「あけましておめでとう」はいつまで使えるか。

イメージ

1月の挨拶は悩ましい!!

毎年の悩みのタネがコレ、お正月のご挨拶。堂々と使えるのは3日まで。その後は、なんとなく、「もう正月気分も抜けた8日だから、使っちゃおかしいか?」なんて思ってミョーにモゾモゾしてしまったり。悩んだ末に、普段と同じ挨拶をしてしまい、家に帰ってから後悔したり。

では、今年こそはこの悩みに決着つけようではありませんか!

カギは「1月15日」

暦の上では、元旦が大正月と呼ばれるのに対し、1月15日が小正月とされています。また、この15日までが松の内とされています。松の内とは、門松などのお飾りを飾っておく期間です。

このように、小正月までがお正月の挨拶、「あけましておめでとう」を使う期間と考えて良いでしょう。

いつ会おうとこの一言で全て解決。

暦の上では、1月15日までがお正月ですが、頑なに守らなくとも、その場の雰囲気で臨機応変に対応したいものです。たとえ、1月下旬に会った人でも「お正月にはきちんとご挨拶ができなかったので、遅れましたがあけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします」と言えればOK。気持ちのよい空間を作り出せること間違いなし!

今年は挨拶で迷うことなく、気持ちのいいスタートを切りましょう。

文:編集部

ほかの記事を読む

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報

このページのトップヘ戻る