アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > 常識&トラブル対処法 > 職種・シチュエーションから探す

バイトするなら知っておきたい 常識&トラブル対処法

職種から探す

いつも笑顔で気持ちよく。お客様と接する仕事 接客系

働いてお金をもらうアルバイトは、学校に行くことや友達と遊びに行くのとは全然ちがう!

働き始める前に、絶対にチェックしておこう。

身だしなみ初めてのバイトでも、このくらいはおさえておこう!

「服装自由」っていうから、高校の制服で働いてもいい?
業務に支障がない限り理屈の上では問題ありませんが、制服がふさわしいかどうか考えましょう。たとえば荷物の上げ下げで制服が汚れてしまうようなお仕事では、制服はふさわしくないでしょう。また、制服にはエンブレムやボタンなどであなたがどこの学校に通っているのかを表しているものです。あくまでアルバイト中はそのお店や会社で働いていますので、学校の制服はふさわしいとはいえません。 少なくとも上着は脱ぐなど、場をわきまえた服装を心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

制服貸与のバイト。着こなしはワタシ流でもOK?
バイト先から支給されるユニホームは、お客様や社外の人が見れば一目でお店や会社がわかります。そのユニフォームをだらしなく着るというのはお店や会社の印象を悪くするおそれがあるということを意識しましょう。上着のボタンはしっかり留める、帽子を極端に目深にかぶったり頭の上に載せるだけだったりするなど、「だらしがない」と思われることのないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

大学生だけど、バイトのときはスーツ。手入れが面倒なんだけど…
営業やオフィス系のバイトの場合、学生であってもスーツを着なければいけないこともあります。スーツは座ればズボンの折り目が消えてしまったり、イスに寄りかかれば背中にしわができたりするもの。週に数回しか着ない場合でも定期的にアイロンかけをしたり、ブラシをかけておきましょう。特に飲み会でうっかり食べ物をこぼしてしまったような場合でも、すぐに汚れを拭き取ったりクリーニングに出すなど、次に着るときまでにはキレイにしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

長く伸びたツメ、ネイルアートはダメ?
お客様に商品を出すときやおつりを渡す瞬間、お客様はあなたの手元を見るはずです。特に飲食店ではツメはきちんと手入れをして、常に清潔に保つこと。また、派手な服装が合わない教育系のバイトなどでも、ネイルアートは控えた方が無難。

▲このカテゴリーのトップへ

常にキレイな靴下を!
引越など、大型の家具などを運ぶ配送業の場合、お客様の家に上がることもしばしば。特に、新生活が始まるキレイな家に、汚い靴下で上がられると不快に思われることも。靴下はキレイなものを履くように心掛けよう!

▲このカテゴリーのトップへ

制服はこまめに洗うこと!
たとえばおいしいと評判のパン屋さん。パンのいい香がする店内でプーンと汗臭い匂いが・・・・・・。本人は気づいていないけど、エプロンや制服などが汗臭いことはありませんか?一気にパンの味が変わってしまうような気がします。 毎日洗濯しにくいのは分かりますが、屋内でのデスクワークでも意外と汗をかいているものです。特に飲食業の制服はこまめに洗濯をして清潔に保つことを心がけましょう!

▲このカテゴリーのトップへ

お客様に見えないから、エプロン汚いままでいいかな・・・・・・は×!!!
キッチンスタッフでお客様と接する機会が少ないとしても、忙しいときにはホールスタッフのサポートでお客様の目に触れることもあるかもしれません。食品を扱うだけに、いつもキレイな服装を心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

ミュールでオフィスに出勤はNG
ミュールは、オフィスでは、階段や廊下などかたい床の上を歩く時にかかとの音が響いてうるさく、不向きです。オフィスでのお仕事では、パンプスや、ストラップのあるサンダルを選びましょう。仕事に集中していたり電話中の人にとっては耳障りなものです。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスにジーンスはNG
オフィスでのジーンズは、カジュアルすぎてビジネス向きとはいえません。ジーンズ以外の素材の洋服を選ぶのが無難です。もちろん、バイト先で特に決まりがない場合はその規則に従えばOK。ただ、あくまで仕事の場なので華美な服装は避けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

真夏の営業に、冬物スーツはオカシイ!
毎日スーツを着る人ならば、数着持っていて、しかも夏は裏地がない風通しのよいものや冬は厚手のものなどそろえているかもしれません。 でもバイトで週に1,2回程度しか着ないのに、安くはないスーツを何着もそろえるのは大変。でも、真夏にごわごわしたの厚手のスーツを着て汗をびっしょりかくようでは、お客様は不愉快なもの。せっかくネクタイを締めてシャキッとしようとしたのに、むしろ逆効果です。季節を考えた服装を心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスのエアコン、服装で対応しましょう。
エコ、エコ、エコと叫ばれる昨今、オフィスやお店のエアコン設定温度を夏は高めに、冬は低めに設定するところも増えてきています。オフィス系のシゴトで長時間室内にいる場合は寒さ・暑さ対策を忘れずに! 健康管理に気をつけて風邪を引かないことも働く上では重要なこと。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事の前の食事に注意!
「エステサロンで過ごす至福のとき・・・でもさっきからおかしいぞ。店員さんの口からニンニクの臭いが・・・!!」そうです。こういったお客様と長時間にわたり密なコミュニケーションをとる必要のあるバイトや短時間でも接客バイトなど、直前の食べ物に気をつけよう。にら、玉ねぎ、ニンニクなど、バイト前には控えた方が無難。前日の飲み会の二日酔いで・・・なんてこともあるので、お口のケアをしっかりしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスでは脱帽、がキホンです
お気に入りのオシャレな帽子をずっとかぶっていたい…そんな気持ちは分かるけれど、オフィス(室内)では脱帽がキホン。帽子を被ったままの挨拶は、失礼にあたります。きちんと守りましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

髪型自由といわれたらどする?
「髪形自由」とするバイト先も多いと思います。自由といえども、お店の雰囲気やお客様によってふさわしい髪型があります。ド派手な装飾をした髪型で飲食店に立てば清潔感に欠けると思われるおそれがあるし、年配のお客様が多いお店では違和感があります。

▲このカテゴリーのトップへ

接客でもキッチンでも、仕事中は髪を触らないこと!
頭をボリボリかきながら、「ラーメンお待たせしました~!」なんて、お客さまへの直接的な接客はもってのほか。裏方のキッチンでも、髪をかき上げたり手ぐしで整えるのはNG。お客様の目にはきちんと接客をしてくれないという印象を与えてしまうし、何よりも不潔。裏方であっても料理に髪の毛が入ってしまったらタイヘンです。気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

暑いときは汗だくにならないように!
引越しや宅配などの力仕事はもちろん、サンプリングや店頭での携帯電話の販売など直射日光に当たるシゴトの場合、汗を流したりぽたぽたたらしたりすると、お客様に不愉快な思いをさせてしまいます。きちんとタオルやハンカチを携帯したり、デオドラントスプレーを使うなど、事前に汗、ニオイ対策をしておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスワークはスーツが基本
バイト先によってある程度服装は決められています。オフィス勤務の場合男女ともスーツが基本である場合が多い。内勤営業や経理などの仕事でも、急な来客の応対、お客様へのお詫びにうかがうことが求められることもあります。そんなときTシャツにジーンズじゃいけません!スーツでなくてよくても、せめてジャケットぐらいは用意しておくと安心です。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先での靴、汚れていませんか?
飲食のバイトであれ、アパレルのバイトであれ、汚れた靴やスニーカー、履いていませんか。また、よく見るとかかとが完全に擦り減ってしまい、左右高さの違う靴やハイヒール。どんなにファッションが決まっていても、これではだらしない印象しか残りません。きちんと修理をして手入れをしたいものです。 髪型やメイクだけではなく、靴もチェックしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

花粉症の季節。アレルギーなんだけど、アルバイト大丈夫?
アレルギー、苦しいですよね。薬の中には、眠くなる飲み薬などが多いので、処方してもらうときや薬局で購入するときに必ず確認しましょう。特に、車やバイクの運転が必要な配送や営業のバイトでは、眠気を催す飲み薬は避けたほうがよいかもしれません。 比較的眠くならないものが、スプレータイプの外用薬です。効き目も早く、いきなり起った発作でも比較的直ぐに対応できます。 購入するときには、自分の症状や体調を相談してから、体にあったものを選んでください。

▲このカテゴリーのトップへ

流行りのオシャレな長靴、これなら職場に履いていってもOK?
最近、色もデザインもいろいろな、オシャレな長靴がよく売られています。雨が降っていなくても、フラリ長靴でお出かけしたい気分。でも、やっぱり長靴は長靴。 屋外や水仕事など、長靴が必要な職場ならともかく、たとえばオフィスや接客のバイトの場合、職場にふさわしいかどうか考えてみましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先までの途中、電車の中でお化粧してもよい?
化粧をしている本人は、恥ずかしくないようですが、周りからみると奇妙な光景です。結構周りの人は、メイクの一部始終を観察してしまうものです。 またバイト仲間の女の子の顔がメイクで完成するまでの様子を、最初から最後まで見てしまった同僚の気分を想像してみましょう。 バイトに行くときには準備する時間もしっかり確保して、メイクもきちんと家で済ませましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

髪型自由の飲食店。長い髪はこのままでもOK?
飲食店では、料理はもちろんお店の雰囲気も楽しみたいものです。相手に不快感を与えるおそれのある格好は極力慎みましょう。髪型自由でも、仕事中はゴムで縛って整えるなどの配慮は必要です。ぼさぼさだったり、頻繁に髪をかきあげたりするとお客様に不快感を与えてしまうおそれがありますので、注意をしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

結婚式場でのアルバイト、髪型にも気をつけて
ブライダルのアルバイト。フォーマルな場での仕事ですから、身だしなみに関する規則が定められていることが多いでしょう。制服と違って人それぞれ個性が出る髪型には気をつけましょう。清潔感のある髪型はもちろん、金髪などはNG。あなたの仕事が音響担当などで裏方メインであっても会場に出入りしたり廊下でお客様とすれ違う可能性がないとはいえません。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事中のカラーコンタクト、大丈夫?
カラーコンタクトは派手な髪型や髪色、目立つデザインの洋服とは違い、目立ちにくいのは事実。でも接客の場合はお客様と目を合わせることもよくあるでしょう。勤務先でハデな服装やメイクを控えるように決められている場合は控えた方が無難。

▲このカテゴリーのトップへ

出勤通路が、お客様と共有の場合
スタッフ専用の裏口・通路がなく、お客様がいる販売スペースを横切って、出勤するお店の場合、勤務開始前でもお店の人と見られていることを忘れずに。 着替えて接客を始めたときからではなく、常にお客様にマイナスの印象を与えないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

飲食系必須!こまめに、丁寧に手を洗うこと。
鳥インフルエンザに、SARS、ノロウィルスと毎年のように新しい病原菌が流行しニュースになってしまう昨今。これらを予防するには、どうすればいいのか。ひとたびこれらの病原菌が疑われると保健所やお店丸ごと巻き込んだ大騒ぎになります。トラブルを防ぐためにまずできることは、こまめに手を洗うこと。殺菌効果のある石鹸なら、手についたばい菌の大部分を取り除くことができます。

▲このカテゴリーのトップへ

気配り・ルール小さなことかもしれないけど、心遣いが大事です!

電話は率先してとろう!電話は率先してとろう!
みんなが仕事をしている時に電話で話をするのは最初はなかなか勇気がいるもの。でも、慣れてしまえば大丈夫。慣れるためにドンドン電話に出よう。あと事前に予想される電話の内容や取引先名称なども事前に聞いておくとベター。

▲このカテゴリーのトップへ

あいさつはメールじゃダメですか?
無言で出社する新人のバイトスタッフにセンパイ社員が「挨拶ぐらいしようよ」と言ったところ「メールであいさつではだめですか?」とメールが送られてきたという、笑えないエピソード。仕事でメールを使うことが多くても、毎朝あいさつぐらいは率先してしましょう。あいさつは社内の意思疎通をキッチリ図るための基本。あいさつがキチンと出来れば、お客様の応対もバッチリ出来ちゃう、一石二鳥!

▲このカテゴリーのトップへ

打ち合わせの時には必ずメモを持参!
打ち合わせに参加する時には必ずメモを持っていこう。その場で聞いただけでは、細かい指示を忘れてしまい、もう一度同じことを聞きなおすことになってしまいます。何か指示を受けるときや電話対応をするときなど、口頭で何かを聞くときにはメモをする習慣をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お金をもらって働く、という自覚を持とう
初めてのアルバイト。なんだか、家の手伝いの延長のような気がしてしまったり…。お金をもらう以上は、価値を生み出すプロフェッショナルであるという自覚を持ちましょう。バイトであろうと、社員であろうと、外部から見れは、同じ会社の一員。しっかり働く人としての自覚を持とう。「バイトだから」という言い訳は通用しません。

▲このカテゴリーのトップへ

インフルエンザにかかってしまった!でも、最近「ちょくちょく休みすぎだ」と注意されたばかりだし
アルバイトを急に休むのは勇気が入ります。「今日は忙しい日なんだよね」とか「同僚が休むからって任されたんだ」…。責任感の強いあなたならなおさらのこと。 でも、インフルエンザなど他人に伝染する可能性がある病気にかかってしまったときには、事情を正しく伝えて家で待機しましょう。「それでも来い」ということはないでしょう。「ちょっとした風邪ですよ」なんて口にしたあまり、バイトに出勤し続けて、仲間にうつしてしまったほうがよっぽど気まずい思いをしますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

上司と食事に行く!テーブルでタバコを吸ってもOK?
まずは、上司がタバコを吸う場合。上司のテーブルに灰皿があるかどうかチェックしましょう。なければ、用意して上司がタバコを吸ったあとに、一言承諾を得てタバコを吸いましょう。 また、上司がタバコを吸わない場合は、本来吸わないほうが賢明でしょう。ただし、どうしても我慢できない場合には、「タバコを吸ってもよいでしょうか」とひとこと確認するか、お店の外で1本吸って戻ってくるようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

数分の電車の遅れは、遅刻と認められない。
電車やバスでバイトに行く場合、気になるのがダイヤの遅れ。30分、1時間も事故などによって運行が停止している場合は仕方ないとしても、数分遅れた程度では遅刻とはならないと肝に銘じること。 バイト開始直前に仕事場に着くのでは準備ができないし、数分の遅れでも同僚にもお客様にも迷惑をかけてしまう。なお、遅れる場合はすぐに電話で連絡をするようにしよう。

▲このカテゴリーのトップへ

コピー機の調子が悪い…
コピー機、シュレッダーや冷蔵庫などなど、バイト先のみんなが使う機器が故障してしまったとき。不具合が生じている時に担当者が決められていればよいのですが、もし上司や先輩が仕事を中断してコピー機に詰まった紙を取り出そうとしたり、トナーの交換をしようとしているようなときには「私が代わりに対応します」と積極的に引き受けるようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

急な買い物が出てきたら…
飲食店でのアルバイトで「材料やお酒が足りない」、オフィスバイトで「文具がなくなった」…。そんなときの買出しには、率先して出かけるようにしましょう。店長や上司に行かせるのは言語道断。彼らが持ち場を離れてしまったときに大事な電話がかかってきたり大切なお客様が訪問するようなこともあるかもしれません。何をどれだけ買ってくるか、ちゃんとメモをして出かけよう。なお、買い物の際には領収書を忘れずに。

▲このカテゴリーのトップへ

給湯室のポット。お茶を入れようとしたらお湯が切れていた!
休憩中に、お茶を飲もうと思ってポットからお湯を注ごうとしたら、空っぽだったとき。 そんなとき、お茶を飲むことをあきらめてそのまま席に戻ってしまった、なんてことありませんか!?誰かが沸かさないとみんながお湯を使えなくなってしまいます。次に使う人のためにも、気付いた時点でお湯を用意しておきましょう。 もちろん、ポットのお湯が完全になくなったときだけではなく、あなたが使ってなくなってしまったら注ぎ足しておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事中のいざと言うときの連絡先を確認しておこう
コピー機が壊れたり、パソコンの調子が悪くなったり…いろいろと自分で手を尽くしてみたもののどうにも上手く動いてくれないこと、ありますよね。そんなとき直ぐに連絡できるメーカーの担当者や、社内の担当者などの連絡先を押さえておくと便利です。 コピー機に連絡先を貼り付けておいたり、電話のすぐ近くに連絡先の一覧を用意しておくなど、できるだけ早く対応できるように準備をしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

おつかいで届ける書類はのぞかない、なくさない、汚さない!
取引先への請求書や、急な書類の届け物など、会社の書類は外部に漏らしてはいけない機密事項のかたまりです。いくら自分の勤め先のものだといっても、電車の中で取り出してのぞき込むようなことはしないように注意しよう。また、カバンの中で折れてしまった、雨で濡れてしまったということもあってはならないこと。外で、ごそごそ書類をいじっていたら、気がついたら1枚足りない!なんてことも。普段の仕事で届けものの仕事がよくある場合には、大きめのカバンや紙袋を準備しておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

ゴミが落ちているのを見かけたら直ぐに行動!
オフィスやお店でも、床にゴミが落ちていることはよくあるはずです。オフィスなら使用済みの付箋やクリップ、ファミレスやファーストフードなら、ナプキンやおしぼりの袋など。オフィスによくあるクリップの落し物も、小さくてもきっちり管理をしなければいけないし、バイト先以外のお客様が出入りするお店にゴミが落ちていると、後から来たお客様が不快な思いをすることも。気付いたらきちんと拾っておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイトをやめるとき、会社のものと自分のものはキッチリ区別すること
バイトをやめるとき、会社のものはキチンと返却しよう。オフィス系のバイトならペンや消しゴムなどの文具、フード系でも制服など。また、従業員だけに配られる社外秘のマニュアルや従業員割引証などがあったら、忘れずに返却を。 また、逆に私物を持ち帰ることも忘れずに。控え室のロッカーや机の中など、あなたがやめた後に別のスタッフが使います。残された同僚が困らないように処分をするかキチンと持ち帰ろう。給湯室にあなたのマグカップが残されていないか、冷蔵庫に飲みかけのジュースを忘れていないかなども忘れずにチェック!

▲このカテゴリーのトップへ

工事や建築現場、使用した道具は、最後に全部確認をしよう
朝、工事現場につくと小さな工具を用意することはもちろん、工作機械を使うために電気を引いたり、様々な材料や塗料、薬品などを現場に次々と配置するでしょう。ただ、1日終わるときには一つも残さずに整理して帰らなければいけません。小さな工具でも凶器になったり、塗料や薬剤は飲み込んでしまうと有害な場合もあります。現場責任者が最終チェックをするなどの決まりがあると思いますが、バイトのあなたも終わったからといっていそいそと帰り支度を始めずに、整理・確認作業を手伝うように心掛けよう。

▲このカテゴリーのトップへ

出版関係必見。どうしてもお客様との約束の時間までに間に合わない。こんなときの対応は?
とくに編集やデザインなどの仕事の現場では、締め切りに間に合わなくばたばたとする場合が多い。もし締め切り時間を過ぎてしまうのであれば、「間に合わない」とわかった段階で、関係者にはできるだけ早く伝えるようにしましょう。「すみません、お約束時間の午後3時を回りましたが、あと30分ほどで終わります!!」などと約束時間を過ぎてから連絡するなんてもってのほか。

▲このカテゴリーのトップへ

在宅のオシゴト、ミスなく、納期は厳守!
はがきの宛名書き、出版物の校正作業など、自分のスキルを生かしながら、自宅で、好きな時間配分でできる仕事の場合、自分自身のコントロールが重要です。 在宅のオシゴトは対面のシゴトと違って、あなたへの評価は出来上がったものと納期を守れるのかが大切です。同じ間違いを繰り返したり、毎回納期を過ぎてしまうようだと、仕事が回ってこないことも大いにありえる話。とくにPCを使う仕事の場合、万が一PCが故障をしたときのためにデータを定期的にハードディスク以外に保存しておくと安心です。

▲このカテゴリーのトップへ

受かる履歴書のキホン!
履歴書を書くには、ルールがあります。ウソをつかないことは当たり前ですが、そのほか黒のボールペン、もしくは万年筆でキレイに書くこと。文字を間違えたら新しい用紙に書き直しましょう。文字が上手、下手は関係ありません。丁寧に書けば、その人となりが伝わるものです。ゆっくり、丁寧に書き上げましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

履歴書の写真は3ヶ月以内のものを使おう
1年以上前の写真を提出して「あれ!?随分と印象が違うなあ」とか「昔に撮った写真を使いまわしているんだろう」などと思わぬところで印象を悪くしては、元も子もありません。キチンと最近撮影した写真を使うように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

採用の別れ道!面接でのマナー
会社側にしてみれば、少ない時間で少ない情報を元に採用しなければいけない。ほとんどのアルバイトが面接は1回だけです。なるべく第一印象がいいように、服装、髪型、表情などに気を配り、少ないチャンスで自分を最大限アピールできるように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

やってはいけないちょっとしたことでもバイト先やお客様にはマイナス印象!

受け取ったメールの転送には気をつけて!
基本的にもらったメールを別の人に転送するのはNGです。ただ、担当者が自分でない場合や、内容に差しさわりのない業務のお願いであれば、元々の発信者もCCに入れて転送しましょう。ちょっとしたプライベートの内容や、「この人、こんなこと言ってました!」的なメールの転送はマナー違反。大きなトラブルに発展しかねません。メールの転送にはくれぐれも気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

インターネットでこっそり調べ物
デスクワークになるとネットにつないでお気に入りのサイトを見たり、メールを送ったりしたくなるもの・・・。でもあくまで仕事中。社会人としてプライベートとキッチリ分けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

インターネットでショッピングは家でしよう。
バイトが忙しいと、なかなかお買い物にいけない。そんな時、ネットショッピング便利ですよね。でも、仕事中、いくら手が空いても就業時間中には個人的なネットショッピングはNG。どうしても必要であれば、家に帰ってからするようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

私用携帯で友達にメール!?バイト中は厳禁です。
仕事時間、ちょっと手があくと、電話はできないけど、メールで友達に「元気~?今日はバイトなの!」なんて連絡をしている人いませんか。あくまでも仕事中の個人的なメールは控えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

週末行くレストラン割引券をプリントアウト♪もダメ!
昼休みに、ぼんやりネットを見ていたら、週末食事に行く予定のレストランの割引券発見!「家にはPCもプリンタもないし・・・1ページくらいなら」というのもダメです。あくまでPCもプリンタも会社のものです。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先のパソコンでフリーメールの使用はいけません。
家にパソコンがないから、バイト先のパソコンでフリーメールを…なんて人いませんか?会社のPCは仕事のために使うものです。私用で使うこと避けましょう。また、余計なウィルスに感染してしまう危険性もあります。「仕事時間中、仕事場にはプライベートを持ち込まない」ことが原則です!

▲このカテゴリーのトップへ

会社のパソコン。お気に入りに私用のサイトを登録しないこと
会社のパソコンはあくまでも会社のパソコン。検索サイトのトップ画面ならともかく、お気に入りに私用のサイトを登録するのはやめよう。ましてやパソコンが共有の場合は、要注意!

▲このカテゴリーのトップへ

仕事中にジブンの携帯電話や携帯メールは使わないこと
できれば控え室のロッカーなどに入れておくのがよいけれども、もしポケットに入れておく場合でもマナーモードにする程度の配慮は必要です。 また、お客様の少ない時間帯であっても、仕事中にプライベートな携帯の使用はダメ。もちろん、家族の健康など重要な用件で電話があることが予想されるときには、仕事中に私用電話があるかもしれないということを事前に上司にひとこと断っておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

無言電話禁止!
お客様に電話をかけると、留守番電話だったので、そのまま受話器を置いた。。。これ、NGです!1回目の電話では、必ず会社名と名前を名乗り、「後ほどかけ直させていただきます」と伝言を残しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

「オレ、バイトなんでわからないんですけど」は社外には通用しません!
そもそも「オレ」とか、「なんですけど」という言葉遣い自体が適当ではありません。 しかし、今回最も問題なのは、「自分はバイトである=正社員のスタッフとは違う」という軽い意識です。お客様からすれば「お店の人」ということで区別はできません。もしもお客様の問い合わせに自分では判断できない、わからない場合は、「担当のものが状況を把握しておりますので、お待ちください」と断った上で、店長や先輩など、対応ができる人を呼んでこよう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様から「オタクの●●さんの携帯番号を教えて」と言われた場合。
まずば携帯を持っている同僚に番号を教えても良いかどうか、確認する必要があります。本人に無断で教えてはいけません。できれば、本人からお客様にお電話をするように対応しよう。そんなときは、 「本人から連絡させますので、お客様のお名前とお電話番号をうかがえますか」 のように対応すればよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間の電話番号、別の友達に教えてもいいの?
たとえば、バイト先の飲み会で「あの大学生のアルバイト、●●さんの携帯番号教えてくれよ」と頼まれる場合。たとえ電話番号を知っていても、本人の了解を取らずに勝手に伝えてはいけません。「同じ職場ならいいだろう」と軽い気持ちで、他人の個人情報を教えてはいけません。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先を変えたい。時間が無いから、今のバイト先から応募の電話してもいい?
ダメです。自分の携帯電話でしかもオフィスの外から電話しましょう。かつ、勤務時間中はNGです。お世話になっている人の前で新しいバイト先を探すなど言語道断!失礼にあたります。

▲このカテゴリーのトップへ

勝手に休憩しないこと
「お客様も来ないし、どうしよう。暇だなぁ…」なんて時ありますよね。こんなとき休憩を取りたいものですが、気をつけたいのは一言上司に報告しておくこと。急にお客様が来ることもあるりますから「あれ、どこに行っているんだろう??」なんて事にならないように! そもそもバイト時間中だということも忘れずに。

▲このカテゴリーのトップへ

接客系では、休憩時間のタバコも慎みたい。
仕事の合間の一服、美味しいのはわかります。ただ、接客系では、そのタバコの臭いが致命傷になることがあります。レストランはもちろん、パン屋さん、ブティック、休憩時間のタバコの臭いが洋服や髪にしみこんで、料理やお店の雰囲気を台無しにしてしまうことも。接客をする場合にはできるだけタバコは慎みましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様の忘れ物、「あ、この傘いいかも」。でもジブンのものじゃない!
お客様がつい携帯電話やコート、傘などを忘れて帰ってしまうことはよくあること。中には高価なものもあるでしょうし、あなたが気にいったものがあるかもしれません。でも、忘れ物に気付いたら必ず店長や上司に報告し、きちんとお客様の手に戻るようにしておこう。うっかり傘を忘れた日に雨が降って、お客さまの傘を拝借・・・・・・なんてことがないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

居眠り厳禁!!
とくにオフィスワークで、シゴトが一段楽したランチ後なんか、ついうとうと・・・。気持ちはよ~くわかります。でも、いくら手が空いたといっても仕事中。時給をもらって働いているわけですから、手持ち無沙汰になっても、立派な仕事時間中。サボっちゃダメ!

▲このカテゴリーのトップへ

お客様の前で後輩をしからないこと
たとえばお客様来店時、後輩が「いらっしゃませ」の声に元気がないとしたら。ついひとこといいたくなる気持ち、分かります。 ミスをしたらできるだけ早く指導してあげるのは先輩の役割。でもお客様の前で大きな声でしかるのはダメ。和やかな雰囲気が一瞬にして固まってしまい、お客様も暗い気分になってしまいます。また、しかられた後輩も急に元気がなくなって、仕事に集中できなくなるかもしれません。お客様がいるその場は先輩のあなたが率先してあいさつをしてやり過ごそう。そのあと、休憩中や控え室などで、後輩に注意をするなどしましょう。あくまでもお客様が気持ちよく過ごせる空間を提供することに徹しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

財布もケータイも忘れた。「取りに帰るので、遅刻します!」に気をつけて!
何から何まで忘れてしまったがために、電車にも乗れずアルバイト先に出社できないようでは困りもの。 でも、仕事は友達と遊びに行く場合と同じ感覚では失格です。財布や名刺入れなどシゴトで必要なアイテムは忘れないように出かける前にチェックするクセをつけよう。体調が急に悪くなったり、電車が遅れるなど、やむを得ない理由で遅れることはありうる話ですが、注意を払えばあらかじめ防げる理由で仕事に遅れることのないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様が途切れた瞬間、バイト仲間と雑談!?
アパレルや雑貨のお店など、バイト中にお客様の足が途絶える瞬間はあるもの。そんなとき、ついレジカウンターの中でバイト仲間とおしゃべりをしてしまうことも…。でもお客様がいつお店に来るかわかりません。お客様がいないときでも商品のレイアウトやプライスカードがOKかどうか、ホコリやゴミが落ちていないかなど、お客様がいないと気にできる仕事を自分から探して取り組むことも大事。

▲このカテゴリーのトップへ

ちょっとしたスキマ時間こそ、気をつけて!
お店で少し時間が空いたとき、つい手持ち無沙汰になります。そんなとき壁に寄りかかって腕組みをしたり、イスに座り込んだりしてはいけません。接客をしていないときもあくまで仕事時間中。ふとやってくるお客様や、お店の前を通り過ぎるお客様に「何しているのかしら」などと思われることはしないこと!

▲このカテゴリーのトップへ

販売の接客中のどが渇いたから、飲み物を飲みたい!
販売などのアルバイト中、どうしても喉が渇いてしまうってことありますよね。ここで大切なのは、お客様の前で飲み物を口にしないこと。ましてや立ち飲みなんて絶対にNG。お店のイメージダウンにつながるおそれがあります。 飲み物を口にするときには、お客様の目の届かない場所に移動する必要があります。それぞれの職場に決まりごとがあるかと思いますので、前もって確認しておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

アルバイトを辞める同僚へお花をプレゼント。さて、このときのお花は?
一緒に頑張った仲間へ、お別れに季節の花を取り入れたブーケをプレゼント。ステキな最後の一日になりそうですね。 さて、この花束に入れてはいけないお花があります。それは「菊」。普段お仏花などに使われますが、こういったおめでたい意味をこめた花束には、菊を使わないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

入院したアルバイト仲間にお花のお見舞い。このときはどんなお花を選ぶ?
お仏花に使われる菊はもちろんダメ。お見舞いに使ってはいけません。また、花瓶のお水のやり変えなど、体調の悪い人にとっては負担です。もしかすると、病室に花瓶も無いかもしれません。また、大きな花や花瓶が治療の邪魔になるようではいけません。 そこで便利なのがフラワーアレンジメント。お水を頻繁にあげなくとも、花瓶を用意する必要もありません。 プロにアレンジしてもらって、お部屋に置くだけで、華やか!きっと喜んでもらえます。

▲このカテゴリーのトップへ

「トイレ行って来ま~す」なんて、食事中のお客様の前で言ってない!?
お手洗いや、急ぎの私用で職場から離れるとき、同僚にひと声掛けてから…というのはキホンです。でも、「トイレに行ってきます」という何気ないひとことが飲食店では食事中のお客様に聞こえるのは、お客様にとっては気持ちのいいものではありません。小さい声で同僚に伝えるか、「3番行って来ま~す」のように、スタッフどうしでわかる暗号のようなものがあればいいですね。

▲このカテゴリーのトップへ

旅行会社でのカウンター業務。チケットの手配漏れを自宅に御連絡、コレ大丈夫?
お客様の中には旅行に行くことを家族には話さずに、友人と旅行に行かれる方も。連絡は、自宅ではなく、携帯にするようにしましょう。親切のつもりで、会社や自宅に御連絡したところ、思わぬトラブルになった事例もあります。受付の時に「連絡可能な電話番号」をあらかじめ確認しておくといいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

ビラ配りのアルバイト。なかなか受け取ってもらえず、山ほど手元に残ったらどうする?
ティッシュなら使い道があるからという理由で喜んで受け取ってくれる人もいるものの、ビラになるとなかなか受け取ってくれる人がいない場合も。 手元には配らなければいけないビラが山ほど残っている・・・。そうなるとつい「まとめて渡しちゃえ」、なんて気持ちになるかもしれません。でも、これは絶対にダメです。 ビラを配る仕事は「ひとりでも多くの人に、お店やそのサービスを知ってもらい来店してもらうこと」が大事。同じ人3枚渡して捨てられてしまったら…。お店の一員として働いているという意識を持ってキッチリ仕事をこなそう。

▲このカテゴリーのトップへ

スーパーやコンビニのレジ。袋に入れる順番を考えながらお会計!
食料品、洗剤、雑誌にアイス。何でも売ってるコンビニやスーパー。特に、コンビにでは店員のあなたが袋詰めをすることになります。そんなとき、つぶれたり型崩れをしやすいパンやフルーツを下に入れて、その上に牛乳パックを入れるようなことはしないように気をつけましょう。また、温めたお弁当とアイスクリームは別々の袋に入れる配慮も必要です。 スーパーでもお客様がどのような袋詰めをするのか考えながら、渡すビニール袋の数を考えよう。たとえば洗剤とお刺身を同じ袋にいれられたら、ちょっと嫌ですよね!

▲このカテゴリーのトップへ

アパレル店でのアルバイト。他店の洋服着て行ってもいいの?
基本的には働くお店の洋服がいいでしょう。とはいえ、初めてなら全て勤務先の洋服にそろえるのも金銭的に厳しいもの。どこのブランドか分からないようなものならばいいのか、それとも少ないながらも購入して着まわすのかなど工夫をするとよいでしょう。バイトを始める前に店長などに確認をするとよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

郵便配達のアルバイトで気をつけるべきこと
配達先の場所がわからない家は、わかるまで調べてお届けしよう。適当に「この辺りかな?」なんてお届けしてしまうのは、言語道断。郵便物にはあて先人に開封してもらいたい親展書類などもあるので、「ここだろう」なんてとんでもない!繁忙期である、年賀状なども、配達先をミスしないように細心の注意を払おう。

▲このカテゴリーのトップへ

商品搬入…お客様の動きを妨げないように気をつけよう
スーパーやアパレルでは、たくさんの商品の補充や陳列をキレイにするために、商品を選ぶお客様の動線をスタッフが横切ることもあります。 もしあなたが商品を抱えて通路を通る時、お客様が反対側から歩いてきたら、必ず道を譲るように心がけましょう。もしお客様が道を空けてくれた場合には「申し訳ありません。ありがとうございます!」とハッキリと御礼を言いましょう。目配りしないでお客様にぶつかってしまうようなことがあってはいけません!

▲このカテゴリーのトップへ

得意先に書類を出す時に、別の得意先の封筒を使わない!
書類のやり取りが多い場合、つい手元にある封筒を何度も使用することもあるかもしれない。でも、A社に書類を届ける時にB社の封筒を使うのはNG。もしかしたら両社がライバル会社だったりするようなケースも考えられます。それに、そもそもしわがついていたりテープやのりの跡がついたような封筒を使うのは相手に失礼に当たります。 外部に届ける際には、使い回しをせず、自分の会社から送る書類は自分の会社の封筒を使うのが安全です。

▲このカテゴリーのトップへ

マンションのモデルルーム案内。イメージを大切にしていることを理解しておこう。
春の日差しが気持ちい午後、もし駅前でモデルルームの案内看板を持ったまま立っていたら…。ウトウト眠たくなってしまうこともあるでしょうが、ここはぐっと我慢。お客様は大きな買い物をする前の緊張感を持っていたり、新しい生活に思いを馳せていたりと心境は様々。いずれにしてもあなたが持つ看板は重要なイメージを作り出すものに違いありません。イメージだって、不動産の付加価値です!動いたり話したりすることが少ない仕事でも、重要な役割を担っていることを忘れずに。

▲このカテゴリーのトップへ

プールの監視員。絶対してはいけないことは何?
照りつける太陽でくたびれてしまってつい居眠り…。たしかに、長い時間座って見ているだけのような気がします。変化が少ないように思われる仕事ですが、常に隅々まで見渡して、どんな人が、どんなことをしているかチェックしておかなければいけません。 アナタが目を離した、たった数秒の間に大惨事が起こることを念頭に入れておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

帰りの電車の中でお酒を飲まない
体を動かすアルバイト。一刻も早く冷たいビールで喉を潤したい!暑い夏なら、こう思うことは多々ありますよね。でも電車の中での飲酒はやめましょう。電車の中で飲食をすること自体、避ける必要があるでしょう。また、お酒のニオイも他の人にとっては気になるものです。アルコールは、飲食店や自宅に帰ってからゆっくり楽しみましょう。

▲このカテゴリーのトップへ


★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報