コンビニのお仕事を探す!

近場でも十分に楽しめる!?国内に行った人が65%に

卒業旅行の行先について、22才~35才までの先輩たちに、国内 / 海外どちらに行ったかを聞いたところ、両方行った人も含めて、国内に行った人は全体の65%に。国内だけという人も全体の半数以上にのぼりました。世代別に見ても傾向は変わらず。仲の良い友達と行けば、国内でも十分に楽しめる、そんな風に考える人が多いのかもしれません。

男性よりも女性の方が海外に行きたがる!?

男女別に行先を比較すると、男性は半分以上が国内のみに行ったのに対して、女性は両方行った人も含めて、海外に行った比率が50%以上に。特に両方行った人の比率は女性の方が倍近く多く、計画立てて色々なところに旅行に行こうと考えたようです。

海外だけで6ヶ国以上まわった強者も!?

国内なら都道府県、海外なら国ごとに、何か所行ったかを聞いたところ、数としては1ヶ所が多いものの、6ヶ所以上行ったという人は11人(全体の約4%)も!中には10ヶ所以上行った人もいて、海外だけで6ヶ国以上も行った人まで!せっかくの機会、数多くの場所を訪れようと思う気持ちもわかるものです。
国内では沖縄と北海道が1-2フィニッシュ。やはり人気の観光地で、友達と遊びに行く場所としても最適だといえるでしょう。南国の沖縄が圧倒的1位だったのに対して、海外では以外にも南国系はそれほど伸びず、イタリアとフランスが多くの票を集めています。ヨーロッパのような遠方の国には、社会人にはなったらなかなか行けない、という意識が働いていそうです。

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報