【初めてアルバイトする大学生必見】履歴書の志望動機の例文をパターンや職種別に紹介! | マイナビバイトTIMES
  • ノウハウ

    【初めてアルバイトする大学生必見】履歴書の志望動機の例文をパターンや職種別に紹介!

この記事の要約

  • 「家から近い」が志望動機の場合の例文を紹介
  • 「学費のため」が志望動機の場合の例文を紹介
  • 志望動機は書かなくても問題ないが、意欲や適性がアピールできる

大学生が初めてアルバイトに応募する際の志望動機は「家から近い」「接客を学びたい」「学費のため」といった理由が多い
傾向です。
アルバイトの履歴書に志望動機は書かなくても問題ありませんが、意欲や適性をアピールできるチャンスなので書いておくのが
おすすめです。
アルバイトをして収入を得たい大学生の方は、ぜひマイナビバイトの求人をチェックしてみてください。

\大学生歓迎のアルバイトが見つかる!/

アルバイトを探す

 

履歴書の記入項目のなかで「なぜそのバイト先で働きたいのか」を書く志望動機欄。応募者の人柄や仕事に対する姿勢、将来の展望などが読み取れるため、採用担当者が最も重視する項目の一つです。ここがきちんと書けていれば、採用となる可能性もぐんと上がることでしょう。
そこで今回は、志望動機の書き方に悩んでしまうという人のために、具体的な例文と、書く際の言葉遣いの注意点を紹介します。


1.【大学生のアルバイト】パターン別で挙げる志望動機の例文

大学生バイト パターン別 志望動機例文

まずは、「家から近い」「時給が良い」など、オーソドックスな志望動機の例文を紹介します。

学校や家から近い

自宅から近く、学業と両立しながら長く働けるのではないかと考えて応募しました。また、普段からこちらのお店を利用しており、スタッフの方がいつも笑顔で楽しそうに働いている姿が印象的だったため、私も一緒に仕事がしたいと思いました。

<ポイント>
職場と家が近いと、自分が通いやすいだけでなく、採用側にも通勤に体力を取られることなく元気に働いてもらえるほか、交通費を支給しなくても良い、急なシフトの変更もお願いしやすいといったメリットがあります。ただし、それだけではどこにでも当てはまる理由なので、その会社(店)で働きたいと思う具体的な理由もあわせて伝えましょう。
また、「スタッフの方が楽しそうだった」という点を伝える際は、「いつも笑顔で楽しそう」「手際よくお客さまをお待たせせず」のように具体的なひとことを書けると、更に印象がアップします。

接客を学びたい

私は人とコミュニケーションを取るのが好きなので、接客業に関心があります。お客さまと良い関係を築き、笑顔と丁寧な対応を心掛けたいです。

<ポイント>
接客業では、お客さまとのやりとりを通じてコミュニケーションスキルの向上が期待できます。自身の成長意欲や「学びたい」という意欲をアピールすると良いでしょう。 更に、人と接することが大好きで、常に笑顔と丁寧な対応を心掛ける姿勢を強調することで、採用担当者に好印象を与えることができます。

学費・生活費のためにお金を稼ぎたい

私はアルバイトをすることで大学の学費・生活費を稼ぎ、親の経済的負担を軽減したいと考えています。また、アルバイトを通じて仕事に真摯に取り組む姿勢を学びたいです。

<ポイント>
「一人暮らしの費用を稼ぎたい」など、アルバイトをする目的がはっきりしている場合、具体的な目的を伝えるのがおすすめです。 目的が明確であることは、アルバイトに対する意欲の高さを採用側にアピールできるため、好印象を与えやすいでしょう。

時給が良い

現在ひとり暮らしをしながら大学に通っており、アルバイト代を少しでも多く生活費に充てるため、待遇の良い貴社に応募させていただきました。両親の仕送りの負担を減らすためにもしっかりと働いていきたいと考えています。

海外留学の夢があり、来年の夏休みまでに資金を貯めたいと考えています。短期間でしっかり働けるアルバイトを探していたところ、今回の募集を見つけて応募しました。7月まで責任感を持って仕事に取り組み、できるだけシフトに入りたいと思っています。

<ポイント>
時給が高い職場で働きたいと思っているのはみんな一緒。他と差をつけるためには、なぜ金銭面を重視するのかという理由を書くことが大切です。「○○という夢のため」「学費のため」などという事情を書けば、そのために働こうとする意欲が伝わるはずです。
そして、たくさん働いて稼ぎたいと伝えて、働く意欲につなげられると更に採用の可能性が高くなるかもしれません。

好きなブランド、店

私はカフェ巡りが趣味で、以前からカフェで働くことに憧れていました。特に貴店は何度も利用させていただいたことがあり、おしゃれな雰囲気と、スタッフの方の心配りが印象に残っています。私もこのような素敵な場所で一緒に働きたいと思い、応募を決意しました。お客さまにも私が感じた心配りを提供したいと考えています。

<ポイント>
憧れていた店やブランドを志望する場合は、「やってみたい」という気持ちを素直に書けばOKです。カフェに来店されるお客さまに対して自分ができそうなメリットもプラスできると、更なるポイントアップにつながります。

仕事に興味がある

マスコミ業界に興味があり、実際に雑誌を作る現場で働きたいという気持ちが強いため、応募しました。特に地域のイベントや、新店オープンといった情報への関心が強く、タウン情報誌は欠かさずチェックしています。プロの仕事を間近で感じながら、雑誌づくりのアシスタントとして携わりたいと思います。取材や執筆の経験はありませんが、何でも積極的に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

<ポイント>
仕事への興味や熱意を伝えると、採用側は「やる気を持って仕事に取り組んでくれそう」という印象を持ちやすくなります。自分の関心があるポイントや、興味を持ったきっかけなどを具体的に書くように心掛けると良いです。経験がなくても熱意をアピールしていきましょう。

これまでの経験が活かせる

私はこれまで3年間ほどコンビニでアルバイトを経験しました。接客や細かい作業が好きで、レジ打ちや品出しも得意です。この経験を活かしながら、より大きな商業施設で働いてみたいと思い、貴社に応募しました。レジ打ちの速さと正確さには自信があります。よろしくお願いします。

<ポイント>
応募するバイトに活かせる経験を持っていれば、即戦力として採用される可能性が高まります。伝える際には、どの程度の期間、どのような経験を積んだのかを明確に書きましょう。そして、自分の経験から次の職場で役立ちそうなアピールポイントもひとことプラスすれば、採用担当の目を引きます。

▼これまでの経験を活かしたい時の志望動機の書き方はこちら

バイトでスキルを活かして働きたい/身につけたい方向け!履歴書の書き方

社会経験を積みたい

私は大学1年生ですが、将来の就職活動に向けて社会人のビジネスマナーを身につけたいと考えています。接客業務はもちろん、電話対応や事務作業などの経験も積みたいです。まずは与えられたことから、一つひとつ責任感を持って仕事に取り組みますので、どうぞよろしくお願いいたします。

<ポイント>
就活に活かしたいという志望動機は、自分の将来の夢に向かってバイトを頑張ろうとする意欲が伝わります。どのような経験を積みたくてそのバイト先を選んだのかもあわせて述べると良いでしょう。
ただし、経験を積みたいだけだと採用側にメリットは感じられなくなってしまいます。仕事に対する熱意や、今の自分にできそうなこともあわせて書いておきましょう。

親に勧められた

私は昔から可愛い雑貨を集めるのが趣味で、おしゃれなインテリアや雑貨に囲まれて働くことが夢でした。普段から通っている貴店の募集を見つけた際、ぜひここで働きたいと思い応募を決めました。両親共に学業とアルバイトの両立を応援してくれているため、平日の放課後もしっかり働けます。

<ポイント>
未成年の学生の場合、志望動機で親の同意を得られていることをアピールするのもあり。ただし、応募自体はあくまで自発的に行なっていることを伝えましょう。自分がここで働きたい理由をしっかり伝えていればOKです。

大学生歓迎のお仕事を探す


2.【大学生のアルバイト】職種別の志望動機の例文

大学生バイト 職種別 志望動機例文

続いて、職種別の志望動機の例文を6つ紹介します。

飲食店(居酒屋・カフェなど)のホール

友人と貴店を訪れることを放課後の楽しみにしています。特にタルトと、季節のフルーツを使ったパフェが大好きで、期間限定メニューは必ずチェックしています。また、店内の和気あいあいとした雰囲気にも魅力を感じ、通い続けるうちにだんだんと私も一緒に働きたいと思うようになりました。ホール業務として、貴店のメニューや味の良さを、お客さまに伝えていきたいと思います。

<ポイント>
応募する店の好きな点や料理の感想などを述べると、数ある飲食店の中でなぜその店を選んだのかが伝わります。また、採用されたら自分ができそうなこともプラスしてアピールできれば、より採用者も納得しやすくなるはずです。もし、何かしらの接客経験を持っていれば、異業種でも構わないのであわせて伝えておきましょう。

飲食店(居酒屋・カフェなど)のキッチン

子どもの頃から貴店を利用しており、カウンターキッチンの中で調理が行われている様子を覗くのが好きでした。今では料理を作るのが趣味になり、自宅で家族にふるまった時の嬉しそうな顔を見ると幸せを感じます。もっと多くの人に自分が作った料理を食べてもらい、喜んでほしいという思いから、小さな頃から憧れていた貴店のキッチンスタッフに応募いたしました。

<ポイント>
ホールスタッフと同様に、店の好きな点や料理の感想などを述べることが大切。加えて、キッチンスタッフの場合は料理の経験やスキルについても触れておきましょう。仕事で調理経験がない場合は、料理が好きなことや、普段から調理をしていることを伝えてもOKです。普段から料理をしないという方は、マルチタスクが得意など、調理につながりそうな点をアピールしても良いでしょう。

販売スタッフ

私はメイクアイテムのトレンドや新商品を調べるのが好きで、毎月雑誌やショップの情報をチェックしています。数ある化粧品の中で、初めて貴店の化粧水を使用した際、肌質の変化に感動しました。ぜひ、貴店の商品を詳しく知り、その魅力を他のお客さまにも伝えたいと思い、販売スタッフに応募しました。これまでカフェのホールスタッフとして2年ほど勤めた経験があるため、コミュニケーション能力には自信があります。

<ポイント>
応募先の商品やブランドについての印象や、具体的な実体験を書くと、その店を選んだ理由が伝わりやすくなります。また、販売スタッフとして最も大切なコミュニケーションスキルについても、これまでの経験を絡めて伝えましょう。

塾講師

現在、私は教育学部に在籍しており、将来は中学校の教員を目指しています。塾講師のアルバイトを経験することによって、学習指導や進路相談のスキルを身につけたいと考えています。まずは分かりやすく丁寧に、できるだけ根気強く教えられるようにし、生徒の皆さまの悩みや課題を解消していけるように頑張りたいです。

<ポイント>
塾講師や家庭教師は、生徒の進路や人生を左右するかもしれないという責任感が伴う仕事です。志望動機として、自分の夢や生徒への思い、アルバイトのやりがいなどを書くのがおすすめです。自分が塾に通ったり、家庭教師に教えてもらったりした経験があるなら、良かった先生を思い浮かべながら書くと良いでしょう。

コンビニ・スーパーのレジ

自宅が近く、小さな頃から貴店を利用させていただいています。どこにどんな商品があるのか覚えるくらいなじみがあり、スタッフの方もとても優しい印象なので、初めてのアルバイトはここで始めたいと思い、応募しました。学校からも近いため、平日も◯時以降であれば、学業と両立しながら働くことができます。どうぞよろしくお願いいたします。

<ポイント>
レジ業務スタッフの志望動機では、店に対する感想や思い入れ、これまでの接客経験の有無、コミュニケーションスキルなどについて伝えると良いでしょう。また、コンビニやスーパーは常にお客さまの利用者数に合った人員を配置する必要があるため、コンスタントにシフトに入れる人が好まれます。通いやすさをアピールしたり、勤務可能日や時間帯を明確に伝えたりするのもおすすめです。

コールセンター

私は人とコミュニケーションを取るのが好きなので、コールセンタースタッフに応募いたしました。前職はコンビニで働いておりコールセンターでの勤務経験はありませんが、お客さまの状況をヒアリングし丁寧な対応ができると考えています。学校から近いので平日であれば17時以降の勤務が可能です。どうぞよろしくお願いいたします。

<ポイント>
コールセンタースタッフの志望動機では、接客経験の有無やコミュニケーション能力についてアピールできると良いでしょう。他のアルバイトに比べると時給が高い傾向にあるので、シフトに多く入れる点や時間帯も柔軟に対応できる点などをアピールできると周りとの差をつけられる可能性があります。

配達スタッフ

私は運転が好きなので、配達スタッフに応募しました。普段から原付バイクで通学しており、〇〇地域には土地勘があるため、スムーズに配達ルートを覚えられると思います。また、中学からずっとスポーツを続けているので、体を動かす仕事である点にも魅力を感じています。

<ポイント>
配達スタッフは、普段から運転に慣れていることや、土地勘があることが大きなアピールポイントになります。体を動かすことが好きという点をアピールできると更によくなります。


3.【大学生のアルバイト】募集別の志望動機の例文

大学生バイト 募集別 志望動機例文

大学生のアルバイトの募集別の志望動機例文を紹介します。

  • 短期アルバイト
  • リゾートバイト
  • 深夜・早朝バイト

アルバイトに応募する際の参考にしてみてください。

短期アルバイト

大学の夏休みに入るので、時間を有効的に使うためにアルバイトへ応募いたしました。シフトに関しては曜日・時間共に柔軟に対応できます。どうぞよろしくお願いいたします。

リゾートバイト

夏休みを利用して学費を稼ぐために、アルバイトへ応募いたしました。過去にコンビニでの勤務経験があるので、コミュニケーション能力には自信があります。シフトにも柔軟に対応できますので、どうぞよろしくお願いいたします。

深夜・早朝バイト

日中は大学の授業や部活動がありアルバイトが難しいので、深夜・早朝に働きたいと思い応募いたしました。土日であれば日中の時間帯も勤務可能です。どうぞよろしくお願いいたします。


4.初めてアルバイトをする大学生が履歴書を書く時に間違えやすい言葉遣い

大学生バイト 履歴書 間違えやすい言葉遣い

せっかく自分のやる気を伝えようと思って志望動機を書いても、言葉遣いを間違えてしまうと良くない印象を持たれることがあります。言葉遣いによって印象を下げないように、次のポイントに気を付けましょう。

話し言葉に要注意

履歴書は企業に提出する公的な書類であるため、普段の会話のような“話し言葉(口語)”で書くのは望ましくありません。話し言葉は、言葉の省略や語順の乱れが起きやすく、文全体が軽い印象になるなど、相手に不快な印象を与える可能性があります。

接続詞

話し言葉のなかでも特に気を付けたいのは、文頭に使う接続詞。「なので」「だから」「でも」などは口語的な表現であるため、文頭に使わないように気を付けましょう。

【例文】

  • NG「私はスポーツをしています。なので、身体を動かすことは得意です。」
  • OK「私はスポーツをしています。そのため、身体を動かすことは得意です。」
  • OK「私はスポーツをしていますので、身体を動かすことは得意です。」

【言い換え例】

話し言葉 書き言葉
なので/だから/それで ですので/したがって/そのため
だけど/でも だが/けれども/しかし

ら抜き言葉

ら抜き言葉とは、「〜られる」という言葉から「ら」を抜いた言い回しです。例えば、「食べれる」「見れる」「来れる」などが該当します。これらは話し言葉として使われることが多く、日本語の乱れとはいえないという解釈もあるようですが、書き言葉として適切な表現ではありません。本来は「食べられる」「見られる」「来られる」というのが正しい日本語。自分ではいいと思っても、読んだ相手に違和感を与えてはマイナスな印象につながります。履歴書をはじめとしたビジネス文書では、間違えないように注意しましょう。

御社

ビジネスシーンでは、相手の会社を指す敬語として「御社(おんしゃ)」という言葉が使われます。実はこれも話し言葉であるため、履歴書に書くのはNGです。履歴書など応募書類に書く際は「貴社(きしゃ)」もしくは「貴店(きてん)」という書き言葉を使いましょう。

~さん

「スタッフさん」「お客さん」「営業さん」「社員さん」という「さん」も話し言葉です。ついつい書きがちなので注意。正しくは「スタッフの方」「スタッフの皆さま」などです。


5.アルバイトの志望動機を書く時によくある質問

志望動機 よくある質問

大学生以外にもアルバイトに応募するうえで志望動機は大事になってきます。
高校生・フリーター・主婦(夫)の方にも志望動機の例文をご紹介させて頂きますので、参考にしてみてください。

そもそも志望動機は書くべき?書かないのはアリ?

アルバイトの応募において、履歴書などで志望動機の提出は必須ではありません。志望動機を伝えることで、意欲や適性をアピールしやすくなるのは事実です。しかし、求人案件や募集要項に履歴書などで志望動機の提出が必須とされていない場合や、他の手段で自身の経験やスキルを伝えられる場合は、志望動機を書かなくても問題ありません。

アルバイトの志望動機はどのくらいの量を書けばいい?

アルバイトの志望動機を書く際には、短くても3〜4文、長くても1〜2段落程度の文章で表現することが一般的です。志望動機は具体的かつ明確に伝える必要がありますが、あまりに長くなると採用側に読みづらさを感じさせてしまいます。具体的な経験やスキル、アルバイトへの意気込みを端的に伝えるように心掛けましょう。

アルバイトの志望動機に「お金が欲しい」と書くのはアリ?

アルバイトの志望動機に「お金が欲しい」と書くのは問題ありませんが、ストレートに書くのは控えたほうが良いでしょう。
大学生であれば学費や生活費のために、お金が必要になる可能性も考えられます。
趣味のためにお金が必要な場合もあると思うので、具体的な理由と合わせてお金を稼ぎたい旨を伝えましょう。

高校生がアルバイトに応募する際の志望動機の例文は?

高校生がアルバイトに応募する際の志望動機の例文は、以下を参考にしてみてください。

家から近い
家から近くシフトに柔軟に対応できると考えて応募いたしました。通勤にも時間がかからないので、効率よく働けると考えております。

お金がほしい
大学の学費を稼ぐために、アルバイトへ応募いたしました。平日の17時以降で勤務でき、土日は10時から勤務可能です。

フリーターがアルバイトに応募する際の志望動機の例文は?

フリーターがアルバイトに応募する際の志望動機の例文は、以下を参考にしてみてください。

経験者
コンビニやカラオケでの勤務経験があり、これまでの接客経験を活かせると思って応募いたしました。コミュニケーション能力を高く評価していただいたことがあり、貴社でもスキルを活かしてお客さまに喜んでいただける接客ができると考えております。

未経験者
生活費を稼ぐためにアルバイトへ応募いたしました。軽作業は経験がありませんが、コツコツと業務を行うことが好きなので仕事に活かせると考えております。

主婦(夫)がパートに応募する際の志望動機の例文は?

主婦(夫)がアルバイトに応募する際の志望動機の例文は、以下を参考にしてみてください。

経験者
私は以前コンビニでアルバイトをしており、出産を機に退職いたしました。子育てが一段落して時間ができたので、もう一度コンビニで働きたいと思い応募いたしました。ブランクはありますが、早く一人前になれるように日々勉強いたします。

未経験者
子どもの学費を稼ぐために、アルバイトへ応募いたしました。事務職の経験はありませんが、学生のころにITパスポートやMOSなどの資格を取得しているので、業務に活かせると思っております。子どもが小学校に行っている9時〜15時まででしたら勤務可能です。


6.まとめ

志望動機は、基本的には「働きたい!」という気持ちや熱意を文章にすればOKです。今回紹介した具体例を参考にしながら、皆さんの思いや経験などを加えてアレンジしてみてください。
応募先にとっての自分を雇うメリットにつながる自己PRをプラスできると、更に採用につながります。その際、せっかく一生懸命書いた志望動機がネガティブな印象にならないように、言葉遣いには注意してくださいね。

監修者

監修者 橋谷恵 キャリアコンサルティング研究所
代表 橋谷恵(はしたにめぐみ)
2級キャリアコンサルティング技能士、国家資格キャリアコンサルタント。就職転職に向けた履歴書・職務経歴書等応募書類アドバイスや面接対策、キャリアコンサルティング。キャリア関連のネットコラム執筆。

 

公開日:2021年02月24日

TOP