アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > 常識&トラブル対処法 > 職種・シチュエーションから探す

バイトするなら知っておきたい 常識&トラブル対処法

職種から探す

いつも笑顔で気持ちよく。お客様と接する仕事 接客系

キッチンスタッフ、編集・出版、広告制作、映画製作、ヘアメイク、ネイリスト、デザイナー

翻訳・通訳、塾・家庭教師、スポーツインストラクター、医療事務、歯科助手、看護師、薬剤師、介護・福祉、マッサージ

常識

キホン初めてのバイトでも、このくらいはおさえておこう!

出版関係必見。どうしてもお客様との約束の時間までに間に合わない。こんなときの対応は?
とくに編集やデザインなどの仕事の現場では、締め切りに間に合わなくばたばたとする場合が多い。もし締め切り時間を過ぎてしまうのであれば、「間に合わない」とわかった段階で、関係者にはできるだけ早く伝えるようにしましょう。「すみません、お約束時間の午後3時を回りましたが、あと30分ほどで終わります!!」などと約束時間を過ぎてから連絡するなんてもってのほか。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事中のいざと言うときの連絡先を確認しておこう
コピー機が壊れたり、パソコンの調子が悪くなったり…いろいろと自分で手を尽くしてみたもののどうにも上手く動いてくれないこと、ありますよね。そんなとき直ぐに連絡できるメーカーの担当者や、社内の担当者などの連絡先を押さえておくと便利です。 コピー機に連絡先を貼り付けておいたり、電話のすぐ近くに連絡先の一覧を用意しておくなど、できるだけ早く対応できるように準備をしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

ゴミが落ちているのを見かけたら直ぐに行動!
オフィスやお店でも、床にゴミが落ちていることはよくあるはずです。オフィスなら使用済みの付箋やクリップ、ファミレスやファーストフードなら、ナプキンやおしぼりの袋など。オフィスによくあるクリップの落し物も、小さくてもきっちり管理をしなければいけないし、バイト先以外のお客様が出入りするお店にゴミが落ちていると、後から来たお客様が不快な思いをすることも。気付いたらきちんと拾っておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

おつかいで届ける書類はのぞかない、なくさない、汚さない!
取引先への請求書や、急な書類の届け物など、会社の書類は外部に漏らしてはいけない機密事項のかたまりです。いくら自分の勤め先のものだといっても、電車の中で取り出してのぞき込むようなことはしないように注意しよう。また、カバンの中で折れてしまった、雨で濡れてしまったということもあってはならないこと。外で、ごそごそ書類をいじっていたら、気がついたら1枚足りない!なんてことも。普段の仕事で届けものの仕事がよくある場合には、大きめのカバンや紙袋を準備しておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

在宅のオシゴト、ミスなく、納期は厳守!
はがきの宛名書き、出版物の校正作業など、自分のスキルを生かしながら、自宅で、好きな時間配分でできる仕事の場合、自分自身のコントロールが重要です。 在宅のオシゴトは対面のシゴトと違って、あなたへの評価は出来上がったものと納期を守れるのかが大切です。同じ間違いを繰り返したり、毎回納期を過ぎてしまうようだと、仕事が回ってこないことも大いにありえる話。とくにPCを使う仕事の場合、万が一PCが故障をしたときのためにデータを定期的にハードディスク以外に保存しておくと安心です。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先までの途中、電車の中でお化粧してもよい?
化粧をしている本人は、恥ずかしくないようですが、周りからみると奇妙な光景です。結構周りの人は、メイクの一部始終を観察してしまうものです。 またバイト仲間の女の子の顔がメイクで完成するまでの様子を、最初から最後まで見てしまった同僚の気分を想像してみましょう。 バイトに行くときには準備する時間もしっかり確保して、メイクもきちんと家で済ませましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

インフルエンザにかかってしまった!でも、最近「ちょくちょく休みすぎだ」と注意されたばかりだし
アルバイトを急に休むのは勇気が入ります。「今日は忙しい日なんだよね」とか「同僚が休むからって任されたんだ」…。責任感の強いあなたならなおさらのこと。 でも、インフルエンザなど他人に伝染する可能性がある病気にかかってしまったときには、事情を正しく伝えて家で待機しましょう。「それでも来い」ということはないでしょう。「ちょっとした風邪ですよ」なんて口にしたあまり、バイトに出勤し続けて、仲間にうつしてしまったほうがよっぽど気まずい思いをしますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

電話は率先してとろう!
みんなが仕事をしている時に電話で話をするのは最初はなかなか勇気がいるもの。でも、慣れてしまえば大丈夫。慣れるためにドンドン電話に出よう。あと事前に予想される電話の内容や取引先名称なども事前に聞いておくとベター。

▲このカテゴリーのトップへ

あいさつはメールじゃダメですか?
無言で出社する新人のバイトスタッフにセンパイ社員が「挨拶ぐらいしようよ」と言ったところ「メールであいさつではだめですか?」とメールが送られてきたという、笑えないエピソード。仕事でメールを使うことが多くても、毎朝あいさつぐらいは率先してしましょう。あいさつは社内の意思疎通をキッチリ図るための基本。あいさつがキチンと出来れば、お客様の応対もバッチリ出来ちゃう、一石二鳥!

▲このカテゴリーのトップへ

履歴書の写真は3ヶ月以内のものを使おう
1年以上前の写真を提出して「あれ!?随分と印象が違うなあ」とか「昔に撮った写真を使いまわしているんだろう」などと思わぬところで印象を悪くしては、元も子もありません。キチンと最近撮影した写真を使うように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

採用の別れ道!面接でのマナー
会社側にしてみれば、少ない時間で少ない情報を元に採用しなければいけない。ほとんどのアルバイトが面接は1回だけです。なるべく第一印象がいいように、服装、髪型、表情などに気を配り、少ないチャンスで自分を最大限アピールできるように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

受かる履歴書のキホン!
履歴書を書くには、ルールがあります。ウソをつかないことは当たり前ですが、そのほか黒のボールペン、もしくは万年筆でキレイに書くこと。文字を間違えたら新しい用紙に書き直しましょう。文字が上手、下手は関係ありません。丁寧に書けば、その人となりが伝わるものです。ゆっくり、丁寧に書き上げましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

打ち合わせの時には必ずメモを持参!
打ち合わせに参加する時には必ずメモを持っていこう。その場で聞いただけでは、細かい指示を忘れてしまい、もう一度同じことを聞きなおすことになってしまいます。何か指示を受けるときや電話対応をするときなど、口頭で何かを聞くときにはメモをする習慣をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お金をもらって働く、という自覚を持とう
初めてのアルバイト。なんだか、家の手伝いの延長のような気がしてしまったり…。お金をもらう以上は、価値を生み出すプロフェッショナルであるという自覚を持ちましょう。バイトであろうと、社員であろうと、外部から見れは、同じ会社の一員。しっかり働く人としての自覚を持とう。「バイトだから」という言い訳は通用しません。

▲このカテゴリーのトップへ

上司と食事に行く!テーブルでタバコを吸ってもOK?
まずは、上司がタバコを吸う場合。上司のテーブルに灰皿があるかどうかチェックしましょう。なければ、用意して上司がタバコを吸ったあとに、一言承諾を得てタバコを吸いましょう。 また、上司がタバコを吸わない場合は、本来吸わないほうが賢明でしょう。ただし、どうしても我慢できない場合には、「タバコを吸ってもよいでしょうか」とひとこと確認するか、お店の外で1本吸って戻ってくるようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

数分の電車の遅れは、遅刻と認められない。
電車やバスでバイトに行く場合、気になるのがダイヤの遅れ。30分、1時間も事故などによって運行が停止している場合は仕方ないとしても、数分遅れた程度では遅刻とはならないと肝に銘じること。 バイト開始直前に仕事場に着くのでは準備ができないし、数分の遅れでも同僚にもお客様にも迷惑をかけてしまう。なお、遅れる場合はすぐに電話で連絡をするようにしよう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイトをやめるとき、会社のものと自分のものはキッチリ区別すること
バイトをやめるとき、会社のものはキチンと返却しよう。オフィス系のバイトならペンや消しゴムなどの文具、フード系でも制服など。また、従業員だけに配られる社外秘のマニュアルや従業員割引証などがあったら、忘れずに返却を。 また、逆に私物を持ち帰ることも忘れずに。控え室のロッカーや机の中など、あなたがやめた後に別のスタッフが使います。残された同僚が困らないように処分をするかキチンと持ち帰ろう。給湯室にあなたのマグカップが残されていないか、冷蔵庫に飲みかけのジュースを忘れていないかなども忘れずにチェック!

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先を変えたい。時間が無いから、今のバイト先から応募の電話してもいい?
ダメです。自分の携帯電話でしかもオフィスの外から電話しましょう。かつ、勤務時間中はNGです。お世話になっている人の前で新しいバイト先を探すなど言語道断!失礼にあたります。

▲このカテゴリーのトップへ

勝手に休憩しないこと
「お客様も来ないし、どうしよう。暇だなぁ…」なんて時ありますよね。こんなとき休憩を取りたいものですが、気をつけたいのは一言上司に報告しておくこと。急にお客様が来ることもあるりますから「あれ、どこに行っているんだろう??」なんて事にならないように! そもそもバイト時間中だということも忘れずに。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間の電話番号、別の友達に教えてもいいの?
たとえば、バイト先の飲み会で「あの大学生のアルバイト、●●さんの携帯番号教えてくれよ」と頼まれる場合。たとえ電話番号を知っていても、本人の了解を取らずに勝手に伝えてはいけません。「同じ職場ならいいだろう」と軽い気持ちで、他人の個人情報を教えてはいけません。

▲このカテゴリーのトップへ

接客系では、休憩時間のタバコも慎みたい。
仕事の合間の一服、美味しいのはわかります。ただ、接客系では、そのタバコの臭いが致命傷になることがあります。レストランはもちろん、パン屋さん、ブティック、休憩時間のタバコの臭いが洋服や髪にしみこんで、料理やお店の雰囲気を台無しにしてしまうことも。接客をする場合にはできるだけタバコは慎みましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

受け取ったメールの転送には気をつけて!
基本的にもらったメールを別の人に転送するのはNGです。ただ、担当者が自分でない場合や、内容に差しさわりのない業務のお願いであれば、元々の発信者もCCに入れて転送しましょう。ちょっとしたプライベートの内容や、「この人、こんなこと言ってました!」的なメールの転送はマナー違反。大きなトラブルに発展しかねません。メールの転送にはくれぐれも気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事中にジブンの携帯電話や携帯メールは使わないこと
できれば控え室のロッカーなどに入れておくのがよいけれども、もしポケットに入れておく場合でもマナーモードにする程度の配慮は必要です。 また、お客様の少ない時間帯であっても、仕事中にプライベートな携帯の使用はダメ。もちろん、家族の健康など重要な用件で電話があることが予想されるときには、仕事中に私用電話があるかもしれないということを事前に上司にひとこと断っておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様の忘れ物、「あ、この傘いいかも」。でもジブンのものじゃない!
お客様がつい携帯電話やコート、傘などを忘れて帰ってしまうことはよくあること。中には高価なものもあるでしょうし、あなたが気にいったものがあるかもしれません。でも、忘れ物に気付いたら必ず店長や上司に報告し、きちんとお客様の手に戻るようにしておこう。うっかり傘を忘れた日に雨が降って、お客さまの傘を拝借・・・・・・なんてことがないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

居眠り厳禁!!
とくにオフィスワークで、シゴトが一段楽したランチ後なんか、ついうとうと・・・。気持ちはよ~くわかります。でも、いくら手が空いたといっても仕事中。時給をもらって働いているわけですから、手持ち無沙汰になっても、立派な仕事時間中。サボっちゃダメ!

▲このカテゴリーのトップへ

インターネットでこっそり調べ物
デスクワークになるとネットにつないでお気に入りのサイトを見たり、メールを送ったりしたくなるもの・・・。でもあくまで仕事中。社会人としてプライベートとキッチリ分けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

インターネットでショッピングは家でしよう。
バイトが忙しいと、なかなかお買い物にいけない。そんな時、ネットショッピング便利ですよね。でも、仕事中、いくら手が空いても就業時間中には個人的なネットショッピングはNG。どうしても必要であれば、家に帰ってからするようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

私用携帯で友達にメール!?バイト中は厳禁です。
仕事時間、ちょっと手があくと、電話はできないけど、メールで友達に「元気~?今日はバイトなの!」なんて連絡をしている人いませんか。あくまでも仕事中の個人的なメールは控えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

週末行くレストラン割引券をプリントアウト♪もダメ!
昼休みに、ぼんやりネットを見ていたら、週末食事に行く予定のレストランの割引券発見!「家にはPCもプリンタもないし・・・1ページくらいなら」というのもダメです。あくまでPCもプリンタも会社のものです。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先のパソコンでフリーメールの使用はいけません。
家にパソコンがないから、バイト先のパソコンでフリーメールを…なんて人いませんか?会社のPCは仕事のために使うものです。私用で使うこと避けましょう。また、余計なウィルスに感染してしまう危険性もあります。「仕事時間中、仕事場にはプライベートを持ち込まない」ことが原則です!

▲このカテゴリーのトップへ

財布もケータイも忘れた。「取りに帰るので、遅刻します!」に気をつけて!
何から何まで忘れてしまったがために、電車にも乗れずアルバイト先に出社できないようでは困りもの。 でも、仕事は友達と遊びに行く場合と同じ感覚では失格です。財布や名刺入れなどシゴトで必要なアイテムは忘れないように出かける前にチェックするクセをつけよう。体調が急に悪くなったり、電車が遅れるなど、やむを得ない理由で遅れることはありうる話ですが、注意を払えばあらかじめ防げる理由で仕事に遅れることのないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

会社のパソコン。お気に入りに私用のサイトを登録しないこと
会社のパソコンはあくまでも会社のパソコン。検索サイトのトップ画面ならともかく、お気に入りに私用のサイトを登録するのはやめよう。ましてやパソコンが共有の場合は、要注意!

▲このカテゴリーのトップへ

給湯室で歯を磨かないこと。
給湯室はお茶を入れたり使った食器を洗うところです。だから歯を磨かれるのは気になるものです。ランチの後など歯を磨く人はお手洗いの洗面所を利用するようにしましょう。もちろん、顔を洗ったり、男性でヒゲをそったりするのはもちろん洗面所で。

▲このカテゴリーのトップへ

電話がかかってきたら、メモを取るクセを/dt>
電話で聞いた内容は、意外に忘れやすいもの。特に同僚に伝えるメッセージや折り返しの電話を差し上げなければならない場合の連絡先電話番号や折り返しの電話をかけてよい時間帯など、聞いた内容を正確に記録しておかなければいけません。電話の直ぐ横にメモを用意しておこう。とくにかかってきた日時、相手の会社名やお名前、用件はキッチリメモして置こう。

▲このカテゴリーのトップへ

途中で携帯電話が切れちゃった!
携帯電話で対応中、電波状況が悪くて電話が切れちゃった場合、すぐにかけなおしましょう。その際「先ほどは電話が切れてしまいまして、失礼いたしました」の一言から通話を再開させればOK。

▲このカテゴリーのトップへ

会社のものは会社のもの
職種によってはシゴト用に携帯電話が支給されることもあったり、美容室などには最新号の雑誌が置かれていることも。でも、それはあくまで仕事上必要だったり、お客様のためのもの。私用電話にバイト先の携帯電話を使ってはいけないし、備品や文房具などを勝手に持ち帰ってはいけません!

▲このカテゴリーのトップへ

39度の高熱が続いている…でもバイト代ほしいからどうしても行かなきゃ!
高熱が続き、ツライときはきちんとバイト先に連絡をして休むこと。バイト先にカゼを蔓延させたり、高熱で集中力を欠いて思わぬミスをしてお客様に迷惑をかけてしまうこともあるからです。そんなときのために自分の仕事を代行してもらえるようにバイト仲間と日ごろからコミュニケーションを取り合うなど、お互いにサポートしあえる環境づくりも大切。風邪を引いたらしっかり休んで、できる限り早く復帰できるように体調を整えることも仕事をする上では大切です!

▲このカテゴリーのトップへ

「仕事が速い」ことがいいとは限らない!
仕事の中には、なるべく短い時間でてきぱきとこなさなければいけないものもありますが、必ずしもそうとは限りません。癒しを求めてバス用品を買いに来たり、崩れやすいケーキを扱うときにはスタッフがせかせかしていると雰囲気を壊したり大切な商品を傷めてしまうこともあります。 言葉遣いも同じ。速さがウリではない職場では、穏やかな口調でゆっくり丁寧に話しかけることも大切。オフィスワークでも、スピードではなく丁寧に間違いなく完成されることが求められる仕事もたくさん。あせらずに丁寧に仕事をしよう。

▲このカテゴリーのトップへ

パソコンで事務仕事。ワードやエクセルで分からないことがあったときどうしますか?
ワードやエクセルなどの機能は、慣れなければたくさんある機能を簡単には使いこなせないもの。マニュアル本が手元にない場合も多いし、毎回同僚に聞くのもちょっと恥ずかしい。そんな時検索サイトを利用してみてはいかがでしょうか。知りたいソフト名(例:ワード)と、やりたいことを入力・検索すると、手順をわかりやすく解説しているサイトにアクセスできるでしょう。 新しい技にドンドン挑戦してみましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

意外と便利!調べ物には図書館が結構使えます。
大量の調べ物を頼まれたとき、どうしますか。ネットでもいろいろと調べられますが、書物でないとわからない資料やデータもあるでしょう。十分な予算があって全部購入してもよいと指示があった場合は、必要なものは買っても構わないでしょう。でも相当な出費が予想される場合は、図書館が便利です。上司にひとこと、外出することを伝えたうえで、近くの図書館に必要な本の在庫がないか調べてみてはいかがでしょうか。

▲このカテゴリーのトップへ

「アシスタント」の仕事は先読みが必要
映画の撮影、写真撮影、編集など、マスコミ系にはアシスタントの仕事が多い。華やかなイメージが多い業種だが、制作には意外と時間がかかるし地味な作業が多い。 アシスタントとしてアルバイトをする場合、あくまでサポート役であることを忘れずに。カメラマンのアシスタントなら、次に使いそうなレンズつけたカメラを準備したり、編集系のシゴトでは急ぎでデータや原稿を届けるにはバイク便の手配をしたり、どんな状況でどんな指示が出されるか、あらかじめ予測しておいて迅速に対応できるように準備しておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

身だしなみ普段の髪型や服装が、職場ではダメなことも。お客様には好印象を与えたい!

結婚式場でのアルバイト、髪型にも気をつけて
ブライダルのアルバイト。フォーマルな場での仕事ですから、身だしなみに関する規則が定められていることが多いでしょう。制服と違って人それぞれ個性が出る髪型には気をつけましょう。清潔感のある髪型はもちろん、金髪などはNG。あなたの仕事が音響担当などで裏方メインであっても会場に出入りしたり廊下でお客様とすれ違う可能性がないとはいえません。

▲このカテゴリーのトップへ

長く伸びたツメ、ネイルアートはダメ?
お客様に商品を出すときやおつりを渡す瞬間、お客様はあなたの手元を見るはずです。特に飲食店ではツメはきちんと手入れをして、常に清潔に保つこと。また、派手な服装が合わない教育系のバイトなどでも、ネイルアートは控えた方が無難。

▲このカテゴリーのトップへ

制服はこまめに洗うこと!
たとえばおいしいと評判のパン屋さん。パンのいい香がする店内でプーンと汗臭い匂いが・・・・・・。本人は気づいていないけど、エプロンや制服などが汗臭いことはありませんか?一気にパンの味が変わってしまうような気がします。 毎日洗濯しにくいのは分かりますが、屋内でのデスクワークでも意外と汗をかいているものです。特に飲食業の制服はこまめに洗濯をして清潔に保つことを心がけましょう!

▲このカテゴリーのトップへ

ミュールでオフィスに出勤はNG
ミュールは、オフィスでは、階段や廊下などかたい床の上を歩く時にかかとの音が響いてうるさく、不向きです。オフィスでのお仕事では、パンプスや、ストラップのあるサンダルを選びましょう。仕事に集中していたり電話中の人にとっては耳障りなものです。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事の前の食事に注意!
「エステサロンで過ごす至福のとき・・・でもさっきからおかしいぞ。店員さんの口からニンニクの臭いが・・・!!」そうです。こういったお客様と長時間にわたり密なコミュニケーションをとる必要のあるバイトや短時間でも接客バイトなど、直前の食べ物に気をつけよう。にら、玉ねぎ、ニンニクなど、バイト前には控えた方が無難。前日の飲み会の二日酔いで・・・なんてこともあるので、お口のケアをしっかりしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスでは脱帽、がキホンです
お気に入りのオシャレな帽子をずっとかぶっていたい…そんな気持ちは分かるけれど、オフィス(室内)では脱帽がキホン。帽子を被ったままの挨拶は、失礼にあたります。きちんと守りましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

髪型自由といわれたらどする?
「髪形自由」とするバイト先も多いと思います。自由といえども、お店の雰囲気やお客様によってふさわしい髪型があります。ド派手な装飾をした髪型で飲食店に立てば清潔感に欠けると思われるおそれがあるし、年配のお客様が多いお店では違和感があります。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先での靴、汚れていませんか?
飲食のバイトであれ、アパレルのバイトであれ、汚れた靴やスニーカー、履いていませんか。また、よく見るとかかとが完全に擦り減ってしまい、左右高さの違う靴やハイヒール。どんなにファッションが決まっていても、これではだらしない印象しか残りません。きちんと修理をして手入れをしたいものです。 髪型やメイクだけではなく、靴もチェックしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

真夏の営業に、冬物スーツはオカシイ!
毎日スーツを着る人ならば、数着持っていて、しかも夏は裏地がない風通しのよいものや冬は厚手のものなどそろえているかもしれません。 でもバイトで週に1,2回程度しか着ないのに、安くはないスーツを何着もそろえるのは大変。でも、真夏にごわごわしたの厚手のスーツを着て汗をびっしょりかくようでは、お客様は不愉快なもの。せっかくネクタイを締めてシャキッとしようとしたのに、むしろ逆効果です。季節を考えた服装を心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスのエアコン、服装で対応しましょう。
エコ、エコ、エコと叫ばれる昨今、オフィスやお店のエアコン設定温度を夏は高めに、冬は低めに設定するところも増えてきています。オフィス系のシゴトで長時間室内にいる場合は寒さ・暑さ対策を忘れずに! 健康管理に気をつけて風邪を引かないことも働く上では重要なこと。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事中のカラーコンタクト、大丈夫?
カラーコンタクトは派手な髪型や髪色、目立つデザインの洋服とは違い、目立ちにくいのは事実。でも接客の場合はお客様と目を合わせることもよくあるでしょう。勤務先でハデな服装やメイクを控えるように決められている場合は控えた方が無難。

▲このカテゴリーのトップへ

結婚式場でのアルバイト、髪型にも気をつけて
ブライダルのアルバイト。フォーマルな場での仕事ですから、身だしなみに関する規則が定められていることが多いでしょう。制服と違って人それぞれ個性が出る髪型には気をつけましょう。清潔感のある髪型はもちろん、金髪などはNG。あなたの仕事が音響担当などで裏方メインであっても会場に出入りしたり廊下でお客様とすれ違う可能性がないとはいえません。

▲このカテゴリーのトップへ

大学生だけど、バイトのときはスーツ。手入れが面倒なんだけど…
営業やオフィス系のバイトの場合、学生であってもスーツを着なければいけないこともあります。スーツは座ればズボンの折り目が消えてしまったり、イスに寄りかかれば背中にしわができたりするもの。週に数回しか着ない場合でも定期的にアイロンかけをしたり、ブラシをかけておきましょう。特に飲み会でうっかり食べ物をこぼしてしまったような場合でも、すぐに汚れを拭き取ったりクリーニングに出すなど、次に着るときまでにはキレイにしておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

花粉症の季節。アレルギーなんだけど、アルバイト大丈夫?
アレルギー、苦しいですよね。薬の中には、眠くなる飲み薬などが多いので、処方してもらうときや薬局で購入するときに必ず確認しましょう。特に、車やバイクの運転が必要な配送や営業のバイトでは、眠気を催す飲み薬は避けたほうがよいかもしれません。 比較的眠くならないものが、スプレータイプの外用薬です。効き目も早く、いきなり起った発作でも比較的直ぐに対応できます。 購入するときには、自分の症状や体調を相談してから、体にあったものを選んでください。

▲このカテゴリーのトップへ

流行りのオシャレな長靴、これなら職場に履いていってもOK?
最近、色もデザインもいろいろな、オシャレな長靴がよく売られています。雨が降っていなくても、フラリ長靴でお出かけしたい気分。でも、やっぱり長靴は長靴。 屋外や水仕事など、長靴が必要な職場ならともかく、たとえばオフィスや接客のバイトの場合、職場にふさわしいかどうか考えてみましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

言葉づかい上司や仲間、お客様と話をするときには「友達とは違う」という意識を持とう!

「オレ、バイトなんでわからないんですけど」は社外には通用しません!
そもそも「オレ」とか、「なんですけど」という言葉遣い自体が適当ではありません。 しかし、今回最も問題なのは、「自分はバイトである=正社員のスタッフとは違う」という軽い意識です。お客様からすれば「お店の人」ということで区別はできません。もしもお客様の問い合わせに自分では判断できない、わからない場合は、「担当のものが状況を把握しておりますので、お待ちください」と断った上で、店長や先輩など、対応ができる人を呼んでこよう。

▲このカテゴリーのトップへ

お通夜、お葬式。参列者の気持ちを考えて!
亡くなった方とのお別れの場。駅や道路で斎場の案内をしたり、入り口で誘導したり。アルバイトであれば式を取り仕切るような場はないまでも、誘導やドアの開閉など裏方の仕事があるはず。その際、ペアを組んだ同僚と談笑するようなことは厳禁です。 きちんと場の雰囲気を踏まえて仕事に取り組みましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

↓コニュニケーションへ

コミュニケーション

上司・同僚年齢層の違う人もいる職場だからこそ、意外なことに気をつけなきゃ

風邪を引いた!仕事を休みたいとき、どうすればいい?
急な発熱!寒気にめまいと、、仕事どころではない!そんな時は、すぐにバイト先に電話して、上司と相談しよう。無断欠勤はもちろん、バイト先から電話がかかってきてしまうようではダメ!

▲このカテゴリーのトップへ

上司を呼び捨てにしてもいいとき
お客様からの電話。電話口の相手が話をしたいという上司、鈴木さんがいない場合どうしますか。「鈴木さんは今おりません」ではなく、「鈴木は今、外出しております」と答えましょう。自分の上司であっても、苗字だけの呼び捨てOK。

▲このカテゴリーのトップへ

「なぜ、この仕事を頼まれたのか」を考えること!
店長からいろいろ頼まれる仕事。ひととおり仕事に慣れてきたら、単純にこなすだけではなく、「なぜ、この仕事を今お願いされるのか」をちょっとだけ考えてみましょう。たとえば居酒屋で多人数の座敷をキレイに片付けなければならないとき。あなたひとりだけではなく、何人かのスタッフで手分けをすることが大事。そこであなたがみんなを仕切る役割なら、どうすれば速やかに、キレイにかつ他のお客さんの迷惑にならずにできるかを考えて、てきぱきとあなたから指示を出してうまくこなせれば、将来仕事をする際にも役立ちます。

▲このカテゴリーのトップへ

『今日は無礼講!』って、どういう意味!?
バイト先の飲み会で、「今日は無礼講!!」なんて店長が言ったら・・・・・・これはお互い気を遣いすぎずに本音で飲もうという意味です。仕事での堅苦しさを忘れて楽しくすごしましょう。ただし、羽目を外すのとは意味が違います。暴言を吐いたり暴れるなど、後日気まずい思いをすることのないように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

苦手なバイト先の先輩、どう接する?
どこの職場でも苦手な先輩はいるものです。しかし、ココは職場。友人ではなく、あくまでも仕事、価値を生み出すパートナーとして、「スキ・キライ」という軸は一端はずして考えて見ましょう。先輩の期待通りの成果を出せているか、あなたのどんなところを信用してくれているのかなど冷静に考えてみましょう。まずは、信頼関係を気付くことが先決。スキ、キライ以外の軸がつかめると、気が楽になりますよ!

▲このカテゴリーのトップへ

年上の新人バイトがやってきた!どうする!?
バイト歴は自分の方が上。でも年齢は新人の方が上。こういった場合どうしますか。あなたは仕事の上では先輩、でも相手が年上であることは忘れないように。相手がいざというときに落ち着いた対応をしてくれたり、アドバイスをしてくれることもあるかもしれません。また、年下のあなたからのぞんざいな口のきき方によっては、仕事場の雰囲気を壊してしまう原因にもなります。

▲このカテゴリーのトップへ

失敗をしたら直ぐに報告すること
仕事上での失敗。出来れば上司に秘密にしたい… しかし、ここで一番大事なのは、上司に一刻も早くこのミスを報告すること。大きな事故になってしまう前に、最小限でミスを食い止めるには、この報告は欠かせません。ましてや、ミスを報告しなかったほうが、後々大目玉を食らいかねません。 失敗したら直ぐに上司に相談するように心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

「コピー30部とっといて」って言われたとき、どうする?
先輩から資料を手渡されてコピーをお願いされたとき「はい」と聞くだけでは足りない!!「カラーで出力するのか」「ホチキス留めはするのか」、はたまた「2in1」なのか、「両面コピーなのか」など、確認しなければいけないことはたくさんあります。もちろん、お願いする先輩が言葉足らずのときは、キッチリフォローしちゃいましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

予想外の仕事発生!残業するときのルールはこれ!
突然のトラブルや、予想外にたくさんのお客様が来てくれたときなど、いつもの勤務時間内に仕事が終わらなくなる、というのはよくあること。こういうときに大切なのは「●●の理由で30分ぐらい仕事が延びそうです」とあらかじめ上司に仕事の様子を連絡しておくこと。なぜ突然仕事が長引いたのかと、余計な心配をかけないように、こまめな連絡を心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

遅刻や欠勤の連絡はできるだけ早く!
電車の遅れで遅刻をしてしまう場合やカゼでどうしても休まなきゃいけない場合、当日のバイト開始時間よりも前にはわかるはず。事故で電車の運行が中止されて遅れてしまう場合でも、その場ですぐバイト先に連絡するようにしよう。バイト開始時間を過ぎてから店長から電話がかかってきた、なんてことのないように。

▲このカテゴリーのトップへ

家庭教師のアルバイト。部屋のドアは少し開けておこう
家庭教師のアルバイト。教えている姿を見られるのがなんだか恥ずかしい!!という気持ち、わかります。しかし、部屋のドアは大きく開けておく必要はありませんが、少し浮かすぐらいに開けておく方がいいことも。その方が保護者の方も勉強する様子が何となくうかがえて安心するはず。ちょっとした気遣いが、喜ばれます。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事仲間の間に飛び交う「略語」が恥ずかしい…
たとえばレストランでホールスタッフとキッチンスタッフがお客様の注文を伝える時に暗号のような言葉を使うことはよくあること。これは、なるべく早くスムーズにかつ間違えることなく仕事相手に意図を伝えるために不可欠な言葉。 慣れないうちは恥ずかしいが、ルールはルール。しっかりコミュニケーションをとろう。また、こうした略語が実は英単語だったりして、海外旅行にいったときに役立った!なんてこともありあすよ。

▲このカテゴリーのトップへ

上司宛の電話を受けたときは?
相手の名前や会社名をしっかり聞き取り、メモを取りましょう。相手が「じゃぁ、また掛けなおします」といっても、「お急ぎでしたら●●(上司の名前)に連絡を取り、携帯電話から掛けなおさせましょうか?」や、「お電話を頂戴しましたこと、伝えておきます」などのひと言を添えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

上司の仕事パターンを知って、あらかじめ自作のレストラン・リストを作っちゃおう
秘書として務める場合や、総務として上司のサポート業務をする場合、お客様のためにホテルの予約をしたり個室のあるレストランを予約するような仕事も多いでしょう。オフィスの近くのレストランや交通の便利な場所、地方のお客様のために新幹線停車駅の近くなど、予算やシチュエーションに合わせて使えるお店のリストを作っておくと便利。 自分の仕事も楽になるし、「気が利くね!!」と頼りにされること間違いなし!

▲このカテゴリーのトップへ

まとまった期間バイトを休むときは早めに知らせ、不在の間の引継ぎを
学校の試験や海外旅行、帰省など、1週間を超えてアルバイトができないときもあると思います。まずできるだけ早く、休みをもらいたいことを上司に伝えるようにしましょう。飛行機のチケットをすでに取ってしまって休めない! なんてことにならないように気をつけましょう。 また、自分が不在の間にバイト先に迷惑がかからないように、先輩や気のあう同僚に代わりに出勤してもらうなどの手はずも整えておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

上司宛の電話を受けたときは?
相手の名前や会社名をしっかり聞き取り、メモを取りましょう。相手が「じゃぁ、また掛けなおします」といっても、「お急ぎでしたら●●(上司の名前)に連絡を取り、携帯電話から掛けなおさせましょうか?」や、「お電話を頂戴しましたこと、伝えておきます」などのひと言を添えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

  
昨晩彼氏にフラれた。それでも接客は笑顔で!
プライベートの出来事でどうにもこうにも、やる気の出ない日もあると思います。しかし、仕事は仕事と割り切って笑顔で乗り切りましょう。女優と思って笑顔で演じ、プライベートで失敗があってもバイトは上手く行きたいと肝に銘じ、あの手この手で乗りきりましょう。 落ち込んだまま仕事をしているときに限って、注意力が足りないためにミスを犯してしまったり、トラブルに巻き込まれてしまうことも。いつも同じ表情で仕事をすることはできないかもしれませんが、プライベートを引きずらないようにすることが大切です。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間は大切にしよう
仕事を一緒にしていれば、思わず仲間のことを愚痴りたくなることもあるはず。しかし、こういった軽い愚痴が仲間割れを引き起こし、仕事に支障が出ることも。気持ちよく働くためにも、仕事仲間は大切にすること!

▲このカテゴリーのトップへ

メールは送る前にしっかり読み返そう。
メールは一度送ると、取り戻せません。送信ボタンを押す前に相手の気持ちになってしっかり読み返しましょう。とくに怒って興奮しているときなど、後々考えると失敗したな、と思うこともあるかもしれません。便利なツールだけに、慎重に使おう。

▲このカテゴリーのトップへ

気持ちよくバイト仲間に手伝ってもらうとき
自分の頭では仕事内容を理解していても、人には詳しく言葉で説明しなければ伝わりません。内容を整理して明確に説明し、感謝の気持ちを言葉にしましょう。きちんと感謝の気持ちを表すことで、次回もまた気持ちよく手伝ってもらえるものです。

▲このカテゴリーのトップへ

アルバイトを応募するときの電話。まず最初のひとことは?
まずば、まだアルバイトを応募しているかどうかの確認が必要。「マイナビバイトで御社の求人を拝見して、電話をさせていただきました●●と申します。担当の方お願いできますでしょうか」と担当の方に代わっていただき、まだ1,応募が可能か、2,面接にいつうかがえばよいか、3,持ち物を確認しよう。 電話を切るときには「では●月●日●時におうかがいいたします。どうぞよろしくお願いいたします」といって、相手が電話を切ってから受話器を置きましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

経験者の募集。「未経験だけどどうしてもやりたい!」こんなときどうする?
経験者の募集だけど、どうしてもこの仕事がしたい!そんな時、あきらめていませんか。 例え未経験でも、熱意を買って採用してくれる場合もあります。最初の電話で「未経験なのですが、どうしても●●の仕事をしたいと思って折、一度面接をお願いできませんでしょうか」と、ダメ元で電話してみましょう。新たなチャンスがつかめるかもしれません。

▲このカテゴリーのトップへ

採用面接での志望動機。NGワードはこれ!
「仕事が楽で早く終わりそうだし、簡単そうだったので…」、これでは最初からやる気がないのかと思われてしまいます。「また、御社の事業に魅力を感じました」というのも、どの部分にどんな魅力を感じて応募してきたのかがまったく不明。不器用でもいいから、自分の言葉で「なぜ、このアルバイトをしたいのか」をしっかり話そう。

▲このカテゴリーのトップへ

面接時間に間に合わない!こんなときどうする!?
面接時間の10分前には到着するようにしたいもの。でも、予想外の交通機関の乱れや、初めての場所で道に迷ってしまって、面接時間に間に合わないと言うこともあるでしょう。そんな時は落ち着いてすぐに面接先に電話すること。連絡もしないで遅刻をするのは、もってのほか、「電車が遅れておりまして、申し訳ありませんが10分ほど遅れてしまいます」など、具体的な到着目安をなるべく早く連絡しておこう。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事を辞めるときのマナー
アルバイトを辞めるとき、いつ申し出るのがいいと思いますか。できれば、2ヶ月前、遅くとも1ヶ月前には申し出ましょう。後任のアルバイトを採用する時間や同僚への引継ぎも必要ですので、早め早めに伝えること。「辞めるって言いづらいから」とずるずると引き延ばして突然やめてしまうことのないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

アルバイト仲間との楽しいランチタイム。気をつけることは…。
仲間との楽しいランチタイム。職場の情報交換や、悩み相談と、いろいろ話題はつきません。でもちょっと待ってください。食事をしているのは、上司や同じ会社の人も結構周りにいるはずです。噂話が思わぬトラブルを招くこともあります。「壁に耳あり、障子に目あり」ランチタイムの話題には気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

OFFのときでも仕事場の話しは謹みましょう。
バイトをしていれば当然不満もたまるもの。バイト仲間と食事中や電車の中で仕事のグチを話したところ、思わぬ人が聞いているかもしれません。バイト先の会社の機密事項や、グチが悪口にとられて思わぬトラブルを招く場合もあります。外で職場の話をするときには気をつけましょう。社外の人が聞いているかもしれません。あなたのひと言で会社やお店の信用が落ちてしまうようなことがないように。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事のスケジュールはメモしておこう!
バイトの曜日がいつもバラバラ!。また、定時勤務の人でも開店前に臨時の打ち合わせをしたり残業をする日も。イレギュラーなケースはあらかじめメモしておけば、すっぽかして友達と飲みに行ってしまう…なんてことも防げます。

▲このカテゴリーのトップへ

なんでもメモするクセをつけよう
打ち合わせの時はもちろん、ちょっと先輩に呼ばれたとき、初めての対応を頼まれたとき、複雑なレジの使い方や接客のコツを教えてもらった時など、教わったことはメモをして残しておこう。いちいち「あれ、どういうことでしたっけ?」なんて、何でも聞いてしまうこともないし、それで怒られることもない。

▲このカテゴリーのトップへ

電話番号表などの個人情報はもちださない!
電話番号や住所や氏名など、個人が特定できる情報をバイト先以外に知られてしまうのはダメ。ショップなどでお客様にポイントカードなどを発行する際に住所などを記入してもらうケースもあるはず。こうした情報も絶対に持ち出さないこと! 個人情報の保管方法は会社やお店ごとに決まりがあるはずです。「申込書1枚だから…」などと軽く扱うことのないように。

▲このカテゴリーのトップへ

仲のいいバイト仲間で名簿を作りたい…これってNG!?
仲の良い友達どうしで電話番号やメアドを交換するのは自由ですが、名簿やメンバーが一覧できるものとなると、グループの中には住んでいるところや携帯電話の番号を多くの人に知られたくない人もいるものです。勝手に作ってしまうことのないように。昨今、個人情報の流出や、知らないうちに名簿が悪用されるなど良くあることです。 他人の電話番号やメールアドレスの扱いはくれぐれも慎重に、気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先では、会う人みんなに挨拶をしましょう
バイト先での挨拶はキホン中のキホン。バイト先の仲間だけでなく、ビルの清掃なら、ビルを使っているひと、マンションの引越ではお客様以外の居住者などにも挨拶をしよう。また、飲食店では食材を届けてくれる業者の方もいる。自分が直接仕事をしない人でも率先して挨拶するように心がけよう。仕事がスムーズになりますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

新人バイトの指導は、最初から丁寧に
自分は慣れていて当たり前だと思っていても、新人バイトにとっては全く新しい世界です。新人アルバイトが入ってきたら、自分の目線ではなく、「何も知らない」ということを念頭において、丁寧に指導してあげよう。最初に丁寧に指導してあげると、後々スムーズに仕事を進めることができます。ただし馴れ合いにならないように注意。叱るべきときにはきっちり叱ることも大切です。

▲このカテゴリーのトップへ

会議に出たら、議事録を取るようにしましょう。
アルバイトのスタッフのあなたが会議に出席することもあります。 もちろん、あなたから積極的な発言を期待している場合もありますが、そうでない場合でも率先して裏方の役目を果たしましょう。机や椅子の配列をアレンジしたり、ホワイトボードの準備、マイクの準備など。場合によっては議事録までとることが必要かもしれません。 議事録の内容が、今後シゴトするときに、迅速に動くための欠かせない情報になるかもしれません。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様電話や来客への対応をすることも。あなたの印象が、バイト先の印象を決めることも!

憧れの芸能人がご来店!さあ、どうする?
大好きな芸能人がバイト先にやってきた!ひと目見てみたい、サインをもらいたい気持ちはわかるけど、ちょっと待って!お客様を差し置いてバイトである自分だけがいい思いをするのはいかがなものか。また、プライベートを楽しまれているということも忘れずに。きちんと状況判断し、騒いだりしないようにしましょう。気になるのはわかりますが、他のお客様への対応がおろそかになってはいけません。

▲このカテゴリーのトップへ

結婚式場での音響アルバイト。お客様にアドバイスできる知識が必須。
結婚式は一生に一度の晴れ舞台。そこで重要なのが音楽です。音響の技術的なことはもちろん、どんなシーンにどんな音楽がオススメなのかなど、自分の知識で語れアドバイスできるように日頃から勉強しておくことが必要。仮にアシスタントであっても、「こんな曲聴いたことないな」というよでは×。自分が好きではない音楽でも、仕事の一環として聴いてみることも大切です。 お客様にとっては、音響技術は知らないことが多いので、こちらからいろいろな提案ができるとよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

昨晩彼氏にフラれた。それでも接客は笑顔で!
プライベートの出来事でどうにもこうにも、やる気の出ない日もあると思います。しかし、仕事は仕事と割り切って笑顔で乗り切りましょう。女優と思って笑顔で演じ、プライベートで失敗があってもバイトは上手く行きたいと肝に銘じ、あの手この手で乗りきりましょう。 落ち込んだまま仕事をしているときに限って、注意力が足りないためにミスを犯してしまったり、トラブルに巻き込まれてしまうことも。いつも同じ表情で仕事をすることはできないかもしれませんが、プライベートを引きずらないようにすることが大切です。

▲このカテゴリーのトップへ

歯医者での受け付け業務。今痛い、と言われたら…。
もし、予約が一杯でも先生に相談しましょう。予約が一杯なので、来週…と言うような対応をすると、当然来院することはないでしょうし、悪いイメージがついてしまい、今後のお付き合いもないと予想されます。それに痛みがつらくて来院した患者さんを突っ返すわけにはいかないでしょう。急患の方には、特別な対応ができるかどうか確認し、どうしてもできない事情があれば、別の歯科医院を教えてあげることも、今後の良いイメージに繋がるでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

エステサロンでのアルバイト。アナタの手、大丈夫ですか。
うっとり、顔をマッサージ。スベスベになって…と思っていたら、アレ!?なんだかチクチク。こんな風にお客様に思われるとアウト! エステシャンには、手荒れ厳禁です。ひび割れやささくれが出来ないように普段から水仕事には手袋をする、手洗いをしたらクリームで保湿するなど心がけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

アロマサロンやマッサージ屋さんでのアルバイト。赤ちゃんを連れて行きたいというお客様にはどう対応する?
本来、リラックスしたいからこそ行きたい場所。もし隣で赤ちゃんが泣きっぱなしでは、他のお客様が心地よく過ごせないことにつながる可能性があります。 完全個室で防音もされているお店であれば赤ちゃんや小さなお子さんをお連れのお客様にもご来店いただけると思いますが、他のお客様と並んで施術を受けるようなお店の場合、やはりお断りしたほうが賢明かもしれません。 お店の方針を確認してから対応しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

外国人のお客様がご来店!さあ、どうする!?
メニューに写真があるファミレスやファーストフードはまだしも、日本語のメニューしかない飲食店ではお客様の注文を聞きだすことに苦労することも考えられる。とくにおそばやさんなどでは英語のメニューは用意されていないことが多い。英語のできる同僚がいるに越したことはないが、あたたかいのか冷たいのか、豚肉なのか鶏肉なのか、その程度は説明できるように調べておこう。 お客様によっては、宗教やアレルギーなどで食べられない食材もあるはず。ちょっとした気遣いで食事を楽しんでもらうためにも、スキルアップと思って頑張ってみよう。

▲このカテゴリーのトップへ

アルバイトでも正社員でも、お客様はみな「プロ」としてあなたを見ています!
仮にアルバイトとして働いている場合でも、そのお店や会社の一員として働いている限り、外部の人にとってはみな同じプロだと思ってあなたのことを見ています。 電話に出た時に、「いや、私バイトなのでよくわからないのですが…」ということは絶対にダメ! 社員が会議中なのか、外出中なのかきちんと把握しておくこと。もっと大事なことはスタッフの名前をちゃんと覚えること。たとえば「山田さん、いますか?」と聞かれて、もし山田さんがふたりいるのならば、「営業の山田と総務の山田のどちらにおかけでしょうか」というような対応ができ、間違いなく電話を繋ぐことができますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

お年寄りにはお年寄りのペースに合わせよう。
介護施設で働く人であれば、レストランでも美容室でも、お年寄りのお客様と接することがあるはず。メニューの文字が小さくて読めないことやあなたの声が聞き取れないことだってある。 そんなときはマニュアル的な対応をしていてはダメ! 大きな声でゆっくり説明をしたり、表現を変えたり、またメニューを指差し確認するなど、臨機応変に!

▲このカテゴリーのトップへ

教える人は、自分ができなかったときを思い出すこと!
スポーツインストラクターでも塾講師でも、教える相手は「上手くなりたい、できるようになりたい」からこそあなたに教わりに来るのです。あなたは簡単にできることでも、生徒は必死。何度説明してもできないこともある。そんなとき、「何度教えれば気が済むんだよ!」というような対応ではいけません。プロとして教育する側にいるのですから、できるまで教えてあげるのもプロの仕事なのです。自分が苦労をして練習をしたときのことを思い出すとよいでしょう。あなたにとっては当たり前のことでも、生徒に指導することで、自分の技をさらに磨くことにもつながります。

▲このカテゴリーのトップへ

子ども相手の場合は子ども目線でわかりやすい言葉で説明してあげよう
子どもが来店するお店での接客。ぶっきらぼうな言葉遣いをせずに子どもの目を見てやさしい言葉で。「これください!」なんていわれた時に、しゃがんでこどもの顔の高さで話を聞いてあげたり、わかりやすい言葉を遣ったり、聞き取りやすいようにゆっくり話してあげる配慮も必要です

▲このカテゴリーのトップへ

高齢のお客さんが多いお店ではお客さんのペースに合わせて
あなたにとっては何てことない階段の上り下り、入り口の段差、小さい文字で書かれたメニューや商品の説明書きなども、高齢のお客様にとっては大変だったりすることも。その他重いドアの開け閉めを手伝ったり、手の届かないところにある商品を取ってあげたり、率先して手伝ってあげるような気配りをしよう。

▲このカテゴリーのトップへ

商品が品切れ!「あ、それないです」は、通用しない!
お客様が希望する商品がない場合、まずは一言謝ること。できれば、「当店では売切れてしまいましたが、●●店に在庫があるかもしれないので、確認します」など、できる限りお客様のニーズに応えようとしている姿勢を見せよう。

▲このカテゴリーのトップへ

何があっても興奮しないこと
お客様が激怒! ひどい言葉も飛び出し、ものすごく興奮しているご様子。つられて自分も興奮してしまいそうですが、そこはぐっと我慢。冷静に対処しましょう。心の持ち方のコツは、「このお客様は個人的に私が嫌いで怒っているのではなく、サービスに対して怒っているのだ」と個人的な感情とお客さんが怒っている問題とを切り分けて考えるのがポイント。上手く対処できるかも。

▲このカテゴリーのトップへ

無言電話禁止!
お客様に電話をかけると、留守番電話だったので、そのまま受話器を置いた。。。これ、NGです!1回目の電話では、必ず会社名と名前を名乗り、「後ほどかけ直させていただきます」と伝言を残しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

↑常識へ↓トラブルへ

トラブル

職場で気持ちよく仕事をするために、「あれ??」と思ったら確認しよう!

日払いのはずが、「お給料、金曜まで待ってもらえる??」ってアリ??
基本的にバイトをはじめる前に、書面で契約書をもらっていれば(約束をしていれば)、それを提示して交渉してみよう。
詳しくは/contents/oyakudachi/guide/05/を参照

▲このカテゴリーのトップへ

「来月まで来なくていいよ」といわれたら、どうする?
たまたま大雨で、お客様の出足が悪く、その日だけ2,3時間早く帰れるのであればともかく、バイト先の勝手な都合で早く帰らせたり、仕事を無理に休まされたために収入が減るとなれば、生活に響くこともあるでしょう。 こういった事態が続くようでしたら、困ると言うことを具体的に責任者にきちんと伝えて、改善してもらいましょう。また、勤務時間や休みの規定についてはバイトを始める時に書面で取り交わすようにしよう。後々トラブルになった時に助かります。

▲このカテゴリーのトップへ

風邪を引いた!仕事を休みたいとき、どうすればいい?
急な発熱!寒気にめまいと、、仕事どころではない!そんな時は、すぐにバイト先に電話して、上司と相談しよう。無断欠勤はもちろん、バイト先から電話がかかってきてしまうようではダメ!

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先の上司にセクハラをされた
「これは、お愛嬌」と思われるとそれまでですが、本人が不快だ、セクハラだ、と思った時点で、やはりセクハラの可能性があります。こんなとき、会社のそういったトラブルの窓口、もしくは、アルバイトを紹介してくれた機関、労働基準監督署へ相談しましょう。泣き寝入りして、心にしこりを残すことはありません。

▲このカテゴリーのトップへ

「隣のビルの電気が消えるまで、仕事しろ!」と、毎晩言う上司。これってパワハラ?
遠まわしに毎晩夜中まで働け、むやみに残業を求めている、と言うサインでしょうか。もしかすると、パワハラの可能性があります。他に相談できる上司、もしくは、こういった相談を受け付けてくれる部署はありませんか?もしなければ、労働基準監督署へ相談しましょう。 ただし、会社の繁忙期など、きちんとした理由があり、不規則的に遅くまで働かなければいけない日、というのは発生することはありえます。普段から執拗な嫌がらせを受けているのかなど、複合的に考えて対処したいものです。

▲このカテゴリーのトップへ

いつも同じ人が経費精算の書類間違える!こんなときどうする?
経理スタッフのもとには、社員が立て替えた交通費や接待の飲食費などの精算をするための書類が届きます。とくに月末ともなればその量はハンパじゃないことも…。中には印鑑の押し忘れ、金額の合計計算ミス、領収書の但し書きがないなど・・・。 経理スタッフとして働く、ということは会社の大事なお金を扱うシゴトを担っています。面倒でもキチンとこなさなければいけません!とくにいつも同じような間違いを繰り返す人がいる場合、あなたも「いい加減にしてよ!」といいたくなる気持ちもわかりますが、グッとこらえて。怒らずに「こちら、印鑑が抜けていましたのでお願いします」と普通に対応をしたり、気軽に話せる人なら「もう、またですよ~! 今度やったらお昼おごりですよ!」くらいのやり取りで軽く流せばいいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間の電話番号、別の友達に教えてもいいの?
たとえば、バイト先の飲み会で「あの大学生のアルバイト、●●さんの携帯番号教えてくれよ」と頼まれる場合。たとえ電話番号を知っていても、本人の了解を取らずに勝手に伝えてはいけません。「同じ職場ならいいだろう」と軽い気持ちで、他人の個人情報を教えてはいけません。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間にしつこく言い寄られます。断わっても断わっても…。
すぐにバイト先の責任者に相談してください。適切な対応を取ってもらうことが必要です。それでも状況が変わらず、ストーカーまがいな被害に遭っているのなら、警察にも相談しましょう。家族に現状を相談報告することも忘れずに。事が大きくなる前に手を打つこと!

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスの乾燥トラブル、どうやって対処する?
事務系のアルバイトでは、オフィスの乾燥に悩まされている人も多いはず。バイト先で加湿器を購入してもらえると一番良いのですが、最近では、机における小さな加湿器も手ごろな価格で販売されています。カゼやホコリ、花粉症対策には効果があります。お試しあれ!

▲このカテゴリーのトップへ

禁煙場所では、絶対にタバコは吸わないこと!
オフィス系のバイトならばオフィス内が禁煙で喫煙所が指定されている場合もありますが、自社以外の場所に足を運ぶ機会のある場合はタバコを吸ってよいかを確認する必要があります。 また、お客様のオフィスに訪問する場合は原則タバコは吸わないこと! また、清掃スタッフでオフィスビルにいく場合も屋外だからといって玄関口で一服、というのもいけません。 玄関はオフィスの顔。そこで数人が群れてタバコを吸っていては、会社のイメージを損ないます。 その他、塗装や清掃などの移動で使う車の中でも禁煙を心がけましょう。汚れを落とす溶剤や塗料などに引火して爆発や火災の元となる可能性があります。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事の駐車違反は許される!?
仕事中だから駐車違反は許される…という法律はありません。駐車違反にはくれぐれも注意しましょう。配送ドライバーの仕事なら、駐車スペースがない場所での対処方法などをバイト先の先輩に前もってアドバイスをしてもらいましょう!

▲このカテゴリーのトップへ

間違ったときには、直ぐに謝る!これが上手く行く基本です!
予約が取れていなかった、お釣りを渡すのを忘れていた…失敗は誰にでもあるもの。どんなに気をつけていても間違いは起こってしまいます。大事なのは、そのあとすぐに「申し訳ございませんでした!」と素直に謝れるかどうか。下手にごまかしたりすると、とんでもない事態に発展することがありまよ!気をつけて!

▲このカテゴリーのトップへ

上司に仕事を教えてもらえない
上司や先輩スタッフが仕事を教えてくれるのが当たり前とは思ってはいけません。指示を待っているだけではなく、自分から率先して行動するように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

クレームはメモで伝えないこと!
クレームを受けて大事なのは、迅速に対応すること。たとえ担当である上司がいなくても、携帯電話へ連絡を入れるとか、処理できる人にお願いするとか、なるべく早く対応しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

同僚に仕事の出張でもないのに、無理やり旅行に誘われた。
断わると、暴力や圧力が掛けられるなど、異常だと思ったら直ぐに、信頼できる上司に相談しましょう。身の危険を最後に守られるのは自分自身です。安易に了承したりしないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

インターネットのコンテンツ制作。一番大変なことは…
アルバイトとなると、アシスタントであることが多いと思います。この仕事の一番大変なのは。製作依頼と確認作業の繰り返しであること。プログラマー、デザイナー、カメラマン、ライターと、同時に何人もの人に指令をだしながら、作品を作っていくわけです。 一人仕事で完成!と勘違いしている人も多い仕事ですが、それは間違い。人間力アップに繋がる仕事です。

▲このカテゴリーのトップへ

塾講師のアルバイト。保護者から「えこひいきをする!」と槍玉にあげられた場合。
冷静に考えてえこひいきをしていない、と判断できた場合、その保護者が何を訴えているのか、まずは、しっかり話しを聞きましょう。また、平等な判断ができる同僚、第三者に入ってもらい原因とこれからの対応策を考え、示し、納得していただきましょう。 また、あきらかに「えこひいき」だった、と言う場合にはお詫びと改善策の提示が必要です。 不本意ながら、誤解を招く指導があったのかなど、次に活かせるようにしっかり検証することが求められます。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事で掛かって来た電話なら、車の運転中でもOK?
ダメです。自分が掛けたわけではないから…なんて言い訳は通用しません。どんな理由であれ、運転中の携帯電話の使用は法律違反です。電話をするときは、必ず、停車することを守りましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

働いている最中に、具合が悪くなってきた
これ以上ムリと判断した時点で、上司に相談してください。また、カゼやインフルエンザなど伝染力の強い病の疑いの場合には、早退をオススメします。体調不良で思わぬミスが起こることも。あなた自身もつらいですし、お客様やバイト先の仲間にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

お酒を飲んだのに、同僚や上司に運転を頼まれた
何を言われようと、キッパリ断わりましょう。「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」が基本です。飲酒運転は、立派な犯罪です。お酒を飲んで車を運転することは、無差別殺人と同じであることを理解しておきましょう。あなたの人生がめちゃくちゃになる可能性がありますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

営業車でスピード違反。仕事中だから、罰金は経費で処理できるの?
落ちません。自腹で支払うことになります。仕事中であっても、スピード違反は個人的な落ち度です。当然警察官にも、そのような「仕事中だったので」という言い訳は通用しないでしょう。 仕事中ですので、いろいろと考えながら運転することも多いと思いますが、こういった些細な運転ミスにはくれぐれも気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

謝らなければいけないときは…
たとえば飲食店のバイトで料理をお客様の洋服にこぼしてしまった場合。「あ、すみません。」とそっけなく言って、汚れた台フキンでぬぐう・・・のはダメ! まずはきちんと謝ること。それも頭を深く下げ、相手にもきちんと聞こえる声で「申し訳ありません」。そのあとキレイなナプキンなどで持ってきてきれいにしよう。もし汚れがひどい場合にはお預かりしてクリーニングに出すような対応が必要なこともあります。

▲このカテゴリーのトップへ

先輩からこっぴどく注意されて、それ以来険悪な雰囲気になってしまった時。
思わぬ失敗に先輩にこっぴどく怒られてしまい、険悪な雰囲気に…。そんな時どうしますか? 友達であれば、気が合わなければ付き合わなくて済む話ですが、ここは職場。社会に出れば、気が合う、合わないは関係なく、お互いが協力して仕事をしていかなければいけません。。 初めてこういう経験をしたとき、学校と職場の人間関係の違いに気付くと思います。こういう小さな気付きや知識ををきちんと自分のモノにして、力をつけていきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

先輩から怒られて以来、立ち直れない。
不本意ながら、仕事で失敗をして先輩にものすごく怒られてしまった。それ以来先輩に対して、嫌な気持ちを引きずってしまい、立ち直れない…そんな経験、誰にでもありますよね。「引きずるな、忘れろよ」と周りが言っても、気になるのは仕方がないものです。そんな時、ひとつ、考え方を変えてみましょう。 先輩はアナタ個人に対して怒ったのではなく、アナタがやった仕事に対して怒っていると考えてみましょう。責められてしまった自分ばかりに気持ちが落ち込んでいませんか?先輩はアナタのことを信頼しているからこそ、怒ったのかも。ちょっと考え方を変えるだけで、スッキリしませんか?

▲このカテゴリーのトップへ

パソコンを持っての外出。電車の中でパソコンを網棚に置いてもいいの?
電車の中でパソコンは常に持っているようにしましょう。思わぬ企業秘密や個人情報などが、うっかり忘れたり盗まれたりすれば、法律にも関わる、重大な過失になりかねません。 必ず携帯するように気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

何があっても興奮しないこと
お客様が激怒! ひどい言葉も飛び出し、ものすごく興奮しているご様子。つられて自分も興奮してしまいそうですが、そこはぐっと我慢。冷静に対処しましょう。心の持ち方のコツは、「このお客様は個人的に私が嫌いで怒っているのではなく、サービスに対して怒っているのだ」と個人的な感情とお客さんが怒っている問題とを切り分けて考えるのがポイント。上手く対処できるかも。

▲このカテゴリーのトップへ

コピー機の調子が悪い…
コピー機、シュレッダーや冷蔵庫などなど、バイト先のみんなが使う機器が故障してしまったとき。不具合が生じている時に担当者が決められていればよいのですが、もし上司や先輩が仕事を中断してコピー機に詰まった紙を取り出そうとしたり、トナーの交換をしようとしているようなときには「私が代わりに対応します」と積極的に引き受けるようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様電話や来客への対応をすることも。あなたの印象が、バイト先の印象を決めることも!

高校生の私。アルバイトをしていたら、先生がお店に来て、怒られました。
きちんと学校の許可が必要な場合は、許可を取りましょう。校則で禁止されているにも関わらずヒミツでやっていた場合でもしも辞めなければいけない場合はあなただけの問題ではなく、バイト先にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

 
何があっても興奮しないこと
お客様が激怒! ひどい言葉も飛び出し、ものすごく興奮しているご様子。つられて自分も興奮してしまいそうですが、そこはぐっと我慢。冷静に対処しましょう。心の持ち方のコツは、「このお客様は個人的に私が嫌いで怒っているのではなく、サービスに対して怒っているのだ」と個人的な感情とお客さんが怒っている問題とを切り分けて考えるのがポイント。上手く対処できるかも。

▲このカテゴリーのトップへ

旅行会社でのカウンター業務。チケットの手配漏れを自宅に御連絡、コレ大丈夫?
お客様の中には旅行に行くことを家族には話さずに、友人と旅行に行かれる方も。連絡は、自宅ではなく、携帯にするようにしましょう。親切のつもりで、会社や自宅に御連絡したところ、思わぬトラブルになった事例もあります。受付の時に「連絡可能な電話番号」をあらかじめ確認しておくといいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

トラブルこそ絶好のチャンス!
落ち込むばかりがトラブルではありません。自分が成長できる絶好のチャンスでもあります。落ち込む気分はそこそこに、自分の武器が増えたと思って前向きに捉えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

↑コニュニケーションへ


★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報