アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > 常識&トラブル対処法 > 職種・シチュエーションから探す

バイトするなら知っておきたい 常識&トラブル対処法

職種から探す

いつも笑顔で気持ちよく。お客様と接する仕事 接客系

失敗しないで無事終わるに越したことはないけど、ちょっとしたトラブルに見舞われることはやむをえない…。

そんな時、どのように対応するか?あらかじめ想定しておけば、きちっと対応できるはず。

職場の環境上司や同僚とのトラブル、働く環境など。毎日気持ちよく働ける環境づくりを目指そう!

日払いのはずが、「お給料、金曜まで待ってもらえる??」ってアリ??
基本的にバイトをはじめる前に、書面で契約書をもらっていれば(約束をしていれば)、それを提示して交渉してみよう。
詳しくは/contents/oyakudachi/guide/05/を参照

▲このカテゴリーのトップへ

ごみの分別に気をつけて
環境問題について毎日ニュースが流れています。そんな環境を配慮して、職場のゴミ分別はかなり厳しいところも増えています。家庭と違って職場はゴミが大量に出でます。面倒とは言わず、分別ルールをしっかり守りましょう。ルールを守らないゴミを回収してもらえないことも。毎日大量にゴミが出る職場なら予定通りに回収してもらえないと大変なことに。飲食店など生ゴミの出る職場では注意が必要です。

▲このカテゴリーのトップへ

上司に仕事を教えてもらえない
上司や先輩スタッフが仕事を教えてくれるのが当たり前とは思ってはいけません。指示を待っているだけではなく、自分から率先して行動するように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先の上司にセクハラをされた
「これは、お愛嬌」と思われるとそれまでですが、本人が不快だ、セクハラだ、と思った時点で、やはりセクハラの可能性があります。こんなとき、会社のそういったトラブルの窓口、もしくは、アルバイトを紹介してくれた機関、労働基準監督署へ相談しましょう。泣き寝入りして、心にしこりを残すことはありません。

▲このカテゴリーのトップへ

「隣のビルの電気が消えるまで、仕事しろ!」と、毎晩言う上司。これってパワハラ?
遠まわしに毎晩夜中まで働け、むやみに残業を求めている、と言うサインでしょうか。もしかすると、パワハラの可能性があります。他に相談できる上司、もしくは、こういった相談を受け付けてくれる部署はありませんか?もしなければ、労働基準監督署へ相談しましょう。 ただし、会社の繁忙期など、きちんとした理由があり、不規則的に遅くまで働かなければいけない日、というのは発生することはありえます。普段から執拗な嫌がらせを受けているのかなど、複合的に考えて対処したいものです。

▲このカテゴリーのトップへ

店先でお客様が急に倒れた!
高齢化社会ともなれば、こういった危機管理も必要になります。基本的には救急車を直ぐに呼びましょう。暫らく横になって・・・・・・なんて悠長な対応をしたばかりに、麻痺が残ったりしては大変です。落ち着いて対応しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

いつも同じ人が経費精算の書類間違える!こんなときどうする?
経理スタッフのもとには、社員が立て替えた交通費や接待の飲食費などの精算をするための書類が届きます。とくに月末ともなればその量はハンパじゃないことも…。中には印鑑の押し忘れ、金額の合計計算ミス、領収書の但し書きがないなど・・・。 経理スタッフとして働く、ということは会社の大事なお金を扱うシゴトを担っています。面倒でもキチンとこなさなければいけません!とくにいつも同じような間違いを繰り返す人がいる場合、あなたも「いい加減にしてよ!」といいたくなる気持ちもわかりますが、グッとこらえて。怒らずに「こちら、印鑑が抜けていましたのでお願いします」と普通に対応をしたり、気軽に話せる人なら「もう、またですよ~! 今度やったらお昼おごりですよ!」くらいのやり取りで軽く流せばいいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト仲間にしつこく言い寄られます。断わっても断わっても…。
すぐにバイト先の責任者に相談してください。適切な対応を取ってもらうことが必要です。それでも状況が変わらず、ストーカーまがいな被害に遭っているのなら、警察にも相談しましょう。家族に現状を相談報告することも忘れずに。事が大きくなる前に手を打つこと!

▲このカテゴリーのトップへ

営業車に乗るときは、会社の名前を背負っていると思って気を引き締めよう。
会社の車に乗るときには、会社の名前を背負っていると思って、気を引き締めて乗りましょう。ましてや、会社の名前を書いてある場合は、周りの人の注目がさらに高まり、交通ルールに対する目も厳しいもの。いつにも増して、注意して運転することが必要とされます。

▲このカテゴリーのトップへ

オフィスの乾燥トラブル、どうやって対処する?
事務系のアルバイトでは、オフィスの乾燥に悩まされている人も多いはず。バイト先で加湿器を購入してもらえると一番良いのですが、最近では、机における小さな加湿器も手ごろな価格で販売されています。カゼやホコリ、花粉症対策には効果があります。お試しあれ!

▲このカテゴリーのトップへ

屋外のシゴトは体調管理が大切
昼夜、風雨を問わず、シフトが入っていれば働かなければいけない場合もあると思います。ましてや屋外のシゴトともなれば時間帯や天候は気になるもの。デリバリーのバイトであれば雨による事故を起こさないよう、いつもより慎重な運転が必要になり、工事現場の歩行者誘導であれば臨時通路で歩行者が転倒しないように声掛けをしたり工夫が必要です。 しかし、こうした仕事の大前提となるのは自分が元気であること!普段から風邪を引かないよう気をつけることは当然、体調が万全でないと注意散漫で事故を誘発しかねない。日ごろから体調管理には気をつけよう。

▲このカテゴリーのトップへ

砂ぼこり、雨、風・・・屋外バイトの敵に自己防衛を
工事現場でのアルバイト。晴れていれば砂ぼこりが舞い、雨が降れば傘もさせないので全身ずぶ濡れ。会社から防寒具や防滴のウェアが支給される場合もあるが、他にも自分を守るためにそろえておきたいものがあるはず。たとえば車の通りの多い場所でのバイト。駐車場管理や料金収集係など自動車の排ガスの中で1日過ごすためにマスクをしたり、コンタクトレンズをしながら屋外の土木作業に従事する場合には防塵のゴーグルなど、購入しておくとよい。その他、炎天下に耐えられるようタオルや水、とくに頭や首部分を直射日光にさらすことは日射病のもと。自分で防ぐように工夫しよう

▲このカテゴリーのトップへ

禁煙場所では、絶対にタバコは吸わないこと!
オフィス系のバイトならばオフィス内が禁煙で喫煙所が指定されている場合もありますが、自社以外の場所に足を運ぶ機会のある場合はタバコを吸ってよいかを確認する必要があります。 また、お客様のオフィスに訪問する場合は原則タバコは吸わないこと! また、清掃スタッフでオフィスビルにいく場合も屋外だからといって玄関口で一服、というのもいけません。 玄関はオフィスの顔。そこで数人が群れてタバコを吸っていては、会社のイメージを損ないます。 その他、塗装や清掃などの移動で使う車の中でも禁煙を心がけましょう。汚れを落とす溶剤や塗料などに引火して爆発や火災の元となる可能性があります。

▲このカテゴリーのトップへ

現場で出したゴミ、持ち帰りましょう!
建設現場などで1日作業をすれば、休憩中に飲む缶コーヒーの空き缶やコンビニ弁当の空き容器などなど、たくさんのゴミが出ます。建設現場ではゴミ箱がちゃんと設置されていないケースもあり、こんなときは必ずゴミは持ち帰るようにしましょう。可燃性の弁当の空き箱などを放置しておくのは危険です。また、ビル清掃などで他社のオフィスを訪れる場合に、いくらゴミ箱があるからといって、そこにたくさんゴミを詰め込むようなこともNGです!

▲このカテゴリーのトップへ

借りたものはなくさない、汚さない!
特に、出版系などのアルバイトなどでは、DVDや写真などを取材先から借りる場合がある。その際、取り扱いには十分注意しよう。うっかり机の上でコーヒーをこぼしてしまったり、写真を折り曲げてしまうことのないように気をつけましょう。返却するときには直接手渡しするのがよいが、もし宅配便で送る場合も「ワレモノ」の指定をして、かつ内容物を伝票に明記するように徹底しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

雨の日に、お店の床がびしょびしょに濡れてしまう。
お店に傘立ては用意されていますか。傘立てがないと、傘を持ったまま入店せざるを得ないので、必然的に床が濡れてしまいます。もしなければ、上司に相談して用意しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

あらかじめ、1日の天気予報をチェックしておこう。
ドラッグストアや雑貨店など、軒のない屋外に商品を陳列しているお店の場合、雨などが降り出すと商品を濡れないようにする必要があります。目の前の仕事に没頭していたら、突然の大雨だった!なんてことがないように、おおよそ午後から雨が降る、というような天気予報をあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

働いている最中に、具合が悪くなってきた
これ以上ムリと判断した時点で、上司に相談してください。また、カゼやインフルエンザなど伝染力の強い病の疑いの場合には、早退をオススメします。体調不良で思わぬミスが起こることも。あなた自身もつらいですし、お客様やバイト先の仲間にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

気をつけて!湯沸し器が重大な事故を招くこともあります。
飲食店やパン屋さんなど、湯沸し器を使うお店、多いと思います。湯沸し器は何気なく日常的に使用するものですが、上手く燃焼していないままに放置したり、使用すると一酸化炭素中毒になるおそれがあります。使用前、使用後にはきちんと燃焼しているか、消えているかをこまめに確認しましょう。お店のスタッフが一酸化炭素中毒で運ばれる、という事故が起こったケースもあります。気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

飲食・販売ファストフード、居酒屋、アパレル、雑貨、コンビニ、スーパーなど

お店で大声、どんちゃん騒ぎのお客様への対応
お酒の勢いからか、大きな声で叫んだり歌ったり。明らかに他のお客様に迷惑をかけている、こんな場合、アナタならどうしますか。 「大変申し訳ございませんが、他のお客様もおりますので、もう少しお静かにお願いできますでしょうか」とひとことお願いしましょう。また、備品を故意に壊したり、暴力を振るうなどのトラブル発生時には、お店を出ていただくことを検討しても良いかと思います。こういった対応がきちんとできなければ、本来、来ていただきたいお客様の足が遠のく可能性があります。「注意すると怒られるかな」などと躊躇してはいけません。また、別のお客さんから「おい、静かにしろよ」などと口論になってしまってはいけません。店員であるあなたが注意をすること!

▲このカテゴリーのトップへ

展示品の椅子で休憩してしまったお客様への対応
ンテリアショップのソファなどは、商品またはサンプルとして置いているものと、お客様に休憩してもらうためのものなど、目的がはっきりしているはず。 もちろん、購入していただくには、実際に座って使い心地を試してもらう必要もあります。しかし、購入する目的もないのに休憩や居眠りをするようなお客様がいた場合、「お客様、こちらの商品は展示品でございます。申し訳ございませんがご休憩は遠慮くだい」と、柔らかい言い方お願いしよう。 お店には「休憩はご遠慮ください」などの注意書きが書かれているはずだけれども、なかなか守られないもの。大切な商品が休憩用のソファーになって汚れてしまった、傷んでしまった、なんてことがないように気をつけましよう。

▲このカテゴリーのトップへ

同僚に仕事の出張でもないのに、無理やり旅行に誘われた。
断わると、暴力や圧力が掛けられるなど、異常だと思ったら直ぐに、信頼できる上司に相談しましょう。身の危険を最後に守られるのは自分自身です。安易に了承したりしないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様にお出しする料理、運んでいる途中に「アレ?なんかいつもとニオイが違うぞ!?」
直ぐに引き返して、厨房に相談しましょう。生モノなど、きちんと食材を管理していても、危険な場合もあります。また、冷凍物等、加工された場所での問題も考えられます。 そのまま出して、大事にならないように、気付いたら直ぐに確認するようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

バイト先で食器を割ってしまった!コレって弁償しなきゃいけないの?
故意にやったわけでなければ、基本的に弁償する必要はないはずです。しかし営業できないほど、お店の食器、ほとんどを割ってしまったなど、極端な場合は、何らかの弁償が必要な場合も考えられます。 雇用主から必要以上に、弁償代金を求められるなどの場合には、最寄の労働基準監督署に相談してみましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

遊園地でのアルバイト。担当の遊具で、お客様が大怪我!
こういった事態に備えて、緊急のマニュアルを覚えておくことも重要です。なによりも、ふだんから安全点検をきちんと行い、正しくお客様を誘導することは、言うまでもありません。 楽しい遊具も、使い方を間違えば悲劇を招きかねないことを理解しておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

迷子の子供を見つけたとき
まずは直ぐに子供を保護し、周りに保護者がいないか見渡して確認しましょう。もし、いなければ、放送で保護者の呼び出しを行うなど、お客様にもなるべく分かりやすいように、適切に対応しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

仕事の合間に入ったトイレ。気持ちいい空間になってるかチェックして!
小さなお店でもデパートでも、従業員がお客様と同じトイレを使うことはよくあること。小さなお店ならトイレ清掃の担当者がいたり当番だったり、また大きな施設なら定期的に清掃や確認をするスタッフがいるはず。でも、もし自分が入った時に紙がなかったり手拭き用の紙が散乱しているような場合、自分の担当ではなくてもきちんとキレイにしておこう。店員さんの後に使おうと思ったら、汚れていた!というのでは、お店の姿勢を疑われかねませんよ!

▲このカテゴリーのトップへ

ファーストフードのゴミ入れ周りが荒れている! 場合
飲み残しの分別が面倒だったり、ゴミの分別が面倒なために、食べ残しがトレイごと、テーブルに置き去りにされていることがあります。 もちろん最大の問題はお客様のマナーですが、たった1枚の紙ナプキンが落ちている場合でもお店が「ちゃんと掃除されてないじゃないの!」というような悪い印象を与えてしまうことも。 とくに飲食店では汚れていないかどうか、ちゃんとチェックしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

高校生の私。アルバイトをしていたら、先生がお店に来て、怒られました。
きちんと学校の許可が必要な場合は、許可を取りましょう。校則で禁止されているにも関わらずヒミツでやっていた場合でもしも辞めなければいけない場合はあなただけの問題ではなく、バイト先にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

働いている最中に、具合が悪くなってきた
これ以上ムリと判断した時点で、上司に相談してください。また、カゼやインフルエンザなど伝染力の強い病の疑いの場合には、早退をオススメします。体調不良で思わぬミスが起こることも。あなた自身もつらいですし、お客様やバイト先の仲間にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

エスカレーターで重大事故発生。
何の仕事をおいても直ぐに上司に報告しましょう。場合によっては消防、警察への連絡が必要です。迅速な判断により、致命的なケガにならずに済むことがあります。また、野次馬がいた場合は、離れてもらうように勤めてください。スムーズな救助の妨げになります。落ち着いて対処しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

スーパーで火事。どうすればいい?
日頃より、非常口は確認しておきましょう。すでに火が上がっているのを発見した場合は、何よりも先に消防署への連絡をしましょう。上司に連絡している間に、火が拡大しては大変です。また、担当売り場で火災報知器がなっている場合には、まずは現場を突き止めることが必要です。

▲このカテゴリーのトップへ

お酒を飲んだのに、同僚や上司に運転を頼まれた
何を言われようと、キッパリ断わりましょう。「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」が基本です。飲酒運転は、立派な犯罪です。お酒を飲んで車を運転することは、無差別殺人と同じであることを理解しておきましょう。あなたの人生がめちゃくちゃになる可能性がありますよ。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様から1万円のチップ!嬉しいけど、もらってもいいの?
予想外のチップ、嬉しいものです。でも、こういったお申し出は、お断りさせていただきましょう。 きっとアナタのサービスに満足してくださった、お客様の善意かもしれませんが、その1万円が原因で「お店の外で会ってほしい」とか、後々トラブルになることもあります。また、酔った勢いであげてしまったもので、後々変な言いがかりをつけられてしまう可能性も考えられます。 丁寧にお断りしてもどうしても、というお客様がいる場合には店長や先輩を呼んで対応をしてもらいましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

レジに大行列!どうやって対応する?
コンビニで品出しをしているとき、ふと目をやるとレジに大行列! そんなときは品出しの仕事はひとまず置いて、レジを手伝おう。 そのとき、「お待ちのお客様どうぞ~」というと、並んでいなかったお客様がこられるときも。ひとこと、「2番目にお並びのお客様、こちらへどうぞ」と言っておくと、わかりやすくて良いでしょう

▲このカテゴリーのトップへ

洋服のお直し、お客様の引換証の控えがない!
アパレルでパンツのすそやジャケットの袖口のお直しをしたあと、お客様がとりに来ることがあります。 引換証はそもそも小さな紙。セロファンテープで貼り付けたものがはらりと落ちてどこかへ入ってしまったなんてことも。そんなときは取りに来てくれたお客さんに事情を説明して実物を見てもらったり、試着してもらうことで解消しましょう。 その際に、お店の不手際でお客さんに手間をかけてしまうので、キチンとお詫びをしましょう!

▲このカテゴリーのトップへ

 
「さっき、トイレから男の人が出てきたのよ」といわれたらどうする?
トイレは男女別々のお店が多いですが、こういった事態が起こった場合、ガードマンや警備員に連絡、そういった人がいない場合には、「トイレを清掃させていただきます」くらいのひと言でお客様にちょっと待ってもらって、確認しよう。問題なければ、お客様をご案内してもよいが、しばらく、こういったトラブルがないように、気をつけてこまめにチェックしたほうがよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

泥酔のお客様がご来店。どうやって対応しますか?
居酒屋やカラオケ店、ボウリング場などにお酒を飲んでから来れられるお客さんがいることも。他のお客さんともめて大声を出したりケンカを始めたら、「他のお客様のご迷惑となりますので、退店願います」と毅然とした態度でい対応してもよいでしょう。 ただ、こうした当たり前の対応がかえって火に油を注ぐこともあります。あなたがケンカに巻き込まれてしまうのも危険。このような場合はすぐに上司や先輩に相談しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様に必要以上に気に入られてしまい、付きまとわれてしまった場合。
まずは職場に相談して、対応してもらうこと。悪質な場合は、出きり禁止などの措置も考えてもらいましょう。その他、帰り道の待ち伏せや、自宅への電話や訪問などがあった場合には、直ぐに警察に相談し、具体的な対応策をお願いしましょう。また、家族にも事情を説明し、速やかに相談し、守ってもらうことが大切です。 帰り道などに、暗い人通りの少ない路地を通らないこと、またなるべく同じ道を使用しないなどの工夫もしてください。

▲このカテゴリーのトップへ

車で来店したお客様がビールを注文したとき
お断りしてください。車で来店しているのに気がついたのに、お酒を提供した場合、提供したあなたも同罪、犯罪者になります。また、飲まない運転手が確実に確保されている場合は提供するのかどうかは、責任者の判断に従ってください。

▲このカテゴリーのトップへ

屋外・軽作業建設現場、警備など

屋外のシゴトは体調管理が大切
昼夜、風雨を問わず、シフトが入っていれば働かなければいけない場合もあると思います。ましてや屋外のシゴトともなれば時間帯や天候は気になるもの。デリバリーのバイトであれば雨による事故を起こさないよう、いつもより慎重な運転が必要になり、工事現場の歩行者誘導であれば臨時通路で歩行者が転倒しないように声掛けをしたり工夫が必要です。 しかし、こうした仕事の大前提となるのは自分が元気であること!普段から風邪を引かないよう気をつけることは当然、体調が万全でないと注意散漫で事故を誘発しかねない。日ごろから体調管理には気をつけよう。

▲このカテゴリーのトップへ

砂ぼこり、雨、風・・・屋外バイトの敵に自己防衛を
工事現場でのアルバイト。晴れていれば砂ぼこりが舞い、雨が降れば傘もさせないので全身ずぶ濡れ。会社から防寒具や防滴のウェアが支給される場合もあるが、他にも自分を守るためにそろえておきたいものがあるはず。たとえば車の通りの多い場所でのバイト。駐車場管理や料金収集係など自動車の排ガスの中で1日過ごすためにマスクをしたり、コンタクトレンズをしながら屋外の土木作業に従事する場合には防塵のゴーグルなど、購入しておくとよい。その他、炎天下に耐えられるようタオルや水、とくに頭や首部分を直射日光にさらすことは日射病のもと。自分で防ぐように工夫しよう

▲このカテゴリーのトップへ

禁煙場所では、絶対にタバコは吸わないこと!
オフィス系のバイトならばオフィス内が禁煙で喫煙所が指定されている場合もありますが、自社以外の場所に足を運ぶ機会のある場合はタバコを吸ってよいかを確認する必要があります。 また、お客様のオフィスに訪問する場合は原則タバコは吸わないこと! また、清掃スタッフでオフィスビルにいく場合も屋外だからといって玄関口で一服、というのもいけません。 玄関はオフィスの顔。そこで数人が群れてタバコを吸っていては、会社のイメージを損ないます。 その他、塗装や清掃などの移動で使う車の中でも禁煙を心がけましょう。汚れを落とす溶剤や塗料などに引火して爆発や火災の元となる可能性があります。

▲このカテゴリーのトップへ

現場で出したゴミ、持ち帰りましょう!
建設現場などで1日作業をすれば、休憩中に飲む缶コーヒーの空き缶やコンビニ弁当の空き容器などなど、たくさんのゴミが出ます。建設現場ではゴミ箱がちゃんと設置されていないケースもあり、こんなときは必ずゴミは持ち帰るようにしましょう。可燃性の弁当の空き箱などを放置しておくのは危険です。また、ビル清掃などで他社のオフィスを訪れる場合に、いくらゴミ箱があるからといって、そこにたくさんゴミを詰め込むようなこともNGです!

▲このカテゴリーのトップへ

空港のセキュリティー担当。あなたの集中力が大きなカギ。
空港でもセキュリティーチェック。集中力が必要な仕事ですが、ここでミスがあると飛んでもな事態に発展することがあります。休み時間にはしっかりリフレッシュするなど、工夫をしながらしっかり確認できるようにしておきましょう。 またお客様の中には、不平・不満を漏らされる方もいらっしゃると思います。妥協せずに、「安全のためのご協力をお願いします」と、低頭な姿勢でお願いしましょう。それでもトラブルに発展した場合には、上司に報告、安全検査を無断で突破させるようなことは、断じて許せない、ということを肝に命じておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

デパートやショッピングセンターの店内改装の仕事で気をつけることは?
店舗の入れ替えや、季節によるリニューアルにより店舗の間取りを替えることがあります。最近は年中無休や閉店時間が遅いケースも多いため、その分営業時間に工事をする場合もある。 深夜の閉店後の作業ならよいが、もし日中だったら? 改修工事部分はシートで覆われることになるが、その中から大声や機械を使う大きな音が漏れてしまうと、買い物を楽しんでいるお客さんはがっかり。また、作業着のまま店舗部分に出てしまうのもNG。あくまで裏方であることを意識しておくとよいでしょう。

▲このカテゴリーのトップへ

上司に仕事を教えてもらえない
上司や先輩スタッフが仕事を教えてくれるのが当たり前とは思ってはいけません。指示を待っているだけではなく、自分から率先して行動するように心掛けましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

建設現場で、急に契約にない危険な仕事を頼まれた!
その場で、危険な仕事の契約をしていないことをきちんと伝えましょう。その上で聞き入れてもらえない場合は、会社の責任者、それでも解決しない場合は派遣元などに連絡をしましょう。「資格がないのに作業をしてしまった」「なれない仕事で失敗してケガをしてしまった」などという大きなトラブルを防ぐためにも、はっきりと申し出ることが大事。

▲このカテゴリーのトップへ

クレームはメモで伝えないこと!
クレームを受けて大事なのは、迅速に対応すること。たとえ担当である上司がいなくても、携帯電話へ連絡を入れるとか、処理できる人にお願いするとか、なるべく早く対応しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

建築現場でのアルバイト。雨が降ったらお休みなの?
お休みではありません。屋根が出来ていれば雨に打たれることもありませんし、現場以外でも、部品を作ったり、木を削ったりと、できる作業はたくさんあります。雨が降っても即休み、というわけではありません。

▲このカテゴリーのトップへ

建築現場のアルバイト、定休日はいつ?
工期や勤務場所によって様々。とくに数ヶ月以上にわたる長期の工事の場合には基本的に日曜日だけがお休み、というパターンが多いようです。ちなみにお盆とお正月もしっかりお休みのところが多い。

▲このカテゴリーのトップへ

建築・土木現場でのアルバイトマナー
「1年目は掃除しかさせてもらえない」などということもありうる厳しい世界が大工さんの日常。安全に仕事をするには時間を守ること、工具や材料の管理を怠らないことは基本です。どんな職場でも当たり前だけど、建築・工事現場ではちょっとしたミスが事故につながるおそれがあるのでとくに注意。

▲このカテゴリーのトップへ

汚れたままでお店には入らない!
1日中、頑張って工事現場で働いたあとの仲間との夕飯は格別な美味しさ!でも、作業をしたままで泥だらけの作業靴や作業着のままお店に入るのはNG。 ゆっくり体を休めたいのはわかりますが、清潔さが重要な飲食店や、他のお客様もいることも考えれば着替えをするなどの配慮が必要。 お店に入るときには、靴の泥などは必ず落としてから入店するようにしよう。

▲このカテゴリーのトップへ

工場の組み立てライン。寝不足が事故を招くこともあります
前日遅くまで友人と飲んでいてで寝不足―ちょっとしたことが思わぬ大事故を招くことがあります。特に集中力が切れやすい、工場の組み立てラインなど、集中力の低下によって、命に関わる事故が起こってしまうこともあります。なるべく規則正しい生活を心がけ、バイトがある前の日は早く寝るようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

野球場でビールを買ってくれたお客様。「おつりないの? ま、いいよ。」って言われたらどうする?
野球場の狭い通路を縫ってビールやお弁当を売るオシゴト。階段の上り下りもきついし、お客様の視界を妨げてはいけないし、通路から離れたお客様からのオーダーにもお応えしなければいけない。そんなとき、おつりの小銭がないなんてこともありえます。 野球に熱狂するお客様がつい「面倒だから、1000円でいいよ」といってくれることがあっても、必ず「すぐにお持ちしますので!」と伝えること。のちのち些細なことがトラブルになる、というようなことも避けられます。 こうやって、お客様から顔を覚えてもらえると、また「もう1杯!」なんて注文が入るかも!

▲このカテゴリーのトップへ

仕事で掛かって来た電話なら、車の運転中でもOK?
ダメです。自分が掛けたわけではないから…なんて言い訳は通用しません。どんな理由であれ、運転中の携帯電話の使用は法律違反です。電話をするときは、必ず、停車することを守りましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

その他の職種営業、事務、アミューズメント、クリエイティブなど

仕事の駐車違反は許される!?
仕事中だから駐車違反は許される…という法律はありません。駐車違反にはくれぐれも注意しましょう。配送ドライバーの仕事なら、駐車スペースがない場所での対処方法などをバイト先の先輩に前もってアドバイスをしてもらいましょう!

▲このカテゴリーのトップへ

しまった、駐車場でこすってしまった!
配達や営業の仕事で車を運転する場合、事故は絶対に避けたい。でも狭い駐車場でこすってしまうようなことは起こりうる話。もし他人の車にキズを着けた場合、小さなキズだからっといってほったらかしにしてはいけない。次の仕事がある場合でも、そのまま逃れようとするのはダメ。駐車場係員がいれば伝言を残したり、管理会社の電話番号があれば連絡をしよう。 上司への連絡も必須。最低限でも連絡先を書いたメモを残すなど、車の持ち主があなたやあなたの会社に連絡がつくように配慮しよう。

▲このカテゴリーのトップへ

街頭で元気よくサンプリング。ここで気をつけるべきことは?
笑顔でビラやサンプル商品を配るお仕事。駅前など人が密集し往来の激しい場所があなたの仕事場になります。あなたの前を通ろうとするお客様にサンプル商品を差し出した瞬間、大急ぎであなたの手をかすめて駆けて抜けていく人がいるかもしません。また、通行人の邪魔にならないようにと後ろに一歩下がったら実は立っている人がいて足を踏んでしまった、なんてことも起こりうる。あなたの配るサンプル商品や場合によっては衣装などに会社名や商品名が書かれていることも。些細な動作でイメージを損ねないためにも、人ごみの中では常に周りに目配りをする余裕も必要です

▲このカテゴリーのトップへ

ティッシュやチラシ配りのアルバイト。歩行者とトラブルに。
すぐに勤務先(あなたを派遣している会社)に連絡してください。場合によっては、警察への通報も必要です。別の場所に呼び出されてついて行ったりせずに、その場で上司に連絡できるようにしておいてください。

▲このカテゴリーのトップへ

営業車でスピード違反。仕事中だから、罰金は経費で処理できるの?
落ちません。自腹で支払うことになります。仕事中であっても、スピード違反は個人的な落ち度です。当然警察官にも、そのような「仕事中だったので」という言い訳は通用しないでしょう。 仕事中ですので、いろいろと考えながら運転することも多いと思いますが、こういった些細な運転ミスにはくれぐれも気をつけましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

自転車での配達中、携帯電話はOK?
やめましょう。周りから見ると、非常に危険な行為で、人を巻き込んでしまった場合、死に至る危険もあります。必ず止まってから電話するようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

空港のセキュリティー担当。あなたの集中力が大きなカギ。
空港でもセキュリティーチェック。集中力が必要な仕事ですが、ここでミスがあると飛んでもな事態に発展することがあります。休み時間にはしっかりリフレッシュするなど、工夫をしながらしっかり確認できるようにしておきましょう。 またお客様の中には、不平・不満を漏らされる方もいらっしゃると思います。妥協せずに、「安全のためのご協力をお願いします」と、低頭な姿勢でお願いしましょう。それでもトラブルに発展した場合には、上司に報告、安全検査を無断で突破させるようなことは、断じて許せない、ということを肝に命じておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

身長・体重制限のある遊園地での乗り物。基準を違反していても、どうしても乗りたいと言われた場合どうする?
キッパリお断りしましょう。あまりにも懇願されると、せっかくの遊園地、乗せてあげたい気持ちもやまやま。でも、このやさしさが、死を招くような大事故に繋がる可能性があることを忘れてはいけません。断ることもやさしさです。お断りをする際には「遊具の運営基準として、大事故に繋がる可能性があります。今回は大変申し訳ございません」とやわらかい言葉で対応しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

野球場やコンサートの警備員。気をつけるべきことは?
思わぬ有名人の歌が聞けるなど、結構オイシイアルバイト。しかし、何より大切なのは、熱狂的なファンから、しっかり出演者を守ること、観客の方の安全を守ることです。常に、観客の動向などを把握し、興奮したファンがステージに上がってしまった、なんてことがないようにしましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

その他のトラブルどんな仕事をするときも、スムーズに対応できるように覚えておこう

間違ったときには、直ぐに謝る!これが上手く行く基本です!
予約が取れていなかった、お釣りを渡すのを忘れていた…失敗は誰にでもあるもの。どんなに気をつけていても間違いは起こってしまいます。大事なのは、そのあとすぐに「申し訳ございませんでした!」と素直に謝れるかどうか。下手にごまかしたりすると、とんでもない事態に発展することがありまよ!気をつけて!

▲このカテゴリーのトップへ

お客様に必要以上に気に入られてしまい、付きまとわれてしまった場合。
まずは職場に相談して、対応してもらうこと。悪質な場合は、出きり禁止などの措置も考えてもらいましょう。その他、帰り道の待ち伏せや、自宅への電話や訪問などがあった場合には、直ぐに警察に相談し、具体的な対応策をお願いしましょう。また、家族にも事情を説明し、速やかに相談し、守ってもらうことが大切です。 帰り道などに、暗い人通りの少ない路地を通らないこと、またなるべく同じ道を使用しないなどの工夫もしてください。

▲このカテゴリーのトップへ

店長がボコボコに殴られた!こんなときどうしたらいい?
お客様が暴力を振るってきた場合。こんなとき誰に相談ますか?まずは、110番をしましょう。それからチェーン店などの場合、こういった対策をしている部署に連絡することも必要です。暴力に泣き寝入りすることなく、毅然に対応しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

お客様同士がケンカをしだした!どうやって対応する?
まずは、上司、責任者に直ぐに連絡してください。簡単に仲裁して収まりそうなケンカであれば、話しをして収めるのも手ですが、悪質な暴力などの場合は、警察への通報も含めて、店長に相談してください。毅然とした対応ができなければ、他の客様にお店の対応を疑われかねません。迅速に対応しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

常連のお客様に、バイトが終わったら食事に行こうと誘われた。
お断わりましょう。バイト後のトラブルまで、バイト先は面倒を見てくれません。思わぬトラブルに巻き込まれないように、日頃から自己防衛しておきましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

トラブルこそ絶好のチャンス!
落ち込むばかりがトラブルではありません。自分が成長できる絶好のチャンスでもあります。落ち込む気分はそこそこに、自分の武器が増えたと思って前向きに捉えましょう。

▲このカテゴリーのトップへ

謝らなければいけないときは…
たとえば飲食店のバイトで料理をお客様の洋服にこぼしてしまった場合。「あ、すみません。」とそっけなく言って、汚れた台フキンでぬぐう・・・のはダメ! まずはきちんと謝ること。それも頭を深く下げ、相手にもきちんと聞こえる声で「申し訳ありません」。そのあとキレイなナプキンなどで持ってきてきれいにしよう。もし汚れがひどい場合にはお預かりしてクリーニングに出すような対応が必要なこともあります。

▲このカテゴリーのトップへ

高校生の私。アルバイトをしていたら、先生がお店に来て、怒られました。
きちんと学校の許可が必要な場合は、許可を取りましょう。校則で禁止されているにも関わらずヒミツでやっていた場合でもしも辞めなければいけない場合はあなただけの問題ではなく、バイト先にも迷惑がかかります。

▲このカテゴリーのトップへ

無言電話禁止!
お客様に電話をかけると、留守番電話だったので、そのまま受話器を置いた。。。これ、NGです!1回目の電話では、必ず会社名と名前を名乗り、「後ほどかけ直させていただきます」と伝言を残しましょう。

▲このカテゴリーのトップへ


★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報