アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 恋愛 > アルバイトの場合、履歴書の職歴欄はどう書いたらいい? バイト経験の書き方例

アルバイトの場合、履歴書の職歴欄はどう書いたらいい? バイト経験の書き方例

バイト

2018/04/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「学歴はわかるけど、バイトの職歴はどう書いたらいいの? 」アルバイトの面接に持参する履歴書を書く時、多くの人が悩んでしまう「職歴欄」書き方。たとえアルバイトでも職歴がわかりやすく書かれた履歴書を見せられたら、採用担当者の印象は大きく違います!この機会に正しい書き方をしっかりと身に付けておきましょう。

 

■アルバイトの履歴書:基本的な職歴の書き方

①履歴書に書く職歴は、学歴の次に1行空けて中央に「職歴」と書きます。

②アルバイト経験も職歴に含まれるため、「○年○月○○会社アルバイト入社」「○年○月○○会社退社」等、アルバイトであることが分かるように記入しましょう。履歴書には開始・退職年月を書くのが一般的です。正社員経験のある方は○○会社入社・○○会社退社でOKです。アルバイト経験・正社員経験のない方は中央に「なし」と書いて大丈夫です。

③履歴書の職歴欄の最後に、「以上」と右端に記入します。

 

■アルバイトの履歴書:ケース別職歴の書き方

○アルバイト経験が少ない場合

今までアルバイトをあまりやったことがない方や、ひとつのアルバイトを長期間続けてきた方など、職歴を全て書いても欄が余ってしまう場合は、入社の下の行に実際に携わった業務内容を記載するとよいでしょう。具体的な経験や培ったスキルをアピールできるとともに、履歴書の中で空欄も目立たず好印象です。

【職歴の書き方例】

平成28年4月 ファミリーレストラン「エブリデイ竹橋店」アルバイト入社

        キッチンにて、調理補助と発注業務を担当、

平成29年9月 ファミリーレストラン「エブリデイ竹橋店」退社

平成29年9月 コンビニエンスストア「毎日マート神保町店」アルバイト入社

        レジ打ち、品出し、在庫管理を担当。バイトリーダーとしてシフト管理も行う。

平成30年3月 コンビニエンスストア「毎日マート神保町店」退社

                                           以上

○職歴が多すぎて書ききれない場合

応募する職種に近いものから主要な職歴をピックアップして記載するとよいでしょう。ただし、在職期間が短いバイトは、すぐ辞めそうな印象を持たれかねないため履歴書には書かないほうが無難です。目安として3ヵ月以上続けたアルバイトを基準にしましょう。その場合、空白期間があるように思われると印象が悪いため、省略した職歴は簡潔に一行にまとめて書いておくとよいでしょう。

【職歴の書き方例】

平成27年1月 ワインバー「ラ・マイナビ」アルバイト入社

        ホールにて、オーダー取り、配膳、レジ対応を担当、

平成28年6月 ワインバー「ラ・マイナビ」退社

平成28年6月 ~平成28年12月 イベントスタッフ、洋菓子販売など短期バイトを経験

平成29年1月 アパレルショップ「My Fashion」アルバイト入社

        接客販売、レジ対応、在庫管理を担当

平成30年3月 アパレルショップ「My Fashion」退社

                                           以上

○働いていない期間がある場合

履歴書の職歴に働いていなかった空白期間があると、採用担当者の印象はよくありません。面接でも、その間何をしていたか突っ込んで聞かれる可能性もあります。その場合は、履歴書の志望動機欄や自己PR欄で何をしていたのか前向きなアピールをするとよいでしょう。

【自己PR欄でのアピール例】

英会話の勉強も兼ねて、訪日外国人向けの観光ボランティアを半年間行っていました。つたない英語力ですが、外国人のお客様とのコミュニケーションには自信があります。

【志望動機欄でのアピール例】

1年間通信教育で勉強し、管理栄養士資格を取得しました。資格を活かせる飲食業界でキャリアをスタートさせたいと思い、応募いたしました。

 

■特にアピールしたい職歴は、履歴書とは別に「職務経歴書」で!

アルバイト経験が多い場合や、自分の強みを詳しくアピールしたい経歴がある場合は、履歴書の職歴欄だけではなく、「職務経歴書」を別途作成することをおすすめします。今までにどんな仕事を経験して、どんな能力を持っているのかを紹介する書類で、A4の用紙1~2枚にまとめるのが一般的です。また、経験者優遇のアルバイト募集など、業種によっては履歴書とともに職務経歴書の提出を求められることがあります。 

 

■最後に…

今まで経験したアルバイト歴を羅列すればいいと思われがちな履歴書の職歴欄ですが、業務内容などを盛り込むことで自分の能力を最大限にアピールすることができる項目です。職歴が少ない場合も、多い場合も、自分の経験が応募先の仕事にどのように役立つかをわかりやすく伝えて、ぜひ採用につながる履歴書を完成させてください。

 

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!