント・キャンペーン案件は時給に加えてインセンティブがもらえることもあるのでやる気が出ます」(31歳男性/デモンストレーター歴5年)

お給料がいいとその分モチベーションが上がりますよね。インセンティブ形式だとさらに仕事に身が入りそうです。 

■男性や高校生も働けるの?

「パートの女性も多く、皆さんも女性のイメージが強いと思います。でも私のように男性のスタッフも数名在籍していますし、男性ということでお客さんにもかわいがってもらえるのでアリだと思います。派遣会社によっては『高校生可』としているところもあるようで、シフトは希望日に入れますが土日が中心です」(31歳男性/デモンストレーター歴5年)

一見働くのが難しそうなデモンストレーターバイトですが、実際は幅広い年代のスタッフが働ける間口の広さがあるようです。

■未経験者でも大丈夫?

「働く前の登録会で簡単な研修が受けられるので心配ないと思います。隣の人とペアになって実演販売をロールプレイする、といった内容のもので、最初は照れもありますが、ふっきれてしまえばきっと平気です(笑)。接客・販売スキルは誰もが工夫しながらやっていくうちに磨かれていくと思います」(22歳女性/デモンストレーター歴2年)

実際に働いている人を見ると、誰もがいかにも経験豊富なベテランさんに見えますが、彼らも皆試行錯誤の経験を経てその貫禄を身につけたのでしょうね。未経験だからといって尻込みする必要はないようです。

■デモンストレーターバイトのメリットは?

「お客さんとのコミュニケーションが楽しいので、人と接するのが好きな人に向いていると思います。あとはやはり高時給なことと、勤務日を自分で決められる点ですね。

試食販売をメインでやっているスタッフさんの中には『職場の人間関係が苦手なので、一人で働けて気楽でいい』という人も何人かいます。イベント・キャンペーンは『チームで一丸となって一つの目的を達成しよう!』という一体感が楽しいですし、私はどちらもやっているので、どちらの良さもよくわかります」(31歳男性/デモンストレーター歴5年)

「売る・PRする」が目的ではありますが、まずはお客さんとのコミュニケーションを楽しむ心持ちが好成績につながりそうですね。

■このバイトの大変なところは?

「体力的なところで言うと、立ち仕事が基本なので7、8時間立ちっぱなしということもザラ。常に声を出しているので、コツをつかまないと最初のうちは喉をからしてしまうこともあります。あとは仕事がうまくいかなかったり、お客さんに邪険にされたりすると心が折れそうになりますが、『これも仕事のうち!』と考えて乗り切るしかないですね」(22歳女性/デモンストレーター歴2年)

この他、「『交通費や準備・販売にかかった材料費は最初にスタッフ自身が立て替えておき、あとで精算』という形を取る場合も少なくないので、金欠気味な人には難しいかもしれません」(31歳男性/デモンストレーター歴5年)というアドバイスもありました! 

■最後に

他のバイトと比べて大変な側面もありますが、やりがいとお給料がデモンストレーターバイトの魅力であり、特徴のようです。「我こそは!」と思った人はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!