アルバイトのマイナビバイトTOP > マイナビバイトTIMES > 仕事 > 大学生におすすめの厳選バイト5選! 仕事内容とやりがい、注意点をチェックしよう【先輩の体験談付き】

大学生におすすめの厳選バイト5選! 仕事内容とやりがい、注意点をチェックしよう【先輩の体験談付き】

バイト

2018/07/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生のバイト選びは「お金のため」「友達がほしい」「就活に役立つ」など、求めるものは人それぞれです。数多く存在するバイトの中から、自分にぴったりのバイトを選ぶにはどうしたらいいのか、迷ってしまう人も多いのでは?そこで今回は、厳選した5つのおすすめバイトについて、仕事内容、やりがい、注意点や、実際にバイトしている先輩たちの声をご紹介します。 

 

■同年代が多いレストラン・カフェは、一体感も抜群!

レストラン・カフェの仕事内容

飲食店でのバイトは、大学生の定番。レストランやカフェの仕事は、お客様の接客をメインに行うホール担当か、料理や仕込みをメインに行うキッチン担当に分かれます。

ホール担当は、お客様のご案内、オーダー取り、料理運びのほか、お会計や席の片付け、店内の掃除まで幅広く仕事をします。キッチン担当は、オーダーを受けた飲み物や食べ物全般の調理を担当し、そのほかにお皿や調理道具を洗ったり、料理の仕込み、キッチンの掃除を行います。

レストラン・カフェバイトのやりがい

求人数が圧倒的に多く、バイト雇用の同僚が多いことが特徴。まかない付きのお店を選べば、食費の節約にも。スタッフ同士の年代が近いことも多く、和気あいあいと仕事ができます。

社会人になっても役立つ敬語などの言葉遣いや気配り、マナーが身につきます。大型チェーン店などは、しっかりとしたマニュアルを用意していることが多いので、初心者でも安心です。「ありがとう」「美味しかった」とお客様から感謝の言葉を直接もらえることも、大きなやりがいの一つです。

レストラン・カフェでバイトするときの注意点

お客様を不快にさせないように、髪の毛や爪の長さに注意し、清潔感のある見た目を保つことが不可欠です。また、ネイルは何もつけないか、ベージュ、ピンクなどの目立たない色が好ましいです。

お客様や同僚の動きを見ながら、つねに臨機応変な対応が求められます。混雑時は動きっぱなし・立ちっぱなしの時間が続き、料理を運んだり食器を下げたりと、体力がいるお仕事です。

シフトは、一カ月前や半月単位で組むお店が多く、ランチやディナーなどの混雑時間帯、金・土・日曜日、ゴールデンウィークやお盆などの大型連休といった繁忙期に働くことを求められます。テスト勉強や就活のためにシフトを減らしたり、まとまったお休みを取りたい場合は、数か月前から店長に事情を伝えておきましょう。

 先輩の声

Q.現在の「カフェ」アルバイトの好きなところは?

A.「スタッフが仲良し」
仕事後のお疲れの1杯がとっっても楽しみ!!
みんなオンオフを上手に切り替えられるので、メリハリを持って楽しく仕事に臨めます。飲みに誘ってもらうことも多く、仕事終わりのお疲れの一杯がとても楽しみです。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/shibuya/

Q.新入生にオススメのアルバイトは?

A.『チェーンの飲食店』
基礎やマニュアルがしっかりしてて覚えやすい
チェーンの飲食店の良さは、マニュアルがちゃんとあって、敬語の基礎を学べるところです。基礎があれば、どんな業種でバイトをしてもどんな場面でも活かせると思います。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/osaka/

■少数精鋭でコツコツと働ける、コンビニ店員

コンビニの仕事内容

コンビニでの仕事はレジ打ち、袋詰め、商品の品出し、公共料金の支払い、チケット発券、タバコの販売、宅配便の受付、レジ横のホットスナック類の調理など、多岐にわたります。 

接客業務の合間に、時間ごとに配送される商品を棚に並べたり、店内外やトイレをきれいに掃除したり、ゴミを片付けます。カフェスペースがあったり、医薬品を置いている場合は、さらに柔軟な対応が求められます。

コンビニバイトのやりがい

1店舗あたり店員1~3人と少人数でお店を回すことが多く、一人で一通りの業務をこなせることを求められます。そのため、優先順位をつける能力や、タスク管理能力が身につきます。

さらに、仕事に慣れてくると、発注業務を任されることも。お店の売り上げを左右するだけに責任は重大です。その分、責任感やマーケット感覚も学べるでしょう。

コンビニでバイトするときの注意点

コンビニの仕事は多岐にわたるので、覚えることも多く、慣れるまでは大変ですが、フランチャイズ経営のコンビニの多くはマニュアルを用意しているので、初めてのバイトでも心配ありません。わからないことはその場ですぐ確認しましょう。

シフトは、24時間営業で「早朝」「日中」「深夜」のシフト制を取っている場合、お店によっては授業や就活の状況に合わせて柔軟に働けます。テストや就活などによる休みの希望は、シフトを組む前から早めに申告しておきましょう。また、時給が高い深夜帯に働くと昼夜が逆転しやすいため、授業に支障が出ないように注意が必要です。 

先輩の声

Q.新入生にオススメのアルバイトは?

A.『コンビニ』
臨機応変さを求められないから、仕事がしやすい
コンビニは仕事の変動があまりなくルーティーン化しているので、臨機応変な対応を求められることが少なく働きやすいと思います。バイト経験があまりない人にオススメです!

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/osaka/ 

■“教える力”をグングン伸ばすなら、塾講師

塾講師の仕事内容

塾講師のバイトは、人に何かを教えたり、子供が好きな人に向いています。塾には集団指導と個別指導があり、大人数から1対1まで教え方もさまざまです。教える生徒も小学生から高校生まで幅広く、それぞれの生徒に応じた知識やテクニックが求められます。特に、受験生を教える場合は、受験対策に精通していることが必須です。

塾講師バイトのやりがい

塾講師の一番のやりがいは、担当の生徒の成績が上がったり、志望校に合格したり、目に見える成果があることでしょう。また、教員を目指す人にとっては、勉強を教えるスキルを養うことができます。勉強を教える際の言葉遣いやコミュニケーション力、教える熱意など、得るものも多く、他のバイトに比べて時給も高めです。

塾講師としてバイトするときの注意点

塾講師は生徒にわかりやすく教える技術の方が重視されるため、必ずしも有名大生である必要はありませんが、塾によっては学歴を重視するところもあります。授業をするには必ず予習が必要ですが、その分の時給は発生しません。他のバイトより時給が高くても、予習の時間を含めて考える必要があります。

塾講師はある程度担当する授業や生徒が決まっている場合が多いため、一度シフトを出したら、半年から1年程度、曜日や時間を固定される可能性があります。

先輩の声

Q.今のバイトを選んだ理由は?

A.『憧れの先生がいたから』
お世話になった先生のように自分も生徒に勉強の楽しさを知ってもらうため
高校時代に通っていた塾の先生に憧れて、同じ塾で先生になりました。当時問題が解けるようになった喜びを知ったので、今はサポートする側として働いています。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/shinjuku/

Q.今のアルバイトの好きなところは?

A.「人間的に尊敬できる人が多い」
普通の大学生と違う人達と関われる。
社員のかたみんなが優しく、教養もあり、とても尊敬しています。また塾が運営しているブログの文章や内容がとても深く、いつも感心させられています。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/shibuya/

■社会人マナー、デスクワークを学べるオフィス事務

 

オフィス事務の仕事内容

オフィス事務は、パソコンを使って書類を作成したり、データ入力、伝票整理など、社員をサポートする仕事です。そのほかにも、電話対応や来客対応、編集やウェブ制作など専門分野の仕事をする場合もあります。

オフィス事務バイトのやりがい

将来、事務の仕事をしたい場合、学生のうちに生活リズムや仕事の感覚が掴めるのでおすすめです。また、社会人と同じオフィスで働けるので、さまざまな人と接する機会が持て、学生ではなかなか出会えない人脈を作れることもあります。

オフィス事務の仕事では、パソコンのスキルが向上するだけでなく、社会人に必要なコミュニケーション力を身につけることもできます。ここで身につけたスキルは就活でもアピールできるでしょう。専門分野の場合、バイトしながら専門知識をイチから学ぶことができます。また、卒業後に正社員として雇用されることも少なくありません。

オフィス事務でバイトするときの注意点

オフィスに出社する場合、ラフすぎる格好がNGの場合もあるので事前の確認が必要です。事務作業を行うため、ワード、エクセルなどの基本的なスキルは持っている方が好ましいでしょう。

基本的に平日の9時から17時のフルタイムが多く、土日や祝日は休みなので、学校の授業と両立できる仕事先を見つけましょう。

先輩の声

Q.今のアルバイトの好きなところは?

A.「様々な職業の人と関わることができる!!」
普通に生活したら出会えない人に出会える。
普通に生活していたら出会えない、モデルや芸能関係の職種の人たちと出会うことができるのが魅力です。ここで培った人脈は、きっと財産になると思っています。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/shibuya/

Q.今のバイトで最も予想外だったことはなんですか?

A.『挑戦すればわりとできる!』
文系でも専門外でも意外とイケる!
学校では土木関係のことについて学んでいますが、Webサイトの制作という全く違うアルバイトに挑戦しました。やる気があれば何でもできるはずです !

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/sendai/ 

■好きな物に囲まれて、売上に貢献できるアパレル販売

 

アパレル販売の仕事内容

華やかでおしゃれな印象が強いアパレルショップでのバイト。基本は接客、レジ打ちですが、そのほかにも商品の搬入、陳列、整頓などの仕事があります。段ボールなどに入った衣類はとても重たいので、思った以上に力仕事も必要です。

アパレル販売バイトのやりがい

ファッションが好きな人にとっては、最新のトレンドを知ることができて、自分磨きに最適なバイトです。スタッフ同士の年代が近いため、フラットな関係で和気あいあいと仕事ができます。ショップによっては、社員と同じように働くことができ、責任ある仕事を任せてもらえることも。売上アップに貢献でき、働く楽しさを実感できるでしょう。

販売職ならではのマナーやコミュニケーション力だけでなく、アパレルの知識を身につけることができます。さらに、自分の接客が売上に貢献したか数字ですぐにわかるため、評価制度も明確です。人気店員になれば、指名でお客様が来ることも。お客様の喜ぶ顔を見ることができるのも、ショップスタッフならではのやりがいでしょう。 

将来、アパレル業界を志望している人にとっては、バイトの経験が活かせるので有利です。朝の出勤時間が遅めだったり、残業も少なく、シフトも融通が効くことが多いのも特徴です。

アパレル販売のバイトをするときの注意点

アパレルショップは長時間立ちっぱなしだったり、ヒールを履いて接客する必要があったりするので、体力的にきついこともあります。お店に並ぶ商品についても、季節ごとに知識を覚えなくてはなりません。お店のアイテムを着こなすために、体型維持、アイテム着用を指示される場合もあります。社割が使えても季節ごとにアイテムを購入するため、その都度出費がかさむことも。

先輩の声

Q.今の「アパレル販売」アルバイトの好きなところは?

A.「自分の好きなモノでお客様に喜んでもらえる!」
笑顔でお店を出てもらったりまた来てくれたときの喜び!
「お姉さんに接客してもらえて良かった」と再来店したお客様に言っていただき、このために接客の仕事をしているんだ、と思いました。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/shibuya/

Q.新入生にオススメのアルバイトは?

A.『大手アパレル店』
アルバイトのうちから責任のある仕事を任せてもらえてやりがいがある
社員さんと一緒に働けることで学ぶことが多く、またバイトのうちから責任のある仕事を任せてもらえるのでやりがいがあると思います。バイトの人数が多いので出会いも多いです。

さらに詳しく知りたい人はこちら:
https://baito.mynavi.jp/campaign/growth/voice/osaka/

先輩の声を参考に、あなたも気になるバイトに応募してみては。

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!