アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > 恥ずかしかった!接客中の空耳エピソード

恥ずかしかった!接客中の空耳エピソード

バイト

2017/10/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

接客バイトはお客さんとの会話が多く発生します。ときにはお客さんから話しかけられた言葉を、思いもよらない言葉に空耳してしまうことがあるようです。
今回は接客中の空耳エピソードを集めてみました。

業界用語が空耳フレーズ

「昔ながらの喫茶店で働いていたとき、女性スタッフが『レジ入ります』と言うので見てみると、レジ対応ではなく接客中。彼女に確認して、「レティー(レモンティー)入ります」の聞き間違えだとわかった」(26歳女性/カフェ)

レモンティーを「レティー」と省略して呼ぶ喫茶店もあります。「レジ」と「レティー」、注意深く聞いていないと聞きまちがてしまいそうな紛らわしさがありますね。

 

空耳に対して真面目に質問

「お客さんから『ポコッてギョウアンジまで~?』と聞かれた。
『ポコッてってなんだろう…』と思いつつ、この近所にギョウアン寺というお寺があるのかと思って、真面目に『ギョウアン寺ですか?』と質問。お客さんは首を振って、『ちがうちがう、営業何時?』と言った。正しくは『ここって営業何時まで~?』。恥ずかしすぎて死にたいと思った」(21歳女性/本屋)

お客さんも不思議な質問で返されてさぞびっくりしたことでしょう。そして真面目に対応してしまったばかりに、なおのこと恥ずかしく感じてしまったのでしょう。

 

空耳をうまく切り抜けた!

「男性のお客さんが『おい、スイカ割り!』と叫んだ。急になにを言い出すんだろうと思いながら目をやると、空になったご飯茶碗が。
『ライスのおかわりですか?』と聞くと頷く男性。『ライスおかわり!』が正解でした」(33歳男性/定食屋)

こちらは、空耳の正解を周囲の状況から探り当てたケース。経験がモノを言った瞬間です。

 

物思いが影響した空耳

「お客さんがこっちに向かって『カブトムシ飛んできて~!』と叫んでいる。とりあえずお客さんのところにいくと『座布団、座布団! あとでもう1人くるから!』とのこと。
おそらく『座布団、持ってきて~!』と言われたのだろうが、直前まで『今年の夏はキャンプに行くぞ〜』などと妄想していたので、うまく変換されてしまったのだと思う」(25歳男性/居酒屋)

ときに聞き間違いは聞き手の意識や無意識によって引き起こされることも。彼の倍は、「キャンプ→山→カブトムシ」と、連想してしまったのでしょう。

 

最後に

ふと話かかけられると、思わぬ聞き間違いをしてしまうこともあります。これらの空耳がクレームなどに発展しなかったのは、言葉の意味を理解しようと、きちんと対応したからこそ。
憶測で行動してしまうよりは、お客さまに確認したほうが賢明といえるでしょう。

(藤井弘美+プレスラボ)

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!