アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > オシゴト事典 > スーパー・小売店のアルバイト

単純なようで頭を使うレジ打ちがメイン スーパー・小売店のバイト・アルバイト

オシゴト事典トップページ


スーパー・小売店でメインの仕事といえば、なんといってもレジ打ち。最近では商品の品名や値段はバーコードで入力できる店が多く、初心者でもなじみやすい仕事といえる。

しかし簡単な仕事ばかりではなく、実は頭を使う場面も多い。機械がバーコードを読み取れなければ手で入力することもあり、野菜の名前やお惣菜の種類などは覚えておく必要がある。日にちごとに値段が変わる特売品について把握したり、レジを通してかごに移すときには重いものが下になるよう順番を考えたり、意外と奥が深いのがレジ打ちの仕事だ。もちろん現金を扱うので責任感も求められる。

レジ打ち以外の仕事は店によってそれぞれで、品出し、お惣菜のパック詰めや簡単な調理などを任されることもある。アルバイトは、平日の昼間は主婦が多く、平日の夜と土日は学生が中心だ。男性より女性が多い傾向にあるが、同じ時間帯に似たような年齢やバックグラウンドの人が集まるので友達ができやすい。

スーパーにはいろいろなお客さんがやってくるため、「レジ打ちをすれば世の中がわかる」と言われることもあるくらい、社会勉強にもなる仕事だ。

バイト探しのヒント

現場
saiyouta


★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報

このページのトップヘ戻る