掛け持ちバイトのメリット&デメリット|上手に稼ぐコツも解説 | マイナビバイトTIMES
  • ノウハウ

    掛け持ちバイトのメリット&デメリット|上手に稼ぐコツも解説

アルバイトで思うようにシフトに入れず、バイトの掛け持ちを検討したことはありませんか。 複数のアルバイトを掛け持ちすれば収入が増え、それぞれのバイト先で経験を積むことでさまざまなスキルが身に付きます。 固定シフトのバイトと短期バイトを掛け持ちすれば、効率よく稼げるでしょう。 当記事では掛け持ちバイトのメリットやデメリット、無理なく稼ぐポイントを解説します。 掛け持ちバイトにおすすめの職種も紹介するので、検討している方はぜひ参考にしてみてください。


1.掛け持ちバイトのメリット2つ

掛け持ちバイト メリット 2点

バイトを掛け持ちするメリットは以下の2つです。

  • 収入を増やしやすい
  • 人脈が広がり経験値が上がる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

収入を増やしやすい

掛け持ちバイトの大きなメリットは、複数のバイト先で収入を得られることです。 勤務時間を増やせば総収入が増え、仮に一方のバイト先のシフトが減ってももう一方で勤務すれば補えるため、収入が安定するでしょう。 収入を安定的に増やすためには、繁忙期が異なるバイトを掛け持ちするのがおすすめです。繁忙期は勤務時間が増えやすいので、繁忙期が異なるバイトを掛け持ちすることで収入を増やしやすくなります。

人脈が広がり経験値が上がる

アルバイト先が増えれば出会う人たちも増え、人脈が広がります。異なる職種のバイトを掛け持ちすれば働いている年齢層や傾向が異なる可能性が高く、より広い人脈が持てます。 また、複数の仕事を経験した分スキルや知識が身に付き、自分の成長につながる点も掛け持ちのメリットです。アルバイトの経験をとおして自分に合う職種や、やりたい仕事が見つかるきっかけにもなるでしょう。


2.掛け持ちバイトのデメリット2つ

掛け持ちバイト デメリット 2点

バイトを掛け持ちすると以下のようなデメリットがあります。

  • スケジュール調整が大変
  • 確定申告が必要なケースがある

事前にデメリットを把握しておくことで、後悔せずに掛け持ちバイトができます。

スケジュール調整が大変

掛け持ちバイトのデメリットはスケジュール管理が難しくなることと、疲れやすくなることです。複数のアルバイト先のシフト調整が必要なので、ダブルブッキングや時間が空きすぎることのないよう、うまくスケジュールを組まなくてはなりません。 特に繁忙期が重なると調整が難しくなるため、注意してシフトを組む必要があるでしょう。 また、バイトの掛け持ちは疲労がたまりやすくなり、疲れがたまれば判断力が落ちて単純なミスや思わぬ事故を引き起こす可能性があります。体調を崩さないよう、適度に休日をはさんで無理のないスケジュールをつくることが重要です。

確定申告が必要なケースがある

複数のアルバイト先で収入を得ると、自分で確定申告を行わなければならないケースがあります。 確定申告を忘れるとペナルティが課される場合があるため、バイトを掛け持ちするのであれば確定申告のやり方は把握しておいたほうが良いでしょう。 バイトを掛け持ちする際の確定申告については「掛け持ちバイトの確定申告とは|20万以下の場合は不要?」で詳しく解説しています。


3.掛け持ちバイトで効率よく稼ぐ4つのポイント

掛け持ちバイト 効率よく稼ぐ ポイント

メリット・デメリットがある掛け持ちバイトにおいて、効率よく稼ぐための4つのポイントを解説します。 掛け持ちバイトを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

シフト固定のメインバイトを決める

掛け持ちバイトで効率よく稼ぐには、まずシフトが固定されたメインのアルバイトを決めましょう。 メインのアルバイトのシフトを組み、空いた時間に他のバイトを入れるようにすればスケジュールをうまく調整できます。 アルバイト先のシフトが重複しないように、シフト希望を提出するタイミングや確定するタイミングはしっかり把握しておきましょう。

単発や同業のサブバイトを探す

メインのバイトが決まったら、単発や短期のサブバイトを探すのがおすすめです。 例えば平日はメインバイト、土日に単発バイトというふうにスケジュールを決めてしまえば自己管理がしやすいでしょう。 早く仕事に慣れたい場合は、サブバイトとメインバイトを同じ職種にすれば新しく仕事を覚える手間がかからずに済みます。 ただし、アルバイトの契約内容に「競業避止義務」があった場合は要注意です。 競業避止義務とはアルバイト先の事業と競業する行為をしないとする義務で、情報や技術の流出を防ぐことを目的とした規則です。 同じ職種で掛け持ちをしたい場合は、双方のアルバイト先に競業避止義務がないか忘れずに確認しましょう。

シフトを自己管理して勤務日の間違いに注意する

メインとサブ両方のバイトを決めたら、勤務日の重複や間違いがないようにスケジュールを自己管理しましょう。 出勤日や時間を間違えると、アルバイト先に迷惑がかかり信頼を損ねてしまいかねないため、正確に管理することが重要です。 同じ日に複数のアルバイトを入れる場合は、時間が重ならないように気を付けましょう。 先のアルバイトが延長する可能性も考え、次のアルバイトの勤務開始は余裕をもたせた時間に設定するのがポイントです。

休日をつくって無理のないスケジュールを組む

アルバイトの掛け持ちは体力的にハードであるため、休日をつくって無理のないスケジュールを組むことが重要です。 体の負担を軽減するために意識的に休みをつくり、体力の回復と気分のリフレッシュに充てましょう。 掛け持ちバイトの体力の消耗を抑えるため、職種を考慮するのもひとつの方法です。 例えば引っ越し作業や立ち仕事といった体力を使うアルバイトであれば、もう一方のアルバイトはデスクワークにすることで体力の消耗を抑えられます。 掛け持ちバイトを健康的に続けるためには、職種に配慮しつつ適度に休みをつくることが大切です。


4.フリーターや大学生におすすめの掛け持ちバイト【長期】

掛け持ち 長期バイト フリーター 大学生

フリーターや大学生におすすめの、長期で働ける固定シフトの掛け持ちバイトを紹介します。 就業規則で禁止されていなければどのアルバイトでも掛け持ちは可能ですが、これらのアルバイトはある程度固定した曜日・時間に働けるため、掛け持ちにおすすめです。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは24時間営業のため勤務時間の選択肢が多く、掛け持ちするバイトとの時間調整がしやすいのでおすすめです。 店舗数が多いため通勤しやすい店舗が見つかりやすい点も特徴で、自宅やよく利用する駅付近、通学中の学校付近などライフスタイルに合わせて勤務地を選べます。 掛け持ちバイトは時間管理が重要なので、利便性の高い場所で働ける点は大きなメリットといえるでしょう。

飲食店(居酒屋やレストランなど)

居酒屋やレストランといった飲食店も営業時間が長くシフトの選択肢が多いので、掛け持ちバイトにおすすめです。 メインバイトとして決まった曜日と時間にシフトを入れれば、他のアルバイトとの時間調整がしやすくなります。 店舗によっては、まかないが出たり食事が割引になったりするので、食費を抑えられるメリットもあります。 効率よく収入を増やしたい場合は、割増賃金が発生する22時以降の勤務を検討してみてください。 ただし、18歳未満は22時から翌朝5時までの時間帯は働けないため注意しましょう。

事務

事務はシフト固定で勤務できるアルバイトを募集しているケースがあり、決まった曜日・時間に勤務できれば他のバイトとの時間調整がしやすいでしょう。 フルタイム勤務だけでなく、週2、3日で募集している企業もあるためライフスタイルに合わせて選択できます。 アルバイト先が土日休みであれば、平日は事務、土日はサブのアルバイトを入れれば生活リズムがつくりやすくなります。 事務の業務内容は企業によって異なりますが、データ入力や書類作成、来客対応やファイリングなどが代表的な作業です。

アパレル

アパレル販売店舗でのアルバイトも掛け持ちのメインバイトとしておすすめで、商業施設の店舗なら営業時間が長いためシフトの選択肢が多いでしょう。 アパレル販売の主な業務は接客や会計対応で、アルバイトに慣れてくれば在庫管理やディスプレイの作成などを任される場合があります。 ある程度の体力が必要な立ち仕事であるため、掛け持ちをするうえで無理のないスケジュールを組むことが重要です。

デリバリー

料理や日用品を配達するデリバリーは、週2日から勤務できるアルバイトもあるため掛け持ちにおすすめです。 移動手段はおもにバイクや自転車で、飲食店からお客さまのところに料理を届けたり、酒屋からお酒や日用品を届けたりすることが主な仕事です。 自転車での配達はある程度の体力が必要で、天候によっては運転が大変なときもあるでしょう。 勤務中に配達依頼がない場合は、アルバイト先の飲食店や酒屋で店内業務を担うこともあり、配達以外の業務を任されるケースもあります。


5.フリーターや大学生におすすめの掛け持ちバイト【短期】

掛け持ち 短期バイト フリーター 大学生

ここからは、フリーターや大学生におすすめの短期の掛け持ちバイトを紹介します。 これらのアルバイトは短期間の勤務が可能なので、掛け持ちのサブバイトにぴったりです。 メインバイトにうまく組み合わせられるサブバイトを探してみてください。

イベントスタッフ

イベントスタッフは1日から数日間の短期で働けるため、掛け持ちバイトにおすすめです。 メインバイトのない日はもちろん、急に予定が空いてしまった日でもシフトを入れられるため時間を有効に活用できます。 おもな業務内容はイベントによって異なり、ショップの出店であれば接客販売、コンサートイベントであれば設営や運営、観客の誘導などがあります。 短期でさまざまな仕事を経験できる点もイベントスタッフの魅力で、興味のある募集があればどんどん応募してみましょう。

軽作業(シール貼りなど)

シール貼りや仕分けといった軽作業のアルバイトは、短期で働ける場合もあるので掛け持ちしやすいといえます。 シール貼りは商品や郵便物にシールやラベルを貼る業務で、丁寧かつ迅速に作業することが重要です。 在宅作業が可能なバイトなら隙間時間に家で作業でき、特別なスキルや知識がいらないので未経験でも挑戦しやすいでしょう。 軽作業には工場での仕分けや検品といったアルバイトもあり、単純作業が苦にならず決められたことをコツコツ実行できる人には、特におすすめです。

塾講師(長期休暇のみ)

塾講師のアルバイトは掛け持ちにおすすめで、長期休暇中の短期バイトで集中して働けば効率よく稼げます。 塾講師は他職種のアルバイトを比較すると高時給の傾向があり、シフトの融通がききやすい点が魅力です。 塾講師の短期バイトは、生徒が増える夏期講習や冬期講習のタイミングで募集される傾向にあります。 短期募集を行っている塾を探す際は、メインバイトとスケジュールを調整しつつ時機をみて求人を探してみましょう。


6.掛け持ちバイトの確定申告とは|20万以下の場合は不要?

掛け持ちバイト 確定申告 20万以下

年収によって必要になる掛け持ちバイトの確定申告手続きについて、以下の項目に沿って解説します。 確定申告とは1年間の所得税を計算し、源泉徴収された税金などとの過不足を精算する手続きです。 確定申告が必要か悩んでいる方ややり方がわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考元:確定申告とは|国税庁

確定申告や無申告時のペナルティについて詳しく知りたい方には以下の記事もおすすめです。

【税理士監修】アルバイトでも確定申告が必要な人ってどんな人?無申告時のペナルティーも覚えておこう | マイナビバイトTIMES

サブバイトの年収が20万以下なら確定申告は任意

掛け持ちしているメインのバイトで年末調整を行い、かつサブバイトの年収が20万円以下の場合、確定申告は任意なので申告しなくても問題はありません。 ただし、確定申告をすれば所得税が還付される可能性があるため、還付を受け取りたい場合は確定申告を検討してみてください。 なお、メインバイトとサブバイトの両方で年末調整がされてしまった場合は、収入の少ないサブのアルバイト先に年末調整の取り消しを依頼しましょう。 取り消した後は、サブバイトの年収が20万円以下なら確定申告は不要で、還付を受け取りたい場合は確定申告を行います。 掛け持ちバイトの年末調整について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考元:【税理士監修】アルバイトを掛け持ちしていると年末調整の対象?103万以下の場合は確定申告不要? | マイナビバイトTIMES

年収103万円を超えると確定申告が必要

掛け持ちバイトの年収合計額が103万円を超えており、いずれのアルバイト先の年収も20万円を超えている場合は確定申告が必要です。 なお、年収が103万円を超えていてサブバイトの年収が20万円以下の場合でも、メインバイトで年末調整がなされなかったら確定申告の対象になります。 年収が103万を超えると所得税の支払い義務が発生し、配偶者控除にも影響するため、節税したい場合は注意しましょう。 「所得税が課されない年収ラインを保ちたい」「配偶者控除を受けたい」という方は、掛け持ちバイトの総収入に注意してシフトを調整する必要があります。

参考元:確定申告が必要な方|国税庁、No.1180 扶養控除|国税庁

バイトを掛け持ちしているときの確定申告のやり方

確定申告は、源泉徴収票や控除証明書をもとに確定申告書を作成して、期限内に提出すれば完了です。 確定申告書は国税庁のWebサイト確定申告書等作成コーナーで作成する他、会計ソフトを使ったり紙に手書きで作成したりする方法があります。 作成が終わったら期間内にe-Taxで電子申告するか、税務署窓口に提出しましょう。 確定申告の期間は例年2月16日から3月15日で、期間内の申告を終えたら必要に応じて納税も行います。

参考元:申告の流れ|令和4年分 確定申告特集(本番編)


7.バイトの掛け持ちに関するよくある質問と回答例

掛け持ちバイト 質問と回答例

バイトの掛け持ちに関するよくある質問と回答例を紹介します。 掛け持ちバイトに関して疑問がある方はぜひ参考にしてみてください。

Q.バイトの掛け持ちは言う必要がある?報告しないとどうなる?

掛け持ちバイトをする場合は、すべてのアルバイト先に掛け持ちしていることを伝えましょう。 就業規則で掛け持ちを禁止している企業もあり、報告しないと発覚したときにペナルティが課されるリスクがあります。 また、掛け持ちを秘密にしていると、本来はひとつの勤務先でしかできない年末調整が複数のアルバイト先で行われてしまう場合があります。 年末調整が重複すれば掛け持ちが発覚するだけでなく誤った所得税が算出されてしまい、誤りを確定申告で修正しないと「無申告加算税」「延滞税」が課される可能性もあるでしょう。 不要なトラブルを避けるためにも、アルバイトの掛け持ちは報告したほうがよいといえます。
参考元:No.2024 確定申告を忘れたとき|国税庁

Q.高校生や大学生でもバイトの掛け持ちは可能ですか?

高校生や大学生でも、それぞれのアルバイト先で禁止されていなければ掛け持ちは可能です。 アルバイト先を増やしたいと思ったら、まずは現在勤務中のアルバイト先に掛け持ちしてもよいか確認し、それから掛け持ち可能な新しいバイト先を探しましょう。 アルバイトの掛け持ちは身体に負担のかからないスケジュールを組むことが重要で、学業に支障が出ないように無理なく働けるシフト計画を立てることがおすすめです。

Q.単発のバイト掛け持ちを隠してもバレますか?

アルバイトの掛け持ちする際は、隠さずに報告しておくことをおすすめします。 掛け持ちは隠しても発覚するリスクがあり、アルバイト先が禁じていれば発覚した時点で解雇につながる可能性もあるでしょう。 アルバイトは掛け持ちが認められているところを選び、掛け持ちする際はそれぞれのバイト先に報告しておけば不要なトラブルを避けられます。

Q.大学生の掛け持ちバイトのおすすめのスケジュールは?

大学生が掛け持ちバイトをするなら、メインバイトを講義やゼミが終わる平日夕方から夜の時間帯に入れるのがおすすめです。 平日にメインを組んだら土日に単発や短期のサブバイトを入れ、プライベートや学業に使う時間を考えながらスケジュールを調整してみましょう。 学業やサークル活動で忙しい大学生には、比較的高時給の傾向にある塾講師や家庭教師がおすすめです。 また、予定が空いた日に働ける登録制の単発バイトも、うまく時間を使いながら効率よく収入を増やせるでしょう。

Q.バイトの掛け持ちで1日8時間以上勤務しても問題ないですか?

バイトを掛け持ちする際には、1日の労働時間は2箇所合わせて合計8時間以上働いても問題ありません。しかし1日8時間以上勤務すると時間外労働となり、2つ目のバイト先が割増賃金を支払う必要があります。 バイトを掛け持ちする場合は必ず双方のバイト先に「掛け持ちしたい」と伝えてから応募しましょう。

Q.バイトを3つ掛け持ちするのはしんどいですか?

バイトを3つ掛け持ちするのはしんどいと感じるケースが多いでしょう。3箇所のスケジュール調整が必要で、覚える仕事内容も増えるので大変だと感じる可能性が高いです。まずは2つ掛け持ちしてみて、スケジュール的に問題なければ3つ掛け持ちというように段階的に進めていくのがおすすめです。

Q.カフェバイトを掛け持ちするのはやめたほうが良いですか?

カフェバイトを掛け持ちすることは問題ありませんが、同業他社の掛け持ちは注意すべき点があります。同業種の場合は独自のノウハウや教育方法・売上情報が他社に漏れてしまうリスクから、掛け持ちを禁止している可能性があります。 同業他社の掛け持ち禁止については、契約書に記載されていることが多いです。トラブルを防ぐためにもバイトを掛け持ちする際は、必ず1つ目のバイト先に相談してから進めましょう。


8.バイトの掛け持ちは体調とシフト管理が重要

掛け持ちバイト 自己管理 重要

バイトの掛け持ちは収入が増えやすく安定する反面、シフトの自己管理が求められ、働きすぎれば体調不良につながります。 効率よく稼ぐにはシフト固定のメインバイトと短期のサブバイトを組み合わせて、スケジュール管理をしやすくするのがポイントです。 シフトと体調を自己管理し、無理なく掛け持ちバイトを続けましょう。 メインバイトにはコンビニストアや飲食店、事務やアパレルといった、ある程度固定されたシフトで働ける職種がおすすめです。 空いた時間にはイベントスタッフや軽作業といった短期のサブバイトを組み込んでみてください。 メインバイト・サブバイトを探すなら案件豊富なマイナビバイトがおすすめです。 ライフスタイルに合った条件で働けるアルバイトを探してみましょう。

公開日:2022年07月06日

TOP