アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > その他 > メニューにはないけど超ウマイ!飲食バイト、こんな「まかない」食べました!

メニューにはないけど超ウマイ!飲食バイト、こんな「まかない」食べました!

バイト

2017/06/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店で働いていると、休憩時間などに「まかない」を食べることができます。なかにはメニューにはない料理を特別にまかない用に作って食べられるお店も。今回は、メニューには乗っていないまかない飯に焦点を当てて、どんな料理だったのか聞いてみました。

■スイーツピザ

「ピザ生地の上にフルーツなどを乗せてシロップをかけたものをまかないとして食べていました。このスイーツピザが食べられるのは、食材のフルーツが多めに残って廃棄になりそうなとき限定。女性スタッフに人気だったけど、コストの面から正式メニューにはなりませんでした」(25歳女性/イタリアン・ホール)

廃棄食材をまかない料理の材料として有効活用。スタッフもうれしいしお店も助かる、一石二鳥のまかないです。

■自分用BLT

「働いているファミレスに『パン、ベーコン、サラダ、スクランブルエッグ』がワンプレートになっているモーニングセットがあるので、アレンジして食べている。スクランブルエッグ用の卵はただの目玉焼きにして、サラダにはドレッシングをかけず、全部まとめてカットしたパンに挟む。『あとは自分で』と最後にキッチンの人からマヨネーズとケチャップを渡される。調味料の分量を自分好みに調節できるし、気に入っている」(19歳男性/ファミレス・ホール)

同じ材料を使っている料理でも、アレンジ次第でまったく別の料理に仕上げることができます。

■のちに正式採用されたチャーシュー丼

「ラーメン屋でよく出ていたのがチャーシュー丼。最初は白米にチャーシューと甘ダレを乗っけただけのシンプルなものだったが、店長が段々こり始めて、白髪ネギや刻みしょうがなどを乗せるように。のちに『特製チャーシュー丼(スープ付き)』としてメニューに正式採用された」(24歳男性/ラーメン屋・キッチン)

飲食店においては、まかないが新作料理の実験台的に使われることがあるようです。グルメ番組などで、「おいしいと評判のまかないが、ついに正式メニューに!」などという話もよく聞きますよね。

■何が入っているかランダムな“お楽しみ”チャーハン

「中華料理屋のまかないは必ずチャーハンと決まっていた。ただ、具材はその日の食材の余り具合などで変わるため、毎回『今日はなんのチャーハンかな』と楽しみだった」(34歳男性/中華料理屋・ホール)

売れ残ったものを詰め合わせて安価で販売する“お楽しみ袋”というものがありますが、このチャーハン、作る方も食べる方もうれしいという点と、なにが入っているかわからない点が“お楽しみ袋”に近い感じがしますね。

■まれに食べられる豪華海鮮丼

「海の新鮮な幸がウリの居酒屋で働いていたとき、『まかないを後回しにして食べる』『旬の食材が余ってしまう』という条件が重なるときだけ超豪華な海鮮丼が食べられた」(27歳男性/居酒屋・キッチン)

こうして見てみると、廃棄食材を有効活用しておいしいまかないをこしらえるケースは結構多いようですね。

■冷やっこがヘルシーなデザートに

「冷やっこに醤油とかつおぶしではなく、黒蜜ときなこをかけてヘルシーなデザートにして食べていた」(26歳女性/カフェレストラン・ホール)

これはなかなかお手軽なレシピですね。自分の家でも試しに作ってみたくなってしまいます。

■がっつり系のどんぶり屋でサラダうどん

「ざるうどんの上にトマトやレタスを乗せて、つゆをかければ完成。シャキシャキした食感とさっぱりした味わいで、つるっと完食できる」(18歳女性/どんぶり屋・ホール)

お店の通常メニューにない料理を作れてしまうところがまかないの強みであり、魅力です。

■最後に

お店の料理人やキッチンスタッフが作ってくれるまかないは、おいしさが保証されています。廃棄食材を活用してゴージャスに、はたまた味付けをアレンジして自分好みに……まかないの可能性は無限大ですね!

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!