アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > 常識&トラブル対処法 > どんなバイトでも、これだけははずせない、13の常識

バイトするなら知っておきたい 常識&トラブル対処法

受かる履歴書のキホン!
履歴書を書くには、ルールがあります。ウソをつかないことは当たり前ですが、そのほか黒のボールペン、もしくは万年筆でキレイに書くこと。文字を間違えたら新しい用紙に書き直しましょう。文字が上手、下手は関係ありません。丁寧に書けば、その人となりが伝わるものです。ゆっくり、丁寧に書き上げましょう。
履歴書の写真は3ヶ月以内のものを使おう
1年以上前の写真を提出して「あれ!?随分と印象が違うなあ」とか「昔に撮った写真を使いまわしているんだろう」などと思わぬところで印象を悪くしては、元も子もありません。キチンと最近撮影した写真を使うように心掛けましょう。
採用の別れ道!面接でのマナー
会社側にしてみれば、少ない時間で少ない情報を元に採用しなければいけない。ほとんどのアルバイトが面接は1回だけです。なるべく第一印象がいいように、服装、髪型、表情などに気を配り、少ないチャンスで自分を最大限アピールできるように気をつけましょう。
電話は率先してとろう!
みんなが仕事をしている時に電話で話をするのは最初はなかなか勇気がいるもの。でも、慣れてしまえば大丈夫。慣れるためにドンドン電話に出よう。あと事前に予想される電話の内容や取引先名称なども事前に聞いておくとベター。
電話がかかってきたら、メモを取るクセを
電話で聞いた内容は、意外に忘れやすいもの。特に同僚に伝えるメッセージや折り返しの電話を差し上げなければならない場合の連絡先電話番号や折り返しの電話をかけてよい時間帯など、聞いた内容を正確に記録しておかなければいけません。電話の直ぐ横にメモを用意しておこう。とくにかかってきた日時、相手の会社名やお名前、用件はキッチリメモして置こう。
無言電話禁止!
お客様に電話をかけると、留守番電話だったので、そのまま受話器を置いた。。。これ、NGです!1回目の電話では、必ず会社名と名前を名乗り、「後ほどかけ直させていただきます」と伝言を残しましょう。
仕事中にジブンの携帯電話や携帯メールは使わないこと
できれば控え室のロッカーなどに入れておくのがよいけれども、もしポケットに入れておく場合でもマナーモードにする程度の配慮は必要です。 また、お客様の少ない時間帯であっても、仕事中にプライベートな携帯の使用はダメ。もちろん、家族の健康など重要な用件で電話があることが予想されるときには、仕事中に私用電話があるかもしれないということを事前に上司にひとこと断っておこう。
打ち合わせの時には必ずメモを持参!
打ち合わせに参加する時には必ずメモを持っていこう。その場で聞いただけでは、細かい指示を忘れてしまい、もう一度同じことを聞きなおすことになってしまいます。何か指示を受けるときや電話対応をするときなど、口頭で何かを聞くときにはメモをする習慣をつけましょう。
数分の電車の遅れは、遅刻と認められない。
電車やバスでバイトに行く場合、気になるのがダイヤの遅れ。30分、1時間も事故などによって運行が停止している場合は仕方ないとしても、数分遅れた程度では遅刻とはならないと肝に銘じること。 バイト開始直前に仕事場に着くのでは準備ができないし、数分の遅れでも同僚にもお客様にも迷惑をかけてしまう。なお、遅れる場合はすぐに電話で連絡をするようにしよう。
勝手に休憩しないこと
「お客様も来ないし、どうしよう。暇だなぁ…」なんて時ありますよね。こんなとき休憩を取りたいものですが、気をつけたいのは一言上司に報告しておくこと。急にお客様が来ることもあるりますから「あれ、どこに行っているんだろう??」なんて事にならないように! そもそもバイト時間中だということも忘れずに。
「あ、オレ、バイトなんでわからないんですけど」は社外には通用しません!
そもそも「オレ」とか、「なんですけど」という言葉遣い自体が適当ではありません。
しかし、今回最も問題なのは、「自分はバイトである=正社員のスタッフとは違う」という軽い意識です。お客様からすれば「お店の人」ということで区別はできません。もしもお客様の問い合わせに自分では判断できない、わからない場合は、「担当のものが状況を把握しておりますので、お待ちください」と断った上で、店長や先輩など、対応ができる人を呼んでこよう。
店先でお客様が急に倒れた!
高齢化社会ともなれば、こういった危機管理も必要になります。基本的には救急車を直ぐに呼びましょう。暫らく横になって・・・・・・なんて悠長な対応をしたばかりに、麻痺が残ったりしては大変です。落ち着いて対応しましょう。
39度の高熱が続いている…でもバイト代ほしいからどうしても行かなきゃ!
高熱が続き、ツライときはきちんとバイト先に連絡をして休むこと。バイト先にカゼを蔓延させたり、高熱で集中力を欠いて思わぬミスをしてお客様に迷惑をかけてしまうこともあるからです。そんなときのために自分の仕事を代行してもらえるようにバイト仲間と日ごろからコミュニケーションを取り合うなど、お互いにサポートしあえる環境づくりも大切。風邪を引いたらしっかり休んで、できる限り早く復帰できるように体調を整えることも仕事をする上では大切です!

★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報

このページのトップヘ戻る