1. アルバイト探し・バイト求人TOP >  
  2. Webデザイナーのアルバイト・バイト特集  

エリアからさがす

AREA SEARCH

都道府県からさがす

人気の都市からさがす


こだわりからさがす

CONDITIONS SEARCH

体験談

INTERVIEW

webデザイナーのバイトを見つける
最近はパソコンを使う仕事が増えているのではないでしょうか。というか、むしろ若い人はパソコンが使えないという人が少ないくらいなのではないでしょうか。最近はパソコンを使えるのが採用の必要条件だからです。 webデザイナーとして仕事をしたいという若い人も最近増えています。まずは、webデザイナーのバイトでスキルを身につけたいという方に、面接時のポイントをまとめてみました。 webデザイナーとしてバイトをこなせるかどうか、面接担当者が確認するため、ポートフォリオという作品集を持参するように言われることが多いです。なぜならば、自称webデザイナーが最近増えてきており、スキルを見極めるためにポートフォリオを見るのが一番はやいからです。 面接時、このポートフォリオを中心に質問されることが多いです。なので、自分の作品について、きちんと考え方を整理して、説明できる準備をしておきましょう。特に、自分が一番自信のある作品について、その作品をどのような考え方でどのように制作したか語れると、面接担当者に伝わりやすいはずです。
webデザイナーのアルバイトをするメリット
専門学校などでwebデザインを勉強している人は多いのではないでしょうか。将来、その手の仕事をしようと考えているかも知れません。しかし、学生では技術がまだまだだと感じている人は多くいます。 その為自分のスキルをあげるためにアルバイトを考える人もいます。アルバイトすることによって自分の実務経験をあげることができるからです。しかも、もしアルバイトで働けることになれば色々なメリットがあります。例えばアルバイトとして技術をたくさん盗むことが出来るのです。 先輩たちの技術をしっかり見ましょう。また分からないところがあれば質問して教えてもらうことが出来るのです。アルバイトならば責任がそこまで重くないでしょう。会社によっては、アルバイトから社員になれます。しかし、自分で技をしっかり盗んだ後、好きな会社を選ぶことも出来るでしょう。webデザイナーという仕事においてスキルアップしたい人はアルバイトを考えてみることをおすすめします。

エリアからさがす

AREA SEARCH

よくある質問

Q&A

  • webデザイナー未経験でもバイトできますか?

  • 可能です。 IllustratorやPhotoshopなどグラフィックソフトの操作方法や、html・CSSなどといったweb制作に必要な知識をどれだけ自力で身につけたかをアピールしましょう。

  • ポートフォリオに載せられる実績が無いのですが・・。

  • 架空のお店や会社のサイトを作成してみましょう。 webサイトリンク集などで参考になるサイトを探し、webページの仕組みを学びながら作成できると良いでしょう。