アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > 常識&トラブル対処法 > 職種・シチュエーションから探す

バイトするなら知っておきたい 常識&トラブル対処法

職種から探す

いつも笑顔で気持ちよく。お客様と接する仕事 接客系

ポスティング、宅配・配送、バイク便、フードデリバリー、交通量調査

警備・ビル管理、梱包、工場、土木・工事など…

常識

キホン初めてのバイトでも、このくらいはおさえておこう!

お金をもらって働く、という自覚を持とう
初めてのアルバイト。なんだか、家の手伝いの延長のような気がしてしまったり…。お金をもらう以上は、価値を生み出すプロフェッショナルであるという自覚を持ちましょう。バイトであろうと、社員であろうと、外部から見れは、同じ会社の一員。しっかり働く人としての自覚を持とう。「バイトだから」という言い訳は通用しません。

▲このカテゴリーのトップへ

バイトをやめるとき、会社のものと自分のものはキッチリ区別すること
バイトをやめるとき、会社のものはキチンと返却しよう。オフィス系のバイトならペンや消しゴムなどの文具、フード系でも制服など。また、従業員だけに配られる社外秘のマニュアルや従業員割引証などがあったら、忘れずに返却を。 また、逆に私物を持ち帰ることも忘れずに。控え室のロッカーや机の中など、あなたがやめた後に別のスタッフが使います。残された同僚が困らないように処分をするかキチンと持ち帰ろう。給湯室にあなたのマグカップが残されていないか、冷蔵庫に飲みかけのジュースを忘れていないかなども忘れずにチェック!

▲このカテゴリーのトップへ

工事や建築現場、使用した道具は、最後に全部確認をしよう
朝、工事現場につくと小さな工具を用意することはもちろん、工作機械を使うために電気を引いたり、様々な材料や塗料、薬品などを現場に次々と配置するでしょう。ただ、1日終わるときには一つも残さずに整理して帰らなければいけません。小さな工具でも凶器になったり、塗料や薬剤は飲み込んでしまうと有害な場合もあります。現場責任者が最終チェックをするなどの決まりがあると思いますが、バイトのあなたも終わったからといっていそいそと帰り支度を始めずに、整理・確認作業を手伝うように心掛けよう。

▲このカテゴリーのトップへ

勝手に休憩しないこと
「お客様も来ないし、どうしよう。暇だなぁ…」なんて時ありますよね。こんなとき休憩を取りたいものですが、気をつけたいのは一言上司に報告しておくこと。急にお客様が来ることもあるりますから「あれ、どこに行っているんだろう??」なんて事にならないように! そもそもバイト時間中だということも忘れずに。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間の電話番号、別の友達に教えてもいいの?
たとえば、バイト先の飲み会で「あの大学生のアルバイト、●●さんの携帯番号教えてくれよ」と頼まれる場合。たとえ電話番号を知っていても、本人の了解を取らずに勝手に伝えてはいけません。「同じ職場ならいいだろう」と軽い気持ちで、他人の個人情報を教えてはいけません。

▲このカテゴリーのトップへ

私用携帯で友達にメール!?バイト中は厳禁です。
仕事時間、ちょっと手があくと、電話はできないけど、メールで友達に「元気~?今日はバイトなの!」なんて連絡をしている人いませんか。あくまでも仕事中の個人的なメールは控えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

郵便配達のアルバイトで気をつけるべきこと
配達先の場所がわからない家は、わかるまで調べてお届けしよう。適当に「この辺りかな?」なんてお届けしてしまうのは、言語道断。郵便物にはあて先人に開封してもらいたい親展書類などもあるので、「ここだろう」なんてとんでもない!繁忙期である、年賀状なども、配達先をミスしないように細心の注意を払おう。

▲このカテゴリーのトップへ

途中で携帯電話が切れちゃった!
携帯電話で対応中、電波状況が悪くて電話が切れちゃった場合、すぐにかけなおしましょう。その際「先ほどは電話が切れてしまいまして、失礼いたしました」の一言から通話を再開させればOK。

▲このカテゴリーのトップへ

女の子の少ないバイト先でのマナー
モテ過ぎて困る!!なんてぜいたくな悩みが出てくるのも、女性の少ない職場特有の悩み。食事に誘われても、「同僚だから食事に誘ってもらっているんだ」と軽く受け止めて、「これをキッカケに…」などと過剰反応することはありません。だたし、なにかと目立ちやすいので、周りの人に誤解を与えないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

「取り扱い注意」じゃない荷物も丁寧に!
配達や梱包作業では、割れ物の取り扱いには万全の注意が必要。箱には「取り扱い注意」を促すシールがはられているケースもある。でも、取り扱い注意といわれていないからといってぞんざいに扱っていいわけではないので注意。 また、お客様に手渡すときには両手で渡すこと。お客様にとっては大切なものが入っていることもあります。片手でぞんざいに扱われると、お客様はいい思いをしないもの。いつも相手の気持ちに立って行動しよう!

▲このカテゴリーのトップへ

現場仕事って、キツイけどその日だけ働いておわり??
たしかに短期募集の場合には季節、天候を問わずに屋外で1日中力仕事。肉体的にきつい仕事でも、継続して働いてなれてくれば、重機などの免許取得を目指すチャンスにつながるかもしれません。 短期でガッツリ、資格にも繋がっていると思えば、美味しい仕事かもしれません。

▲このカテゴリーのトップへ

引越スタッフには、丁寧さの他にスピードも求められます。
お客様の大切な家具や食器などを壊さずに運ぶことは何よりも大切なことです。チームワークよく、決められた時間内でてきぱきとこなさなければいけません。 また、配送に使う車の多くは路上に駐車することになります。路上に大きなトラックを停めることで事故を誘発しないように、運転手以外のスタッフが誘導にまわるなど、気をきかせよう。 近年はマンションやアパートなどの集合住宅が多く、搬入の際には建物に傷つけないように通路やエレベーターなどの共用施設に養生を施します。決して見栄えのいいものでもないし、他の居住者には目障りにも感じられるおそれがありますので、できるだけ短時間で終わらせるように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

引越し、配送…駐車の際には事故を誘発しないような配慮をしよう
大きな車が路肩に止まっている場合、他の車の通行を妨げたり、その影から子どもや自転車が飛び出してきて人身事故につながることもあります。また、停車をする場合はミラーをたたもう。それから、引越のように一定時間、継続して時間車を駐車する場合にはコーンを立てるなどの配慮が必要。会社でルールがあればそれに従おう。面倒だからといって決まりを守らなかったがために事故が起こってからでは遅いからです。

▲このカテゴリーのトップへ

交通量調査のアルバイト。気をつけるべきことは?
暑さ、寒さ対策をしっかりしておきましょう。慣れてくると、高速でカウントできるようになります。割と人付き合いの苦手な人でも、こなせるアルバイトです。1日調査をしていると、これからのトレンドが見えてきたり、人間観察が好きな人にとっては、もってこいのアルバイトかも。

▲このカテゴリーのトップへ

遅刻や欠勤の連絡はできるだけ早く!
電車の遅れで遅刻をしてしまう場合やカゼでどうしても休まなきゃいけない場合、当日のバイト開始時間よりも前にはわかるはず。事故で電車の運行が中止されて遅れてしまう場合でも、その場ですぐバイト先に連絡するようにしよう。バイト開始時間を過ぎてから店長から電話がかかってきた、なんてことのないように。

▲このカテゴリーのトップへ

ホテルでの客室清掃。お部屋の中で見たものは口外しない
高級ホテルでの客室清掃。ふと、机に目をやると有名人の名前が書かかれた私物が…。そういえば、ここのステージで舞台をやっているな、なんてことあるかもしれません。ホテルの部屋とは言えども、宿泊をしている間はお客様は自室のように過ごすことが多いでしょう。好きな本を持ち込んだり、体調を整えるために薬を飲んでいたり…。 こういった些細な他人の私生活を、悪気なく面白おかしく話したことが、大きなトラブルに発展しかねません。仕事上で得た他人のプライベートは口外しないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

身だしなみ普段の髪型や服装が、職場ではダメなことも。お客様には好印象を与えたい!

常にキレイな靴下を!
引越など、大型の家具などを運ぶ配送業の場合、お客様の家に上がることもしばしば。特に、新生活が始まるキレイな家に、汚い靴下で上がられると不快に思われることも。靴下はキレイなものを履くように心掛けよう!

▲このカテゴリーのトップへ

暑いときは汗だくにならないように!
引越しや宅配などの力仕事はもちろん、サンプリングや店頭での携帯電話の販売など直射日光に当たるシゴトの場合、汗を流したりぽたぽたたらしたりすると、お客様に不愉快な思いをさせてしまいます。きちんとタオルやハンカチを携帯したり、デオドラントスプレーを使うなど、事前に汗、ニオイ対策をしておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先での靴、汚れていませんか?
飲食のバイトであれ、アパレルのバイトであれ、汚れた靴やスニーカー、履いていませんか。また、よく見るとかかとが完全に擦り減ってしまい、左右高さの違う靴やハイヒール。どんなにファッションが決まっていても、これではだらしない印象しか残りません。きちんと修理をして手入れをしたいものです。 髪型やメイクだけではなく、靴もチェックしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイク便や宅配、雨で濡れた服はきちんと拭いてお届けに!
雨の日だからこそニーズの高い「フードデリバリー」や急ぎの書類を届ける「バイク便」。書類を濡らさないのは当然。それでもあなたのジャケットやズボンはびしょ濡れということもあるはずです。そんなとき、ジャケットのすそから雨が滴り落ちたままオフィスに入るのは失礼。せっかく濡らさないように運んだ大切な書類を、手渡しするその時に濡らしてしまうかも。さっとふけるように大き目のタオルを携行するなど、準備しておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

工事現場のアルバイトでドロドロに汚れてしまった!電車で帰るときどうする?
こんなときのために、シゴトが終わったら簡単に着替えられるような服を用意しておきましょう。ちょっと着替えれば、周りの目を気にせず帰りの電車に乗ることもできますし、気兼ねせずに椅子に座るということもOKです。

▲このカテゴリーのトップへ

言葉づかい上司や仲間、お客様と話をするときには「友達とは違う」という意識を持とう!

「オレ、バイトなんでわからないんですけど」は社外には通用しません!
そもそも「オレ」とか、「なんですけど」という言葉遣い自体が適当ではありません。 しかし、今回最も問題なのは、「自分はバイトである=正社員のスタッフとは違う」という軽い意識です。お客様からすれば「お店の人」ということで区別はできません。もしもお客様の問い合わせに自分では判断できない、わからない場合は、「担当のものが状況を把握しておりますので、お待ちください」と断った上で、店長や先輩など、対応ができる人を呼んでこよう。

▲このカテゴリーのトップへ

「今すぐ」とか、「まもなく」ってどのくらい??
レストランでもエステでも、お客様が商品を買ったりサービスを受ける場所では待ち時間はつき物。お客様も多少待つことは理解しているはずだけど、あまり長い時間待たされると「ちゃんと料理、作ってるのかな」とか、「私のこと、無視してるんじゃないの!!」のように不安を抱いてしまうことも。 あまりに長く待たせてしまうと、「まもなく準備できますので…」というひと言ではすまない事態に発展しかねません。 たとえば「お客様は2番目ですのでもう少しお待ちください」とか、パン屋さんなら「15:00ちょうどに焼きあがります!」のように具体的にいつ頃お客さんに対応できるのか伝えるのがコツです。

▲このカテゴリーのトップへ

工事現場で警備をしていたら通行人から「うるさい!」と怒鳴られた
路面に穴を開けたり建物を解体するような大掛かりな工事だと、付近住民や通行人にすればちょっとけむたく思えるもの。あなたが、たまたま歩行者通路にいたり、歩行者誘導の警備をしていればいきなり怒られることもある。いくら工事そのものは正規に承認されて行われているからといって、決して怒り返さないこと。「ご迷惑をおかけしております。今日のお昼までには終わりますので今しばらくご辛抱ください」とか「申し訳ありません。まもなく終わります。お足元に気をつけてお通りください」のように応じよう。

▲このカテゴリーのトップへ

↓コニュニケーションへ

コミュニケーション

上司・同僚年齢層の違う人もいる職場だからこそ、意外なことに気をつけなきゃ

『今日は無礼講!』って、どういう意味!?
バイト先の飲み会で、「今日は無礼講!!」なんて店長が言ったら・・・・・・これはお互い気を遣いすぎずに本音で飲もうという意味です。仕事での堅苦しさを忘れて楽しくすごしましょう。ただし、羽目を外すのとは意味が違います。暴言を吐いたり暴れるなど、後日気まずい思いをすることのないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

別に事故が起きたわけじゃないのに、親方に怒鳴られた!
工事現場や建設現場ではちょっとした不注意が大事故を招き、ケガや命に関わることもある。たとえば工具ひとつを置きっぱなしにしただけで親方に「おい、ちゃんとしまっとかないと、つまずいたらどうするんだ!」と思いっきり怒鳴られることも。「たかが工具ひとつで何もそこまで言わなくても」と思うかもしれませんが、「事故が起きてからは遅い」、「どんな道具でも材料でも大切に扱う」ことを伝えるためのひと言。 怒鳴られてもふて腐れるのではなく、「すみません。今後気をつけます!」と大きな声で。速やかに片付けよう。

▲このカテゴリーのトップへ

まとまった期間バイトを休むときは早めに知らせ、不在の間の引継ぎを
学校の試験や海外旅行、帰省など、1週間を超えてアルバイトができないときもあると思います。まずできるだけ早く、休みをもらいたいことを上司に伝えるようにしましょう。飛行機のチケットをすでに取ってしまって休めない! なんてことにならないように気をつけましょう。 また、自分が不在の間にバイト先に迷惑がかからないように、先輩や気のあう同僚に代わりに出勤してもらうなどの手はずも整えておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

ドライバー助手のお仕事。上手く行くコツは何?
次の目的地までの道順を調べて教えたり、停車の際にはトラックから下りて周囲の交通を確認して停車場所まで誘導したり、ドライバーが何を欲しているのかを先読みして動こう。 また、積荷をほどく際には、重い荷物を率先して運ぶ、運転中は話し相手になるなど、気配りが必要です。何気なく運転しているようでも、時間を気にしながら運転するドライバーの仕事は結構きついものです。 ふたりで一日中同じ車で仕事をするわけですから、同乗するのはドライバーさんなのか、好みを知って接することも上手く仕事を進めるコツかもしれません。

▲このカテゴリーのトップへ

「急がなきゃ、一方通行だけど、ま、いいか」は、よくない!
できるだけ早く届けたい、デリバリー業務。アツアツの料理を運んでいるならなおさらです。しかも、この配達から帰ったらすぐに次の配達先へ行かなきゃいけなくて、となれば急ぎたくなるもの。 でも、法規違反は絶対にダメ!一方通行を逆進したり、歩道を走ったり、信号無視をしたり…。バイクにはお店の名前やロゴ、連絡先も書かれているはず。あなたが運転するバイクが「走る広告」であることも意識しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間は大切にしよう
仕事を一緒にしていれば、思わず仲間のことを愚痴りたくなることもあるはず。しかし、こういった軽い愚痴が仲間割れを引き起こし、仕事に支障が出ることも。気持ちよく働くためにも、仕事仲間は大切にすること!

▲このカテゴリーのトップへ

気持ちよくバイト仲間に手伝ってもらうとき
自分の頭では仕事内容を理解していても、人には詳しく言葉で説明しなければ伝わりません。内容を整理して明確に説明し、感謝の気持ちを言葉にしましょう。きちんと感謝の気持ちを表すことで、次回もまた気持ちよく手伝ってもらえるものです。

▲このカテゴリーのトップへ

アルバイト仲間との楽しいランチタイム。気をつけることは…。
仲間との楽しいランチタイム。職場の情報交換や、悩み相談と、いろいろ話題はつきません。でもちょっと待ってください。食事をしているのは、上司や同じ会社の人も結構周りにいるはずです。噂話が思わぬトラブルを招くこともあります。「壁に耳あり、障子に目あり」ランチタイムの話題には気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先では、会う人みんなに挨拶をしましょう
バイト先での挨拶はキホン中のキホン。バイト先の仲間だけでなく、ビルの清掃なら、ビルを使っているひと、マンションの引越ではお客様以外の居住者などにも挨拶をしよう。また、飲食店では食材を届けてくれる業者の方もいる。自分が直接仕事をしない人でも率先して挨拶するように心がけよう。仕事がスムーズになりますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

新人バイトの指導は、最初から丁寧に
自分は慣れていて当たり前だと思っていても、新人バイトにとっては全く新しい世界です。新人アルバイトが入ってきたら、自分の目線ではなく、「何も知らない」ということを念頭において、丁寧に指導してあげよう。最初に丁寧に指導してあげると、後々スムーズに仕事を進めることができます。ただし馴れ合いにならないように注意。叱るべきときにはきっちり叱ることも大切です。

▲このカテゴリーのトップへ

腕組みは意外な誤解を招きます
お客様の前であれ、上司の前であれ、腕組みはいらぬ悪い印象を与えます。さらに壁にもたれかけていると、余計に悪印象を与えてしまうかも。 バイト中の腕組みはやめましょう。お客様がいない、同僚だけの場でも気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様電話や来客への対応をすることも。あなたの印象が、バイト先の印象を決めることも!

バイト先では、会う人みんなに挨拶をしましょう
バイト先での挨拶はキホン中のキホン。バイト先の仲間だけでなく、ビルの清掃なら、ビルを使っているひと、マンションの引越ではお客様以外の居住者などにも挨拶をしよう。また、飲食店では食材を届けてくれる業者の方もいる。自分が直接仕事をしない人でも率先して挨拶するように心がけよう。仕事がスムーズになりますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

腕組みは意外な誤解を招きます
お客様の前であれ、上司の前であれ、腕組みはいらぬ悪い印象を与えます。さらに壁にもたれかけていると、余計に悪印象を与えてしまうかも。 バイト中の腕組みはやめましょう。お客様がいない、同僚だけの場でも気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

ゴルフ場でキャディーのアルバイト。何を気をつければいいの?
何と言ってもゴルフの知識、ルールについての情報を叩き込んでおきましょう。ゲームの局面にあわせたクラブのアドバイス、コースの特徴、天候のアドバイスなどができれば合格! まずは、ゴルフのルール、それから、お客様が一番気にするポイントなどをあらかじめ聞いておくとよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

工事現場で警備をしていたら通行人から「うるさい!」と怒鳴られた
路面に穴を開けたり建物を解体するような大掛かりな工事だと、付近住民や通行人にすればちょっとけむたく思えるもの。あなたが、たまたま歩行者通路にいたり、歩行者誘導の警備をしていればいきなり怒られることもある。いくら工事そのものは正規に承認されて行われているからといって、決して怒り返さないこと。「ご迷惑をおかけしております。今日のお昼までには終わりますので今しばらくご辛抱ください」とか「申し訳ありません。まもなく終わります。お足元に気をつけてお通りください」のように応じよう。

▲このカテゴリーのトップへ

工事現場でのアルバイト。歩行者の誘導員が気をつけるべきは?
工事現場での歩行者の誘導のアルバイト。大型機械が歩道を遮ったり通常はない段差が生じたりしている可能性がある。 そんなとき、ベビーカーを押す人やお年寄りが通行しづらくなっていることもあるでしょう。歩行者の誘導を担当するならば声掛けをして荷物を代わりに運んであげるような配慮が必要です。もちろん、その間も危険な車の通行がないかなど、周囲にも気を配る必要があります。

▲このカテゴリーのトップへ

↑常識へ↓トラブルへ

トラブル

職場で気持ちよく仕事をするために、「あれ??」と思ったら確認しよう!

日払いのはずが、「お給料、金曜まで待ってもらえる??」ってアリ??
基本的にバイトをはじめる前に、書面で契約書をもらっていれば(約束をしていれば)、それを提示して交渉してみよう。
詳しくは/contents/oyakudachi/guide/05/を参照

▲このカテゴリーのトップへ

ごみの分別に気をつけて
環境問題について毎日ニュースが流れています。そんな環境を配慮して、職場のゴミ分別はかなり厳しいところも増えています。家庭と違って職場はゴミが大量に出でます。面倒とは言わず、分別ルールをしっかり守りましょう。ルールを守らないゴミを回収してもらえないことも。毎日大量にゴミが出る職場なら予定通りに回収してもらえないと大変なことに。飲食店など生ゴミの出る職場では注意が必要です。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間にしつこく言い寄られます。断わっても断わっても…。
すぐにバイト先の責任者に相談してください。適切な対応を取ってもらうことが必要です。それでも状況が変わらず、ストーカーまがいな被害に遭っているのなら、警察にも相談しましょう。家族に現状を相談報告することも忘れずに。事が大きくなる前に手を打つこと!

▲このカテゴリーのトップへ

電話帳配布のアルバイト。留守宅への対応は?
電話帳の配布、結構留守宅が多いですよね。そんなとき、軒先に置いていく場合も多いようですが、きちんと雨風が当たらない場所かどうか、確認しておきましょう。配ったものの、結局雨にぬれて使えずに回収、という二度手間を防げます。

▲このカテゴリーのトップへ

屋外のシゴトは体調管理が大切
昼夜、風雨を問わず、シフトが入っていれば働かなければいけない場合もあると思います。ましてや屋外のシゴトともなれば時間帯や天候は気になるもの。デリバリーのバイトであれば雨による事故を起こさないよう、いつもより慎重な運転が必要になり、工事現場の歩行者誘導であれば臨時通路で歩行者が転倒しないように声掛けをしたり工夫が必要です。 しかし、こうした仕事の大前提となるのは自分が元気であること!普段から風邪を引かないよう気をつけることは当然、体調が万全でないと注意散漫で事故を誘発しかねない。日ごろから体調管理には気をつけよう。

▲このカテゴリーのトップへ

砂ぼこり、雨、風・・・屋外バイトの敵に自己防衛を
工事現場でのアルバイト。晴れていれば砂ぼこりが舞い、雨が降れば傘もさせないので全身ずぶ濡れ。会社から防寒具や防滴のウェアが支給される場合もあるが、他にも自分を守るためにそろえておきたいものがあるはず。たとえば車の通りの多い場所でのバイト。駐車場管理や料金収集係など自動車の排ガスの中で1日過ごすためにマスクをしたり、コンタクトレンズをしながら屋外の土木作業に従事する場合には防塵のゴーグルなど、購入しておくとよい。その他、炎天下に耐えられるようタオルや水、とくに頭や首部分を直射日光にさらすことは日射病のもと。自分で防ぐように工夫しよう

▲このカテゴリーのトップへ

禁煙場所では、絶対にタバコは吸わないこと!
オフィス系のバイトならばオフィス内が禁煙で喫煙所が指定されている場合もありますが、自社以外の場所に足を運ぶ機会のある場合はタバコを吸ってよいかを確認する必要があります。 また、お客様のオフィスに訪問する場合は原則タバコは吸わないこと! また、清掃スタッフでオフィスビルにいく場合も屋外だからといって玄関口で一服、というのもいけません。 玄関はオフィスの顔。そこで数人が群れてタバコを吸っていては、会社のイメージを損ないます。 その他、塗装や清掃などの移動で使う車の中でも禁煙を心がけましょう。汚れを落とす溶剤や塗料などに引火して爆発や火災の元となる可能性があります。

▲このカテゴリーのトップへ

現場で出したゴミ、持ち帰りましょう!
建設現場などで1日作業をすれば、休憩中に飲む缶コーヒーの空き缶やコンビニ弁当の空き容器などなど、たくさんのゴミが出ます。建設現場ではゴミ箱がちゃんと設置されていないケースもあり、こんなときは必ずゴミは持ち帰るようにしましょう。可燃性の弁当の空き箱などを放置しておくのは危険です。また、ビル清掃などで他社のオフィスを訪れる場合に、いくらゴミ箱があるからといって、そこにたくさんゴミを詰め込むようなこともNGです!

▲このカテゴリーのトップへ

空港のセキュリティー担当。あなたの集中力が大きなカギ。
空港でもセキュリティーチェック。集中力が必要な仕事ですが、ここでミスがあると飛んでもな事態に発展することがあります。休み時間にはしっかりリフレッシュするなど、工夫をしながらしっかり確認できるようにしておきましょう。 またお客様の中には、不平・不満を漏らされる方もいらっしゃると思います。妥協せずに、「安全のためのご協力をお願いします」と、低頭な姿勢でお願いしましょう。それでもトラブルに発展した場合には、上司に報告、安全検査を無断で突破させるようなことは、断じて許せない、ということを肝に命じておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

デパートやショッピングセンターの店内改装の仕事で気をつけることは?
店舗の入れ替えや、季節によるリニューアルにより店舗の間取りを替えることがあります。最近は年中無休や閉店時間が遅いケースも多いため、その分営業時間に工事をする場合もある。 深夜の閉店後の作業ならよいが、もし日中だったら? 改修工事部分はシートで覆われることになるが、その中から大声や機械を使う大きな音が漏れてしまうと、買い物を楽しんでいるお客さんはがっかり。また、作業着のまま店舗部分に出てしまうのもNG。あくまで裏方であることを意識しておくとよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事の駐車違反は許される!?
仕事中だから駐車違反は許される…という法律はありません。駐車違反にはくれぐれも注意しましょう。配送ドライバーの仕事なら、駐車スペースがない場所での対処方法などをバイト先の先輩に前もってアドバイスをしてもらいましょう!

▲このカテゴリーのトップへ

上司に仕事を教えてもらえない
上司や先輩スタッフが仕事を教えてくれるのが当たり前とは思ってはいけません。指示を待っているだけではなく、自分から率先して行動するように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

建設現場で、急に契約にない危険な仕事を頼まれた!
その場で、危険な仕事の契約をしていないことをきちんと伝えましょう。その上で聞き入れてもらえない場合は、会社の責任者、それでも解決しない場合は派遣元などに連絡をしましょう。「資格がないのに作業をしてしまった」「なれない仕事で失敗してケガをしてしまった」などという大きなトラブルを防ぐためにも、はっきりと申し出ることが大事。

▲このカテゴリーのトップへ

クレームはメモで伝えないこと!
クレームを受けて大事なのは、迅速に対応すること。たとえ担当である上司がいなくても、携帯電話へ連絡を入れるとか、処理できる人にお願いするとか、なるべく早く対応しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

建築現場でのアルバイト。雨が降ったらお休みなの?
お休みではありません。屋根が出来ていれば雨に打たれることもありませんし、現場以外でも、部品を作ったり、木を削ったりと、できる作業はたくさんあります。雨が降っても即休み、というわけではありません。

▲このカテゴリーのトップへ

建築現場のアルバイト、定休日はいつ?
工期や勤務場所によって様々。とくに数ヶ月以上にわたる長期の工事の場合には基本的に日曜日だけがお休み、というパターンが多いようです。ちなみにお盆とお正月もしっかりお休みのところが多い。

▲このカテゴリーのトップへ

建築・土木現場でのアルバイトマナー
「1年目は掃除しかさせてもらえない」などということもありうる厳しい世界が大工さんの日常。安全に仕事をするには時間を守ること、工具や材料の管理を怠らないことは基本です。どんな職場でも当たり前だけど、建築・工事現場ではちょっとしたミスが事故につながるおそれがあるのでとくに注意。

▲このカテゴリーのトップへ

汚れたままでお店には入らない!
1日中、頑張って工事現場で働いたあとの仲間との夕飯は格別な美味しさ!でも、作業をしたままで泥だらけの作業靴や作業着のままお店に入るのはNG。 ゆっくり体を休めたいのはわかりますが、清潔さが重要な飲食店や、他のお客様もいることも考えれば着替えをするなどの配慮が必要。 お店に入るときには、靴の泥などは必ず落としてから入店するようにしよう。

▲このカテゴリーのトップへ

工場の組み立てライン。寝不足が事故を招くこともあります
前日遅くまで友人と飲んでいてで寝不足―ちょっとしたことが思わぬ大事故を招くことがあります。特に集中力が切れやすい、工場の組み立てラインなど、集中力の低下によって、命に関わる事故が起こってしまうこともあります。なるべく規則正しい生活を心がけ、バイトがある前の日は早く寝るようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

野球場でビールを買ってくれたお客様。「おつりないの? ま、いいよ。」って言われたらどうする?
野球場の狭い通路を縫ってビールやお弁当を売るオシゴト。階段の上り下りもきついし、お客様の視界を妨げてはいけないし、通路から離れたお客様からのオーダーにもお応えしなければいけない。そんなとき、おつりの小銭がないなんてこともありえます。 野球に熱狂するお客様がつい「面倒だから、1000円でいいよ」といってくれることがあっても、必ず「すぐにお持ちしますので!」と伝えること。のちのち些細なことがトラブルになる、というようなことも避けられます。 こうやって、お客様から顔を覚えてもらえると、また「もう1杯!」なんて注文が入るかも!

▲このカテゴリーのトップへ

しまった、駐車場でこすってしまった!
配達や営業の仕事で車を運転する場合、事故は絶対に避けたい。でも狭い駐車場でこすってしまうようなことは起こりうる話。もし他人の車にキズを着けた場合、小さなキズだからっといってほったらかしにしてはいけない。次の仕事がある場合でも、そのまま逃れようとするのはダメ。駐車場係員がいれば伝言を残したり、管理会社の電話番号があれば連絡をしよう。 上司への連絡も必須。最低限でも連絡先を書いたメモを残すなど、車の持ち主があなたやあなたの会社に連絡がつくように配慮しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事で掛かって来た電話なら、車の運転中でもOK?
ダメです。自分が掛けたわけではないから…なんて言い訳は通用しません。どんな理由であれ、運転中の携帯電話の使用は法律違反です。電話をするときは、必ず、停車することを守りましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

自転車での配達中、携帯電話はOK?
やめましょう。周りから見ると、非常に危険な行為で、人を巻き込んでしまった場合、死に至る危険もあります。必ず止まってから電話するようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お酒を飲んだのに、同僚や上司に運転を頼まれた
何を言われようと、キッパリ断わりましょう。「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」が基本です。飲酒運転は、立派な犯罪です。お酒を飲んで車を運転することは、無差別殺人と同じであることを理解しておきましょう。あなたの人生がめちゃくちゃになる可能性がありますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

野球場やコンサートの警備員。気をつけるべきことは?
思わぬ有名人の歌が聞けるなど、結構オイシイアルバイト。しかし、何より大切なのは、熱狂的なファンから、しっかり出演者を守ること、観客の方の安全を守ることです。常に、観客の動向などを把握し、興奮したファンがステージに上がってしまった、なんてことがないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

先輩からこっぴどく注意されて、それ以来険悪な雰囲気になってしまった時。
思わぬ失敗に先輩にこっぴどく怒られてしまい、険悪な雰囲気に…。そんな時どうしますか? 友達であれば、気が合わなければ付き合わなくて済む話ですが、ここは職場。社会に出れば、気が合う、合わないは関係なく、お互いが協力して仕事をしていかなければいけません。。 初めてこういう経験をしたとき、学校と職場の人間関係の違いに気付くと思います。こういう小さな気付きや知識ををきちんと自分のモノにして、力をつけていきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

先輩から怒られて以来、立ち直れない。
不本意ながら、仕事で失敗をして先輩にものすごく怒られてしまった。それ以来先輩に対して、嫌な気持ちを引きずってしまい、立ち直れない…そんな経験、誰にでもありますよね。「引きずるな、忘れろよ」と周りが言っても、気になるのは仕方がないものです。そんな時、ひとつ、考え方を変えてみましょう。 先輩はアナタ個人に対して怒ったのではなく、アナタがやった仕事に対して怒っていると考えてみましょう。責められてしまった自分ばかりに気持ちが落ち込んでいませんか?先輩はアナタのことを信頼しているからこそ、怒ったのかも。ちょっと考え方を変えるだけで、スッキリしませんか?

▲このカテゴリーのトップへ

お客様電話や来客への対応をすることも。あなたの印象が、バイト先の印象を決めることも!

高校生の私。アルバイトをしていたら、先生がお店に来て、怒られました。
きちんと学校の許可が必要な場合は、許可を取りましょう。校則で禁止されているにも関わらずヒミツでやっていた場合でもしも辞めなければいけない場合はあなただけの問題ではなく、バイト先にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

 
何があっても興奮しないこと
お客様が激怒! ひどい言葉も飛び出し、ものすごく興奮しているご様子。つられて自分も興奮してしまいそうですが、そこはぐっと我慢。冷静に対処しましょう。心の持ち方のコツは、「このお客様は個人的に私が嫌いで怒っているのではなく、サービスに対して怒っているのだ」と個人的な感情とお客さんが怒っている問題とを切り分けて考えるのがポイント。上手く対処できるかも。

▲このカテゴリーのトップへ

失敗をしたら直ぐに報告すること
仕事上での失敗。出来れば上司に秘密にしたい… しかし、ここで一番大事なのは、上司に一刻も早くこのミスを報告すること。大きな事故になってしまう前に、最小限でミスを食い止めるには、この報告は欠かせません。ましてや、ミスを報告しなかったほうが、後々大目玉を食らいかねません。 失敗したら直ぐに上司に相談するように心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

謝らなければいけないときは…
たとえば飲食店のバイトで料理をお客様の洋服にこぼしてしまった場合。「あ、すみません。」とそっけなく言って、汚れた台フキンでぬぐう・・・のはダメ! まずはきちんと謝ること。それも頭を深く下げ、相手にもきちんと聞こえる声で「申し訳ありません」。そのあとキレイなナプキンなどで持ってきてきれいにしよう。もし汚れがひどい場合にはお預かりしてクリーニングに出すような対応が必要なこともあります。

▲このカテゴリーのトップへ

工事現場で警備をしていたら通行人から「うるさい!」と怒鳴られた
路面に穴を開けたり建物を解体するような大掛かりな工事だと、付近住民や通行人にすればちょっとけむたく思えるもの。あなたが、たまたま歩行者通路にいたり、歩行者誘導の警備をしていればいきなり怒られることもある。いくら工事そのものは正規に承認されて行われているからといって、決して怒り返さないこと。「ご迷惑をおかけしております。今日のお昼までには終わりますので今しばらくご辛抱ください」とか「申し訳ありません。まもなく終わります。お足元に気をつけてお通りください」のように応じよう。

▲このカテゴリーのトップへ

↑コニュニケーションへ


★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報