アルバイト探し・バイト求人TOP > コンテンツ一覧ページ > オシゴト事典 > テレビ番組制作のアルバイト

雑用をこなしながらも現場の仕事を吸収 テレビ番組制作のバイト・アルバイト

オシゴト事典トップページ


テレビ番組はテレビ局で制作されているイメージがあるが、実はそうではない。とくにキー局と呼ばれる系列ネットワークの中心的テレビ局の場合は、番組を作っているのはテレビ局ではなく番組制作会社だ。アルバイト探しのときはまずこの点に注意しよう。

この世界に初めて足を踏み入れるのであれば、まずはアシスタント・ディレクター(AD)からのスタートになる。「番組を作っています」と言うのにはほど遠く、掃除、灰皿交換、電話取り、弁当や車の手配、タバコの買出し……といった、いわゆる雑用をこなしながら制作現場の仕事を覚えていくことになる。

AD以外にも、カメラマン、照明、音響、美術、編集などの仕事があるが、いずれもアシスタントとしてのスタートの場合がほとんどだ。

何時に終わるか分からないロケ、重い機材の運搬、先輩のゲキなどに耐えるには、心身ともにタフでないと務まらない仕事だ。言われる前に動ける機転の良さと行動力も求められる。華やかな表舞台と違って裏方はかなりのハードワークだが、それでも芸能人などに間近で会えたり、テレビの裏側がのぞけるのは密かな楽しみかもしれない。

バイト探しのヒント

現場
saiyouta


★マイナビバイトのTwitterです!!
マイナビバイトのTwitter

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報

このページのトップヘ戻る