さあ、行楽地に出かけよう。栗が発端で彼女に振られる!?

イメージ

秋といえば、行楽のシーズン。旬の味覚を求めて行楽地に出かける人も多いでしょう。そんな小旅行で彼女・彼氏にうっかり無知をさらしまったことありませんか。今回は、些細な行動で失望されないためのマナーをおさえておきましょう。

その1:道に落ちていた栗、拾っても平気?

「空気がおいしいね!」なんて秋晴れの下、ワクワクお散歩。そんなアナタの足元に目をやると、イガグリが落ちています。記念に持って帰ろう…。これ、アウトなんです。

「道に落ちている=拾ってOK」という感覚に陥りますが、栗は落ちていても木の所有者のものなのです。ましてや、落ちてから収穫するものですから、悪気はなくても気がつけば栗泥棒なんてこともありますので気をつけましょう。

その2:くわえタバコが大惨事に

空気がキレイなところでタバコを吸うとおいしいのだとか。歩きながら煙を味わいたいというような方もよく見かけます。しかし、秋はとても空気が乾燥しています。ちょっとした火の粉が山火事を誘発してしまうこともあります。

喫煙所などを見つけて、灰皿を利用するようにしましょう。また、「秋の味覚をその場で味わいたい」とたき火を行って大騒ぎになった事件もあります。バーベキューOKの公園やキャンプ場で行うこと!

文:編集部

ほかの記事を読む

マイナビバイト おすすめのアルバイト情報

このページのトップヘ戻る