インフルエンザにかかったらアルバイトはどうする? | マイナビバイトTIMES
  • インフルエンザにかかったらアルバイトはどうする?

  • インフルエンザにかかったらアルバイトはどうする?

毎年のように流行するインフルエンザ。日本では特に空気が乾燥している12~3月が流行シーズンです。過去にインフルエンザにかかり、苦しめられた経験がある人もいることでしょう。インフルエンザは風邪とは違い、熱が引いても一定期間は外出を控えた方が良いといわれています。ここでは、インフルエンザの特徴と、かかった場合のアルバイト先への対応法を紹介します。

インフルエンザとは

インフルエンザにかかると40℃前後の高い発熱をはじめ、頭痛、関節や筋肉の痛み、全身の倦怠感などの症状が現れます。また、普通の風邪と同じようなのどの痛みや激しい咳、鼻水などの症状も見られます。感染から2日程度の潜伏期間を経て、3日目頃から症状は急激に悪化します。重症化すると、子どもなら急性脳症や、年配の人は肺炎などを伴う可能性もあります。

ちなみに症状として間違いやすい風邪は、さまざまなウイルスによってのどの痛みや鼻水、咳、くしゃみなどが引き起こされる比較的軽い症状です。発熱もインフルエンザほど高くはならないことが多く、長くても1週間ほどで完治する場合がほとんどです。

「かかったかな?」と思ったらまず受診!

「インフルエンザにかかったかな?」と思ったら、すぐに病院で受診しましょう。インフルエンザ薬は発症後2日以内の服用で効果を発揮します。適切な時期に服用しなければ十分な効果が期待できないため、早めに受診することが大切です。その後は、しっかりとした睡眠と十分な水分補給を心掛けましょう。咳やくしゃみがひどい人は、家族などへうつさないようマスクを着用するようにしましょう。

アルバイトは休むのがマナー

インフルエンザウイルスは非常に感染力の高いウイルスです。自分自身の重症化はもちろん、他者への二次感染を防ぐためにもアルバイトを休まなければなりません。インフルエンザを発症したら、まず勤務先に連絡しましょう。インフルエンザは熱が下がっても感染力はすぐに低下しません。お客様やアルバイト仲間にうつすことがないよう、発症の翌日から5~7日間の休養が必要であることも伝えましょう。

休養期間が長期に及ぶため、勤務先によっては体調が回復してアルバイト復帰する際に、診断書の提出を求められる場合があります。診断書は病院に行き医師に発行してもらわなければなりません。その際3000~5000円の費用が掛かります。しかし、診断書があることによって自己欠勤扱いにならないというメリットがあり、正当な休みであることが主張できます。

予防のポイント

インフルエンザの予防法としては、免疫の働きを弱める「疲れ」と「ストレス」を溜めないように十分な睡眠をとり、バランスの良い食事と適度な運動をすることが効果的です。その他、極端な薄着や厚着を避けることや、手洗いとうがいの徹底、加湿器などを使って湿度の保持、人混みを避けるなども心掛けましょう。

マスクの着用ですが、インフルエンザウイルスはマスクの織り目を通過してしまうため、完全にウイルスを防ぐことができません。しかし、不織布製マスクである程度の飛沫を防ぐことは可能です。また、発症した人が二次感染を避けるためや、乾燥した空気から鼻やのどの粘膜を守るには効果が高いとされています。

まとめ
インフルエンザは発症すると大変苦しい症状に襲われます。また、1週間ほどの休みを要するためアルバイト先に迷惑を掛けてしまうことにもなります。流行シーズン前にワクチンの予防接種を受けたり、日常的な予防を行い、インフルエンザにかからないような生活を心掛けましょう。
TOP