アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > 勤務先がブラックバイトだった! そう気づいたときの対応策

勤務先がブラックバイトだった! そう気づいたときの対応策

バイト

2018/04/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

近年、“ブラックバイト”という言葉が、頻繁にメディアで取り上げられています。2015年に厚生労働省が行った『大学生等に対するアルバイトに関する意識調査』によれば、学生1,000人のうち60.5%が労働条件などでトラブルになった経験があるようです。万が一、このようなトラブルに巻き込まれた際にはどうすれば良いのでしょうか。対処法を知っておきましょう。

 

■社会の厳しさとブラックバイトは別物だということを理解しよう!

働き始めると、「お客様のクレーム対応をすることになった」「シフトが希望通りにならなかった」など、しんどいことや自分の思い通りにならないことは出てきます。しかし、ブラックバイトはこうした仕事をするうえで感じる“社会の厳しさ”とは全く別物です。「ブラックバイトかな……」と思った時には、客観的に自分が置かれた状況を把握することが大切です。

 

■どんなケースがブラックバイトにあてはまる?

それでは、どのような状況のことをブラックバイトというのでしょうか。例えば、以下のようなケースはブラックバイトに該当します。

・給料が決まった日に全額支払われない

・残業手当が出ない

・週2回のアルバイトのはずが、毎日出勤させられる

・1日6時間を超える勤務だが、休憩時間が全くない

・ノルマが課せられ、達成できなければ罰金のペナルティがある 

アルバイトの場合にも、労働条件における最低限の基準を定めた“労働基準法”が適用されるため、この基準以下の条件を職場が押し付けることはできません。そのため、今回の例のようなケースがあれば職場へ労働条件の改善を要求することが可能です。

 

■一人で悩まず相談しよう!

労働環境で悩みがあれば、一人で抱え込まず早めに周囲へ相談することが大切です。同じ職場で働く仲間とともに、上司にかけあうことで状況が改善されることもあるかもしれません。

また、専門家に相談することも可能です。全国の労働局や労働基準監督署にある「総合労働相談コーナー」では、労働に関するあらゆる問題を無料で相談できます。面談または電話で専門の相談員が悩みを聞いてくれます。総合労働相談コーナーの所在地と電話相談の連絡先は、厚生労働省の『労働条件に関する総合情報サイト(http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/soudan/index.html)』で確認してください。

 

■まとめ

学生のうちはアルバイトと学校生活を両立させなければなりません。無理な労働環境で働き、「テスト勉強ができない」「単位が取れなかった」ということになると大変ですよね。このような状況に陥らないように、「ブラックバイトだ」と感じたら、早めに周囲の大人や専門機関に相談しましょう。 

 

【監修先】伊丹恵理奈社労士事務所 伊丹 恵理奈(いたみ えりな)

埼玉大学経済学部卒業後、アナウンサーとして南海放送に入社。12年間、ニュースやスポーツ番組の伝え手として活動した後、2013年、岡山市に伊丹恵理奈社労士事務所を開業。現在は研修講師やセミナー講師として、一般企業、地域の人材育成に携わる。

 

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!