アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > 模試のシーズンは特に注目!実はオイシイ?試験監督バイトの実態

模試のシーズンは特に注目!実はオイシイ?試験監督バイトの実態

バイト

2017/10/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去、なにかしらの試験を受けた経験がある人も多いかと思います。実は、試験監督も学生ができるバイトの一つです。
試験監督のバイトは人気が高く、リピーターも多いようです。今回は試験監督バイトの経験者にその実態について聞いてみました。

どうやって探す?

「バイト求人サイトで探すのが一番。大手予備校のホームページやバイト情報誌などにも載っています。大学内の掲示板にも募集が貼られると聞きますが、自分は利用したことがないです。結構人気があるらしく、すぐに埋まってしまうとのこと」(20歳男性)

検索する際は「試験監督」がキーワードになるようです。また、「試験監督補助」も「試験監督バイト」のことを指し、経験を積むと「試験監督補助」から、彼らを指示する立場に当たる「試験監督」を任されるようになります。

 

面接などはある?

「多くの場合面接を受ける必要はないと思います。ネット上で登録するだけのところもありますが、登録会や説明会などに出向いてスタッフとして登録する、というパターンが多いかも」(27歳女性)

一度スタッフ登録をしておけば、2回目以降働くときは手間が省けて楽になるとのこと。

 

仕事内容は?

「前もってマニュアルを渡されるか、それがない場合は当日説明を受けます。
受験生の受け入れ準備のための案内表示を取り付けたり、受付を設営したり。会場によっては机を移動させるなどの力仕事が発生する場合も。
問題用紙・解答用紙の数をチェックする必要もあり、試験開始前1~2時間が一番忙しい時間帯です。

受験生がやってくる時間になったら受付と誘導、揃ったところで注意事項を説明し、問題用紙と解答用紙を配ったら試験開始まで待機。
試験がはじまったら不正行為の監視がメインですが、たまに受験生が落とした物を拾ってあげるくらいで、ほとんどやることはないです(笑)。
試験後は答案用紙の回収と記入漏れのをチェックを行い、試験が何科目かに分かれている場合はこれを繰り返します」(20歳男性)

 設営準備が一番慌ただしく、試験がはじまってしまえば逆に暇になる……とのこと。特に経験を必要としないで働けるというのは大きな魅力ですね。

 

時給や実働時間などは?

「時給は1000~1200円くらい。午前中だけで終わることもあるし、9~17時くらいまでかかることも。午後まで試験がある場合、1時間のお昼休憩があります」(20歳男性)

高時給である点は試験監督バイトの人気の理由のひとつ。ほかのバイトに比べて高めに設定されていることが多いようです。

 

メリット・デメリットは?

「時給が高いことと、日払いというのが金欠気味な学生にはうれしい(笑)。反面、働きたい時期にがっつりシフトに入ることができないので、かけもちバイト向けかもしれません。

仕事自体が難しいことはないけれど、ミスが絶対に許されないプレッシャーがあります。受験者にとっては試験の結果が人生を左右するかもしれないわけで、そこがやりがいでもあるし、難しいところでもありますね」(20歳男性)

「面接や資格が必要ないですし、仕事内容も難しくないので初心者でも気兼ねなく応募できると思います。ただし、身だしなみには気を使わなくてはいけないので、派手な髪色などをしていたい人はその日だけ黒く染める、などの工夫が必要です。
働きはじめて意外に思ったのは、試験時間中は立ち仕事が多いこと、歩く際になるべく音のしない靴をはいたほうがいい、ということですね」(27歳女性)

靴音で受験者の集中を乱さないようにする、という配慮も必要なようです。これから働きはじめる人はこれらのことに注意しておくといいでしょう。

 

最後に

こうして経験者の声を聞いてみると、試験監督バイトの人気の理由がより具体的に理解できる気がします。特に土日に働けるアルバイトを探している人は、試験監督バイトを検討してみてもいいかもしれません。

(藤井弘美+プレスラボ)

試験監督のバイトを探してみよう

マイナビバイトにも試験監督のアルバイト求人が掲載していることがあります。

試験監督のバイトに興味を持った方は、ぜひサイトで検索してみては?