【簡単解説】103万の壁はいつ廃止?超えたらいくら払う? | マイナビバイトTIMES

この記事の要約

  • 年収が103万円を超えると所得税が課される
  • 2024年5月時点では「103万の壁の廃止」は公式発表されていない
  • 年収103万円以内におさえたい場合、月収は8万5000円以下におさめればOK

年収が103万円を超えると所得税が課されます。 扶養に入っている場合は親や配偶者の控除額にも影響するため、家計の税負担を少なくしたい方は年収を103万円以内におさえる必要があるでしょう。 当記事では「103万の壁」の概要や、103万を超えるとどのような影響があるのかなどを解説。税金や社会保険に関わる106万・130万・150万・201万の壁も説明するので、税負担をおさえたい方はぜひ参考にしてみてください。


1.「103万の壁」とは税金がかからない上限値

バイト 税金 上限 103万

「103万の壁」とはいわゆる「年収の壁」の一つで、103万は所得税がかからない年収の上限値であり、103万を超えると所得税が課されます。 103万の壁の考え方について、知っておくべき3つのポイントを解説します。

103万は「基礎控除」と「給与所得控除」の合計額

103万という金額は「基礎控除」と「給与所得控除」の合計額で、給与所得が103万円以内の場合は控除によって差し引きゼロになるため、所得税は課せられません。 内訳は基礎控除48万円と給与所得控除の最低額が55万円です。合計103万円となり、103万円の控除額を超えた分の収入には所得税がかかります。 たとえば年収120万円の場合、120万から103万を引いた17万円の部分に所得税が発生します。
参考:No.1199 基礎控除|国税庁
参考:No.1410 給与所得控除|国税庁

非課税分の交通費は年収103万から除外

所得税は、原則交通費を除外した収入で計算するため「103万の壁」に交通費は含まれません。 ただし公共交通機関を使って通勤する場合、交通費の非課税限度額は月15万円のため、15万円の超過分は収入に加わります。 車や自転車を使用して通勤手当をもらっている場合は、通勤距離に応じて定められた金額を超えた手当が課税対象となり、超えた分が収入に加わります。 年収の壁を考える際は交通費を含めないようにし、交通費が非課税限度額を超えていれば、その分だけを収入に加えて計算するようにしましょう。
参考:No.2582 電車・バス通勤者の通勤手当|国税庁
参考:No.2585 マイカー・自転車通勤者の通勤手当|国税庁

年収103万の計算期間は1月から12月

103万の計算期間は1月1日から12月31日までで、1年間で得た収入の合計が103万円以下であれば所得税は課されません。 収入は手取り額と異なり、税金や社会保険料が天引きされる前の給与を指します。 アルバイトを掛け持ちしている場合はそれぞれの給与を合算し、103万円以下かどうか判断しましょう。 1年の間にアルバイト先を変えた場合も同様で、在籍したすべてのアルバイト先の収入を合わせて計算します。


2.年収103万を超えたらいくら払う?

バイト 103万超えたら どうなる

アルバイト・パートの年収が103万円を超えた場合、超えた分に所得税率を乗じて所得税が計算されます。

たとえば年収が105万円の場合、103万円を超えた分の2万円に税率5%を乗じた1,000円の所得税が課されます。また、2037年までは所得税の他に「復興特別所得税」の納付も必要で、復興特別所得税は所得税額の2.1%の金額です。年収105万円の場合、復興特別所得税は21円で、合わせて1,021円を納付する必要があります。

所得金額に応じた税率は下表のとおりで、所得が増えると税率は上がり、控除額も増加します。 なお「課税される所得金額」は、1,000円未満の端数金額を切り捨てた後の金額です。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円から194万9,000円まで 5% 0円
195万円から329万9,000円まで 10% 9万7,500円
330万円から694万9,000円まで 20% 42万7,500円
695万円から899万9,000円まで 23% 63万6,000円
900万円から1,799万9,000円まで 33% 153万6,000円
1,800万円から3,999万9,000円まで 40% 279万6,000円
4,000万円以上 45% 479万6,000円

参考:No.2260 所得税の税率|国税庁


3.103万の壁の廃止はいつから?学生はなくなる?

バイト 103万の壁 廃止 いつから

2024年5月時点で、103万の壁が廃止される発表はされていません。 今後、税制改正で「配偶者控除」や「配偶者特別控除」などの見直しや廃止があれば、それに伴って103万の壁がなくなる可能性はあるでしょう。 学生のアルバイトにも「103万の壁」はあるものの「勤労学生控除」が適用されれば年収130万円まで所得税はかかりません。 勤労学生控除の対象は高校生や大学生、特定の条件に該当する専門学生や職業訓練の生徒で、アルバイトなどの給与所得がある人です。 勤労学生控除の適用を受ければ所得税と住民税の非課税枠が拡大し、年収130万円まで所得税の負担なしでアルバイトができます。 ただし年収103万円を超えれば親の扶養控除がなくなるため、その点は注意するようにしましょう。
参考:No.1175 勤労学生控除|国税庁


4.103万の壁に年収をおさえるメリット・デメリット

バイト 年収103万 メリット・デメリット

103万の壁を超えないように年収を調整するメリットとデメリットを解説します。 メリット・デメリットの両方を把握し、どちらがライフスタイルに合っているのか検討した上で働き方を決めましょう。

メリット デメリット
  • 給与から所得税が引かれない
  • 配偶者控除が適用される
  • 扶養控除が適用される
  • 働ける日数や時間が制限される
  • シフトを調節する必要があるく

103万の壁に年収をおさえるメリットは給与から所得税が引かれないことで、手取り額が減らなかった分を生活費や趣味に充てられます。 さらに、年収が103万円以下の場合は配偶者の所得税に配偶者控除が適用されます。 年収103万円以下で、なおかつ配偶者の合計所得額が900万円以下(給与所得のみの場合は1,095万円以下)の場合、配偶者が受けられる控除額は38万円です。 38万円は配偶者控除の最大金額で、配偶者の所得が多くなると控除額は段階的に減額されます。 なお親の扶養に入っている場合、年収が103万円以下の場合は親の所得税に「扶養控除」が適用されます。生計を一にする親族の税負担を軽くできる点も、年収を103万円におさえる大きなメリットといえるでしょう。
参考:No.1191 配偶者控除|国税庁

年収を103万におさえるデメリットは、働ける日数や時間を制限する必要があることです。 勤務時間が短いため求人がなかなか見つからない場合があり、アルバイト先が決まらなければ無収入の期間が続きます。 無事にアルバイトが決まっても、103万円という上限を気にしながらシフトを調整する必要があるでしょう。 稼ぎ過ぎないよう働き方をコントロールすることも、年収を103万におさえるデメリットといえます。


5.年収103万を少し超えた場合に起こること3つ

バイト 年収103万 超えた場合

ここからは「103万の壁」を超えた場合に起こる3つのことを解説します。 働き方を考えるにあたって、年収が103万を超えたら家計にどのような影響があるのか把握しておきましょう。

所得税・住民税が発生または増加する

年収が103万円を超えると所得税が発生し、およそ100万円を超えたあたりで住民税が発生、または増加します。 住民税は地域によって異なり、たとえば東京23区や横浜市の住民税の非課税額は45万円なので、給与所得控除額の55万円と合わせた年収100万円が非課税の上限です。 つまり横浜市や東京23区の場合、年収を100万円以下におさえれば住民税は課せられません。 なお、住民税には「所得割」と「均等割」の2種類あり、住んでいる市区町村によっては収入が100万円以下でも住民税(均等割)がかかる場合があるので、注意しましょう。
参考:個人住民税 | 税金の種類 | 東京都主税局
参考:パート収入と税金は、どのように関わっているのでしょうか?|横浜市

配偶者の税金に影響する

夫や妻の扶養に入っている場合、自身の年収が103万円を超えると配偶者の「配偶者控除」が適用されなくなります。 ただし「配偶者控除」がなくなっても、年収201.6万円未満までは「配偶者特別控除」が適用されるため、103万円を少し超えたからといってすぐに控除額がゼロになるわけではありません。 「配偶者特別控除」の適用により年収150万円までは「配偶者控除」と同額の控除が受けられ、150万円を超えると段階的に控除額が減額します。
参考:家族と税|国税庁

親の税金に影響する

親の扶養に入っている場合、アルバイトの年収が103万を超えると親が受けている「扶養控除」が適用されなくなり、親の税負担が増加します。 控除額は扶養に入っている子どもの年齢によって異なり、子どもの年齢は計算する年の12月31日時点の年齢で判断します。

子どもの年齢(区分) 控除額
16歳以上(一般の控除対象扶養親族) 38万
19歳以上23歳未満(特定扶養親族) 63万

参考:No.1180 扶養控除|国税庁

親の扶養に入っている場合、103万円を超えると所得税が発生するだけでなく親の税負担も増えるため、家計に大きく影響します。 扶養内でアルバイトをするかどうか、家族で話し合って検討する必要があるでしょう。


6.103万の他にもある「年収の壁」一覧

バイト 年収の壁 種類

年収 概要 配偶者の控除
103万円 超える場合、本人に所得税が課せられる 「配偶者控除」を受けられる上限(超えても150万円まで「配偶者特別控除」を受けられる)
106万円 社会保険に加入する目安で、特定の条件を満たすと社会保険料の負担が生じる
130万円 超える場合、親や配偶者の扶養から外れ、国民年金・国民健康保険の保険料、または社会保険料の負担が生じる
150万円 最大金額の「配偶者特別控除」を受けられる上限で、150万円を超えると控除額が段階的に減少する
201.6万円 「配偶者特別控除」を受けられる上限で、201.6万円以上になると控除がなくなる

参考:No.1180 扶養控除|国税庁 参考:家族と税|国税庁 参考:女性の就労の制約と指摘される制度等について (いわゆる「年収の壁」等)

103万の他にもある「年収の壁」について、種類と概要、配偶者控除を一覧表にまとめました。 ここからは103万以外の「年収の壁」を解説するので、壁を超えたらどのような影響があるか知りたい方は参考にしてみてください。

106万の壁

106万は、アルバイト先で社会保険に加入する目安となる金額です。 アルバイト先が「短時間労働者の社会保険適用企業」である場合、年収106万円を超えて特定の条件を満たすと、社会保険料の負担が生じます。 「短時間労働者の社会保険適用企業」とは従業員数101人以上の規模の企業で、2024年10月からは51人以上の規模の企業まで拡大します。 社会保険の加入条件は以下のとおりで、すべての条件を満たすと加入義務が発生し、加入を拒否することはできません。

  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 月額賃金が8万8,000円以上
  • 2カ月を超える雇用の見込みがある
  • 学生ではない

アルバイト・パートの社会保険加入条件についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。 アルバイトの社会保険の加入条件は?要件やメリット・デメリットを解説 | マイナビバイトTIMES

130万の壁

130万の壁は親や配偶者の社会保険上の扶養から外れる基準で、130万円を超えると国民年金・国民健康保険に加入して保険料を納付する必要があります。 ただ、アルバイト先で特定条件を満たしていれば社会保険に加入できるので、その場合は勤務先を通じて社会保険料を納付しましょう。 なお、扶養から外れて保険に加入する基準は勤務先の従業員規模によって異なります。 アルバイト先の企業の従業員が101人以上(2024年10月からは51人以上)の場合、年収106万円が社会保険加入の基準です。 社会保険に加入すると国民年金加入時よりも将来受け取れる年金が増額し、保険料の半分をアルバイト先が負担してくれるメリットがあります。

150万の壁

150万の壁は、配偶者が受ける「配偶者特別控除」を最大金額で受けられる基準です。 配偶者の合計所得額が900万円以下(給与収入のみの場合は年収1,095万円以下)の場合、自身の年収が150万以下であれば最大金額の38万円の控除が受けられます。 収入が150万円を超えると配偶者特別控除額は段階的に減り、また、配偶者の合計所得額が900万円(給与収入のみの場合は年収1,095万円)を超えても控除額は減額されます。 150万の壁についてさらに詳しく知りたい方は、次の記事も参考にしてみてください。 【社労士監修】年収150万円の壁とは?パートで働くときの年収のポイントについて解説 | マイナビバイトTIMES

201万の壁

201万の壁は「配偶者特別控除」が適用される年収の上限で、本人の年収が201.6万円以上になると配偶者の「配偶者特別控除」は適用されなくなります。 「150万の壁」で説明したとおり、年収が150万円を超えると「配偶者特別控除」の控除額は段階的に減り、201.6万円以上になると配偶者特別控除がゼロになります。 控除がなくなると配偶者の税負担が増えるため、上限を超えて働くかどうか慎重に判断する必要があるでしょう。


7.年収103万以内で効率よく働く方法4つ

バイト 年収103万以内 効率よく働く

年収の壁のひとつである103万以内で効率よく働く4つの方法を紹介します。 103万の壁のぎりぎりまで働きたいと思っている方は、参考にしてみてください。

1.月収を85,000円以下におさめる

年収を103万円以内におさえたい場合、1カ月に稼げる収入は85,000円程度です。 たとえば、アルバイトの時給が1,200円で月収85,000円以内にしたい場合、1カ月に働ける時間は70.8時間、週に16.5時間程度です。 週3日の勤務であれば1日に5.5時間ほど働けるでしょう。 103万円以内に年収をおさえるなら、時給と勤務時間を計算して月収85,000円を下回るように調整することが必要です。

2.シフト調整がしやすいアルバイトを探す

103万の壁を超えないためにはシフト調整がしやすいアルバイトを探す必要があり、中でも「扶養控除内勤務可」の条件で働けるアルバイトがおすすめです。 他にも「大学生歓迎」「主婦(夫)歓迎」といった検索ワードで探せば、扶養内で働くことに理解のあるバイト先を見つけられる可能性が高まります。 アルバイトの採用面接の際には「扶養の範囲内で働きたい」「103万円以内におさえたい」と申告しておけば、採用後にシフトを配慮してもらえます。 勤務日数や時間に融通のきくアルバイト先を見つけ、103万円以内の年収におさえましょう。

3.短期で働けるアルバイトを探す

年収を103万円におさえるために、期間限定の短期アルバイトをすることもひとつの方法です。 短期アルバイトは1日で終了するものから数週間や1~2カ月にわたるバイトがあり、収入をコントロールしやすいメリットがあります。 長期のアルバイトとは異なり急な出勤や延長がほとんどないので、シフトを調整する手間がかからないことも利点といえるでしょう。 ただし、ひとつのアルバイトが終わったら次を探す手間があるため、こまめに求人情報をチェックする必要があります。

4.フリーランスで働く

扶養に入りながらフリーランスとして働けば、売上から控除額や経費を差し引いて、所得をおさえられる可能性があります。 そもそもフリーランスは給与所得者ではないので、意識する壁は103万ではありません。 フリーランスの所得税が発生する基準は基礎控除額である48万円となり、所得が48万円を超えたら所得税が課されます。 所得とは、収入から経費や青色申告特別控除等の所得控除を差し引いた金額で、事業収入や働き方によっては48万円以内におさえられるでしょう。 フリーランスは自分で仕事を獲得する難しさがあるものの、自分のペースで働けるメリットがあります。


8. 103万の壁を意識して働き方を考えよう

「103万の壁」を超えると所得税が課され、親や配偶者の税負担が増える可能性があります。 アルバイトの手取りを税負担で減らしたくない場合は、年収が103万円以下になるように調整するとよいでしょう。 103万の壁以外にも家計に影響する年収の壁が存在するので、それぞれの違いを理解して働き方を検討することが重要です。 年収の調整がしやすいアルバイトを探すなら、条件検索が可能なマイナビバイトがおすすめです。 案件豊富なマイナビバイトで、扶養内で働ける理想的な条件のアルバイトを探してみましょう。


監修

佐藤大貴税理士事務所 所長
税理士 佐藤 大貴 氏
上場企業の経理や事業管理として、10年以上業務に従事しながら税理士資格取得を目指す。 2022年に税理士資格を取得し、2023年税理士登録をおこない、4月に独立開業をする。 税理士業務もさることながら、企業での業務改善や学生に対する租税教室など、幅広く業務に携わっている。
https://hs-taxa.com/

公開日:2021年10月19日

TOP