アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 採用 > アルバイトの応募先から留守番電話が……。折り返しするときにすべきことは?

アルバイトの応募先から留守番電話が……。折り返しするときにすべきことは?

バイト

2018/04/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接日程の相談や、合否の連絡など、バイトの応募先から電話がかかってくることはよくあります。しかし、乗り物での移動中などで電話に出られないということもあるでしょう。そんな時、不在着信への折り返し電話をするために押さえておきたいポイントを紹介します。

 

■バイト先からの不在着信には折り返すのがマナー!

アルバイト先から着信があった場合、こちらから折り返し連絡をするのが基本です。留守番電話が入っていた場合は、その内容を確認してから電話をすると良いです。電話がつながったら、まずは「お忙しいところ恐れ入ります」とバイトの応募先への配慮を忘れず伝えましょう。その後に「先ほどアルバイトの面接日程の件でお電話をいただいた●●です」などと名乗れば、相手に電話の用件が伝わりやすくなります。 

着信履歴のみが残っていた場合には、「お忙しいところ恐れ入ります。先日ホールスタッフのアルバイトに応募いたしました●●と申します」「お忙しいところ恐れ入ります。先日、アルバイトの面接をしていただいた●●と申します」などと名乗ると良いでしょう。 

名前を伝えた後には、「先ほどお電話をいただいた際には出ることができず、申し訳ありませんでした」と謝ることも大切です。

 

■電話する時に必要なものは?

・メモ、ペン

電話をかける前には必ずメモとペンを用意しましょう。面接日時や初回の出勤日、自分が向かう場所などの情報を忘れないようにしっかりと記録しておく必要があります。その際、書き留めた内容を確認することも大切です。誤った情報を控えてしまうと、メモをしても意味がありません。最後に必ず復唱して、必要事項を確認しましょう。 

・スケジュール帳、カレンダー

スケジュール帳やカレンダーを用意しておくと良いでしょう。自身のスケジュールが確認できるため、「面接日に他の予定を入れていたのを忘れてた!」なんてダブルブッキングを防ぐことができます。

 

■連絡するタイミングに配慮しよう!

基本的には、その会社や店舗の営業時間内にかけるのがマナーです。しかし、始業直後は開店準備や朝礼などでバタつくことが多いので避けた方が良いでしょう。 

一般的な昼休憩にあたる正午〜13時に連絡するのも良くありません。その他、飲食店のランチ・ディナータイムなど、職場によって忙しいと予想される時間は連絡するのをやめておきましょう。忙しい時間に電話をかけてしまうと相手に迷惑がかかるため、連絡するタイミングには十分注意が必要です。

 

■周囲の環境も気にしよう!

相手の状況を気にするだけでなく、通話環境を整えておくことも大切です。教室や駅、飲食店など、人の多い場所は雑音が混じり、相手に声が伝わりにくくなってしまいます。また、周囲がうるさいと聞き間違える可能性も高まるので、なるべく静かで電波の良いところからかけるのが良いでしょう。

 

■担当者が不在の時の対応は?

着信に気付くのが遅れ、時間が経ってから連絡をすると“担当者が不在”なんてケースも考えられます。「担当者が不在です」「ただ今席をはずしております」などと言われた場合、焦って用件を伝言するのではなく、担当者が戻る時間を確認しましょう。「改めてご連絡差し上げたいのですが、いつ頃お戻りの予定でしょうか」と聞けばOKです。「終日出ております」「直帰の予定です」など、その日は戻らない予定であれば「それでは明日改めてご連絡いたします」と伝え、翌日もう一度連絡しましょう。

 

■まとめ 

担当の方と電話で話すのは緊張すると思いますが、明るくハキハキとした声を心がけましょう。どうしても自信がない場合は、折り返しの電話をする前に話す内容や質問事項をメモしておくと良いでしょう。相手の都合を気にかけて、誠意を持って連絡すれば、きっとうまく連絡ができるはずです。

 

【監修先】ライフサポーター Dre-am 主宰・武冨 美惠子(たけとみ みえこ)

マナー講師・姿勢教育アドバイザー。「美活・美育・美ECO」をモットーに、美しい立ち居振る舞いや所作を伝える。《ライフサポーターDre-am》で検索

http://mbp-okayama.com/bikatsubiikubieco/column/

 

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!